個別指導・学習塾で募集中のフランチャイズ(FC)で開業・独立・起業

フリーダイヤル

フリーダイヤル

更新日 2018/11/14

お気に入り

個別指導・学習塾

個別指導・学習塾は飽和状態であるとよく言われますが、子ども一人あたりの教育費が増え、個別指導・学習塾に通うのが当たり前となっている現在、新規参入でも勝ち残れる可能性はまだまだあります。成績中位層をターゲットにしたり、PC授業を導入するなど他社との差別化を図っている個別指導・学習塾もあり、フランチャイズごとに導入している学習スタイルが異なります。それゆえにそれぞれの個別指導・学習塾が生徒を獲得できる可能性を大いに秘めており、独自の学習スタイルや生徒一人ひとりの成績や学習速度に合わせた個別指導塾が選ばれる傾向にあります。個別指導・学習塾業界で働いた経験がなく、未経験から開業されたオーナーさんも多く、最初は小さなスペースで開業し、今では復数の個別指導・学習塾を運営されているオーナーさんもいらっしゃいます。

総合検索

該当件数8

エリアから探す
  • 選択解除
業種から探す
  • 選択解除
キーワードから探す
  • 選択解除
予算から探す
  • 選択解除

個別指導・学習塾の検索結果一覧

個別指導・学習塾は全国的に乱立状態にあり、フランチャイズで新規参入をするのは厳しいとする向きがあります。しかしながら、塾や個別指導に通う子供の数は、この少子化の進む世の中にありながら安定傾向にあります。また、近年、塾や個別指導に求められる授業内容や教育の質に関して、多様化がみられるようになってきたことから、特徴あるカリキュラムやプログラムを打ち出すなどし、新規参入に成功するケースも多く見られます。これらのことからも、個別指導・学習塾のフランチャイズはまだまだ将来性がある分野であると言えるでしょう。この分野のフランチャイズは、教室の運営や業務・事務は本部が代行することが多く、オーナー自身が特定の免許や資格を持つ必要がないケースがほとんどとなっています。そのため、未経験の方や異業種からの参入を希望する方でも、教育系の分野に転身することが難しくないという特徴があります。学習塾・個別指導のフランチャイズの場合、契約するフランチャイズによって初期投資額にかなり大きな差がみられますので、開業を検討する場合は、生徒が少ない開業から序盤にかけての期間に一定の利益が見込めるかどうかを重視すると良いでしょう。

学習塾フランチャイズで開業する際に抑えておくべき5つのポイント

Dollarphotoclub_70774079

現在の日本は少子化が進んでいますが、子供が少ない分、子供ひとりにかける養育費が増えていますので、学習塾の需要は高まっています。
学習塾の開業には資格も届けでも必要なく、授業は講師に任せ、自分はオーナーとして経営のみに携わるという運営の仕方もできます。
学習塾で開業する上で抑えておくべき5つのポイントをまとめましたので、学習塾経営に興味がある方はぜひご一読ください。

学習塾開業のポイント1:ターゲットを明確にする

学習塾はビジネスですので、ターゲットを明確にする必要があります。
ターゲットを明確にしていないと戦略が立てられませんし、フランチャイズ選びがしにくくなります。
フランチャイズにはそれぞれ強みがありますので、まずはターゲットを選定しましょう。

学習塾のターゲットは一般的には小学校生、中学生、高校生ですが、幼稚園児を対象にしたフランチャイズもあります。
どの年齢層を集めたいのか、また小学校、中学校など、開塾しようと考えている近くに学校施設があるかどうかもターゲット選定の重要なファクターになります。
近くに小学校がある場合は小学生を対象にした学習塾の方が生徒を集めやすいですし、中学校の場合は中学生、高校の場合は高校生をターゲットにすると集客の面でメリットがあります。

