お役立ち情報コラム

5坪あればフランチャイズで開業が実現できる!おすすめの企業も紹介

最終更新日:2020年2月28日

独立開業人気ランキング公開中!

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。
いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。

5坪あればフランチャイズで開業が実現できる!おすすめの企業も紹介

5坪という狭いスペースでも、フランチャイズ開業することが可能です。フランチャイズにはテイクアウト専門店や買取専門店など幅広い業種があります。業種によっては在庫をかかえるリスクを軽減して開業できる場合もあるのです。立地環境や経営方法によっては5坪の小規模であっても十分な利益を生み出すことができるのです。

ここではフランチャイズ経営のメリットのほか、5坪前後でフランチャイズ開業できるおすすめの企業をいくつかご紹介しています。また、加盟する本部を選ぶ際のポイントなどにもふれています。自分にあった加盟先を見つけて、独立開業を成功させましょう。

1.5坪でも経営できる業種はたくさんある

起業を考えたときに、快適な広い空間のある店舗で開業したいと思いながらも、資金不足であきらめてしまう方も多くいます。しかし事業は、大きく始めなくてはいけないというルールはどこにもありません。

近年は店舗面積が5坪前後のフランチャイズチェーン店なども駅周辺に進出しており、提供するサービスも多様化しています。ここでは、小規模で開業できる業種をいくつか紹介します。

■テイクアウト専門店

    5坪でも経営できる業種はたくさんある
駅周辺や商店街などでは、ワンハンドフードやソフトドリンクなどテイクアウト専門の飲食店を数多く見かけます。タピオカやレモネード、色味にインパクトのある綿菓子など、さまざまな商材があり1日中行列の絶えない店も数多くあります。

テイクアウト専門の場合イートインスペースがないことから、大型店のようにフロアを行き来して接客するような人員は必要がありません。このため、少ない人数でも運営することが可能です。また取り扱う商材にはよりますが、大きな厨房機器などの設備投資がほとんど不要なため、初期投資も少なくて済むというメリットがあります。

■買取専門店

買取専門店には衣料品をはじめ、ブランド品や宝飾品などがさまざまな業態があります。リユース市場は1.5兆円ともいわれており、今後も規模の拡大が見込まれている需要の高い業界です。

買取専門店は在庫をかかえないため、売れ残りなどのリスクを回避できる特徴があります。また、商品を置くためのスペース確保や販売スタッフなどを配置する必要もありません。さらに店舗だけでなくネットでの買取も同時におこなえば、より幅広い利用客の獲得ができ利益拡大にもつながりやすくなります。

■ネイルサロン

ネイルサロンは開業するための資格が必要ないため、道具を一式そろえることができれば起業することができます。資金の使い方にもよりますが、設備投資に多くの費用をかけることなく、営業を始めることが可能です。在庫もかかえることがなく、材料費などの原価率も10%に満たないことがほとんどです。

ネイルサロンは、省スペースで運営ができるため、美容室などの一角を間借りして経営するケースもあります。またリピーターが増える可能性が高く、一度顧客を獲得できれば安定した収入を得やすいのも特徴です。

ただしネイルサロンの経営には、サービスとして提供する専門性の高い技術が必要になります。技術を習得するためにはネイルスクールなどに通うことのほか、ネイルの民間資格を取得してみるのもよいかもしれません。

2.大型店と互角の勝負ができる小規模の「強み」

店舗の規模は小さくても、大型店に勝るとも劣らない売上をあげている事業は数多くあります。では、なぜ小さいながらも事業を継続できるのでしょうか。それは小規模の店舗が、大型店にない特有の「強み」をもっているからです。ここでは、小規模店舗の強みを具体的に見ていきましょう。

■少ない人員で経営できる

小規模の店舗は、少人数でも経営できることが大きな強みです。近年はキャッシュレス決済などが普及し、お金のやりとりも短時間でおこなえるようになりつつあります。

もしひとりで経営することができれば、利益を圧迫しがちな人件費をかける必要もありません。広いスペースの店舗に比べて、フロア内を行き来することも少ないため、体力的な負担を軽減して経営できるのもメリットといえます。

■初期費用や経費が抑えられる

小規模の店舗であれば物件取得費や家賃などが安いことから、設備投資に多額の費用をかけることはほとんどありません。坪数にもよりますが、規模によっては200万円前後の低資金で自分の店をもつことも可能なのです。開業資金だけで1,000万円かかることもあるイートインスペースを設けた飲食店などと比べると、低資金で開業できることがわかります。

