安心の<キャリア独立制度>
給与をもらいながら店舗で学び、その後独立開業!
なんと『加盟金全額免除』『奨励金50万円支給』
ローソン

全国14,000店舗以上を展開している『LAWSON』の、実に97.8%の店舗がフランチャイズ加盟店です。
なぜこんなにローソンのフランチャイズが人気なのか。ローソンには独自の開業プランがあります。

【キャリア独立制度】
キャリア独立制度とは、契約社員から短期間で独立開業が可能なローソン独自の独立支援制度です。月給をもらいながらローソンの店舗経営を学んでいただき、最短3か月から独立開業が可能です!

-----こんな方におススメ!-----
☑資金は少ないが独立したい
☑1人で独立開業したい
☑まずは経営スキルを身につけたい
☑独立したいが自分に出来るか不安
キャリア独立制度は、皆さんに安心して独立開業の夢をかなえて頂くための支援制度です。

ローソンのフランチャイズモデル


 ローソンは、オーナー様のライフスタイルに適した独立開業プランを提案しています。
 物件・内装費を本部に任せる低資金開業プランや、まずはローソン社員として入社後、
 加盟金0円で独立できるインターン独立制度など、様々なプランを用意しています。
 詳しい内容は こちらをクリック してください。説明会予約も簡単に行えます!

”ローソン”の魅力


圧倒的なブランド力とスケールメリット

全国14,000店舗以上あるローソンの、1日当たりの平均来店者数はなんと約1,000万人。
実に日本人約12人に1人が、毎日ローソンで買い物をしています。

圧倒的なブランド力を生かし、ローソンは現在「ご近所の店」としてさらに進化し続けています。
カード会員のデータに基づいた「セミオート発注」は、機会損失を軽減するとともに、
『欲しいものが欲しい時にあるお店づくり』を強化しています。

また、ローソンは「ナチュラルローソン」「ヘルスケアローソン」といった、コンビニに新たな付加価値を加えた進化型店舗の開発にも力を入れており、
変化する消費者のライフスタイルに合わせたお店づくりも積極的に行っています。

”ローソン”の充実したサポート力


安定した経営が出来る独自制度

1、 新店舗廃棄支援制度
オーナーが契約するのが新規開業店舗の場合、オープン月から起算して1年間に発生した商品廃棄を本部が負担します。
オープン月~6ヵ月目の末日までは70%、7ヵ月目~12ヵ月目の末日までは50%が上限。
経営に不慣れで発注ミスをしてしまったときも安心です。

2、 本部社員による新店サポート
専従者をサポートしながら、お店に合ったワークスケジュール作成やクルーの育成を行います。

3、スーパーバイザー(SV)による経営サポート
本部から派遣するSVがオープン前の準備からオープン後の品揃えなどのアドバイスまで、定期的に行っております。

他にもローソンならではのサポートがあり、複数の店舗経営をされるオーナーさんが続出しています。
詳しくは説明会にてお話しいたします!

キャリア独立制度のメリット


安心して開業できる3つのメリット

【メリット①】
加盟金100万円を全額免除します。さらに全員にFC加盟奨励金として50万円(税抜)を支援いたします。
※加盟時26歳以下の場合は100万円(税別)を支援します

【メリット②】
1人でも独立が可能です!通常は店舗専従者が2名必要ですが、この制度では一人でも独立開業が可能になります!また、未経験でも独立開業が可能です。支店長面談にてどのような形で独立するか決めます。

【メリット③】
開業時の転居費・住居費の一部を支援いたします。以下支援額をご参照ください。
◆店舗勤務の為の本人転居費:20万円
◆賃貸住宅家賃支援:10万円/月(1年間とします)
◆開店の為のご本人転居費:10万円(税別)
◆開店時同居者(家族等)転居費:50万円(税別)

収益モデルと必要な資金


例1:収益モデル
売り上げ高
年間1,860万円(最低保証額)
その他経費
詳しくは説明会にてお話しいたします
本部へのロイヤリティ
総荒利益高に応じて変動
例1:
契約タイプ
フランチャイズ・契約社員
契約期間
10年
応募エリア
全国
必要な開業資金
加盟金100万円~
ロイヤリティ
総荒利益高に応じて変動

先輩紹介1


家族と一緒に!異業種からチャレンジ!