学習塾開業のポイント2:塾の種類

受験対策をメインとする学習塾なのか、学校の授業のための学習塾なのかによって塾の方向性が変わってきます。
最近は複数の学習塾に通う子供も珍しくなく、受験対策の塾と学校の授業のための塾の両方に通っている子供もいます。
学習塾が複数ある場所でも、受験対策用の塾ばかりの場合、学校の授業用の塾として開業するのもひとつの戦略です。
少子化が進んでいますが、子供が少ない分、子供ひとりにかける養育費が増えていますので、学習塾の需要は高まっています。

学習塾開業のポイント3:塾の規模

ひとくちに学習塾といっても、小規模な教室から大規模な教室まで規模はさまざまです。
個人で学習塾を開くなら、小スペースでも充分開業できます。
規模は予算にもよりますし、学習塾開業が始めてなら最初は無理せずに小規模なスペースで開塾し、生徒が安定して集まるようになったら規模を大きくしたり、2教室目を開塾するといった方向性で開業した方がリスクが低いです。
ビジネスに絶対はありませんので、徹底して戦略を練って事前準備を行っていても、思わぬ原因でうまくいかなくなることがあるので、予算に合わせて最初は無理しない範囲の規模で始めた方が安心です。

学習塾開業のポイント4:フランチャイズ選び

学習塾開業は選ぶフランチャイズによって内容が大きく違ってきます。
フランチャイズごとに強みが異なりますし、開業資金にも差があります。
低資金で開業できるのが望ましいですが、大事なのは運営システムとサポートです。
塾経営が未経験でも開業できるシステムがあること、開業前のサポートが充実ししていること、開業後も継続して良質なサポートが受けられること、この3つのポイントが揃っている本部が望ましいです。

フランチャイズによってロイヤリティにも差がありますので、ロイヤリティとサポート内容をよく見比べ、サポートに見合ったロイヤリティが設定されているかどうかを確認した上で契約をするようにしましょう。
複数のフランチャイズを比較すると各本部の特徴がよくわかるので、ひとつにこだわらず、各本部の説明会に参加し、よく検討してください。

学習塾開業のポイント5:開業場所の選定

学習塾は開業場所が非常に重要です。
ベストな条件は、駅前や国道沿いなどの目立つ場所であり、かつ通いやすい場所であることです。
「学習塾がある」ということを知ってもらうには、チラシによる宣伝だけでなく、塾そのものの存在が重要となります。
「あ、ここに学習塾があるんだ」と知ってもらいやすい場所で開業すれば、それだけで宣伝効果が期待できます。

学習塾に通うのは子供ですので、安心して通いやすい場所であるかも重要なポイントです。
教育にあまりよくないお店の近くは避けるべきですし、夜道が暗い場所も避けた方がよいでしょう。
学習塾が終わる時間は外が暗くなっていますので、親御さんの気持ちとしては夜でも安全に通える場所にある学習塾を選びたいものです。
周辺環境を調査する場合は昼間だけでなく、必ず夜にも調査を行っておきましょう。

個別指導・学習塾フランチャイズ

個別指導・学習塾フランチャイズはたくさんありますので、予算、規模、ターゲット層、経営方法、サポート内容など、目的に応じてお選びいただければと思います。
フランチャイズなら学習塾経営が未経験でも開業できますので、新規事業を考えておられる方、脱サラを考えておられる方は、学習塾開業を検討してみてはいかがでしょう。

個別指導・学習塾のフランチャイズはこちら

  • 資料請求BOX

    資料請求したい企業が決まったら
    「資料請求する」をクリック!

    0

    • 詳細フランチャイズ検索
    • 人気ランキング
    • EXPO情報
  • 検索条件を指定する

  • 融資
    • セブンイレブン
    • セブンイレブン
  • 個別指導塾トライプラス
  • 日本結婚相談所連盟
  • シークレットジャパン
  • 花研ラーメンレンタルシステム
  • ローソンLP
    • 公式フェイスブック
    • 公式インスタグラム
    • 公式twitter
  • SSL GMOグローバルサインのサイトシール

    本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

    これまでの閲覧履歴

    ※閲覧の新しいものから最大10件表示されます

      閲覧履歴はありません。

お気に入りの案件数0