井上 雅子 オーナー

Q:ローソンオーナーになったきっかけは?
A:前職はインターネット上での販売事業を手がける企業で受注処理・商品ページ作成を担当していました。コンビニで勤務をしたことがない未経験者の自分でも出来そうだと思ったため最初に息子に相談をしたのですが、「お母さん何を言ってるの!?」とビックリしていました(笑)。
息子も次の勤め先を探していたタイミングだったので一緒に説明会に行き、そこから半年ほど時間をかけて他社も含めて検討したのですが、ローソンの担当者はしつこく催促をしてくることも無く、改めて話を聞きに行った時にも親身になって対応してくれて、良いことだけではなく厳しい言葉もかけてくれたため、ローソンは信用出来ると思い決意しました。

Q:この仕事の醍醐味は?
A:今は店長と一緒に必死に走っているような状態なので、まだ落ち着いて語るような立場ではないと思っているのですが、そんな中でも充実感は日々感じています。
自分の一つ一つの行動が全て数字と結果になってすぐに表れていく喜びは会社員時代には経験出来なかったことなので、良い時でも悪い時でも会社員とは違うと思います。
私の場合は息子と一緒に開業したのですが、一緒に働いていく中で息子の成長を間近で見ることが出来ていて、それも大きな喜びになっています。

Q:今後のビジョンは?
A:多店舗化を進めていきたいと考えています。具体的に数字で決めてしまうとそこで満足してしまうと考えているため、あえて具体化せずに、私自身もどこまで出来るか楽しみながら進めていきたいです。
多店舗展開を行うことで仲間も増えますし、未経験で始めた私でも店舗の経営が出来ることを実感出来たので、次は新しいお店を開いたらどうなるか、その時の自分を想像するとワクワクします。
多店舗展開に向けたクルーさんの人財育成プランも進めていて、クルーさんもそれに応えて頑張ってくれています。本部から高い評価を受けている方も育っているので、私もその頑張りに応えていきたいと思います。

先輩紹介2


FCオーナー・インターン制度を活用してチャレンジ!

黒田 みどり オーナー

Q:ローソンオーナーになったきっかけは?
A:前職は電設資材を扱う会社で主に営業を担当していました。30年に渡る会社員生活の中で色々な仕事をさせていただいたのですが、50代になり、そろそろゴールも見えてきたと感じる中で、このまま定年を迎えた時に自分は何も出来ないのではないかと危機感を抱き始めました。そんな時にローソンのオーナー募集の広告を見て、興味を持ったことから説明会に参加しました。コンビニエンスストア経営に関しては前職でも1事業として関わっていたこともあり馴染みがあったこと、特にローソンは開業資金のハードルが下がる制度が充実していることなどから妻も応援してくれましたし、本部から紹介いただいた店舗にも納得出来たため決断しました。

Q:この仕事の醍醐味は?
A:コンビニの場合はとにかく覚えることが多く、臨機応変な対応も求められます。そんな状況に若い学生のクルーさんが順応して、どんどん出来るようになっていく姿を見るととても驚くと共に感動を覚えます。若い内にこういった状況の中に身を置くことはクルーさんの今後の人生にとっても非常に良いことだと思っているので、店舗内でのお仕事という枠を超えて教育に携わっているやりがいも感じています。

Q:ローソンのオーナーを目指す方へ
A:【店長】コンビニで働いた経験が無くゼロからオーナーを目指す方にはFOI(FCオーナー・インターン制度)は特に最適な制度だと思っています。この制度を活用することによって経験も得られますし、開業資金のハードルを下げることも出来ます。開業してからは毎日がやりがいの連続で、まだ始めたばかりではありますが楽しく仕事が出来ています。
【オーナー】FOIの活用は私たちの独立のキーポイントになったと思っています。自信を持った状態で始められるので、最初から質の高いお店作りに意識を向けることが出来ますし、その自信は接客時の笑顔にも現れます。是非、皆さんにとって最適だと思われる制度を活用してチャレンジしてみてください。

一覧に戻る