さらに開業後も、水道光熱費などの経費負担が少なくて済みます。小規模の事業は初期費用や経費が抑えられるため、資金面のリスクを軽減して開業することができるのです。

■坪売上が高い

坪売上は、生産性を示す指標のひとつで、1坪あたりの売上高をいいます。坪売上が高いほど、店舗面積に対して売上効率がよいといえるのです。

一般的に月間坪売上を算出するには、「ひと月の売上高÷店舗面積(坪数)」で求められます。商材が高単価であることや回転率が高いなどのビジネスであれば、坪効率が高くなりやすく駅周辺の家賃が高い物件でも経営が可能になるのです。

ただし坪効率は、あくまで効率よく経営できているかという指標のため、数字がすべてというわけではありません。取り扱う商材や立地環境によっても坪効率は異なるため、参考程度にとどめておいたほうがよいでしょう。

■業界未経験の場合はリスクもある

小規模の店舗は初期投資も少なく、ひとりで経営できれば経費も抑えて経営することができます。しかし業界が未経験の場合は、さまざまなリスクがあることも覚えておかなくてはいけません。

たとえば競合の多い地域での出店には、注意が必要です。立地環境によっては競合と差別化したサービスがないと、顧客が獲得できず経営が困難になるケースも多くあります。とくに専門的な知識や技術を必要とする業種であるほど、未経験では競争の中で生き残ることは難しいかもしれません。

また小規模の店舗では、認知度をあげながら経営していくことも重要になります。店舗の存在をアピールするためには、広告宣伝に費用をかけることも必要になるでしょう。個人事業主として開業した場合には、本来の営業にくわえてこうした広告活動もすべて自分でおこなわなくてはいけません。

集客や販促などのノウハウがない場合には、あらゆる手法で試行錯誤しながら経営をすすめていくことになります。店舗の認知度をあげて、安定した利益を得られるようになるまでには時間がかかるおそれもあります。失敗を繰り返せば、事業が継続できなくなるリスクもあるのです。

こうしたさまざまなリスクを軽減できる起業方法として、フランチャイズ開業があります。店舗面積が5坪でもフランチャイズ事業が成功している理由は、小規模特有の強みだけではありません。フランチャイズ経営という仕組み自体に、事業を成功に導くためのさまざまな秘訣があるのです。

3.フランチャイズ経営は成功しやすい仕組みができている

起業には個人事業主として開業する方法もありますが、未経験の業種やノウハウがない場合にはフランチャイズへの加盟をおすすめします。フランチャイズには、安定して経営できる仕組みが構築されているのです。本部からさまざまなノウハウやサポートなどが取得できる点は、加盟者にとって大きな支えとなるでしょう。

フランチャイズにおいて加盟店は、取得できるメリットの対価としてロイヤリティといわれるお金を毎月本部へ支払うことになります。加盟店が得られるサポート内容は、本部によって異なります。中には、支払うロイヤリティの金額以上に価値のあるサポートを受けられるケースもあるのです。以下で、フランチャイズ経営の魅力的な仕組みについて紹介します。

■フランチャイズ経営の3つの魅力

フランチャイズに加盟することで、加盟店はさまざまなメリットを得ることができます。フランチャイズがもつ3つの魅力を、それぞれ具体的に見ていきましょう。

〇ブランド力による集客が見込める

フランチャイズ経営は、何より本部のブランド力が大きな強みです。既存の顧客がついているだけでなく認知度が高いほど集客力があり、起業して短期間で経営を軌道に乗せやすくなります。

フランチャイズには、オーナー経営できる業種もあります。経営が順調に進めば経営を従業員に任せて権利収入を得ることや、複数店舗の経営で収益を拡大しやすいのもフランチャイズの特徴です。

小規模の店舗の場合は、存在を認知されるまでに時間がかかることもあります。このため起業時にどれだけ宣伝して顧客を獲得するかで、その後の経営を左右することもあるのです。宣伝広告をおこなう方法は、ホームページやチラシを作成して配布するなどさまざまな方法があります。しかし、どちらにしても手間や費用はかかってしまうものです。

これがフランチャイズであれば、加盟店の宣伝をホームページなどで一括しておこなってくれる場合もあります。ひとりで経営するような業態では、手間や費用をかけることがないため営業に専念できる点もメリットです。

〇経営ノウハウが取得できる

    フランチャイズ経営の3つの魅力

フランチャイズの本部には、これまでの実績などからさまざまな経営ノウハウをもっています。ノウハウがない場合には、物件の取得だけでもかなりの時間がかかってしまうこともあるでしょう。しかし開業前に立地調査をおこなってくれる本部では、集客が見込める条件のよい物件をスピーディーに選定してくれます。

またフランチャイズでは、研修制度を設けている本部が多くあります。研修制度を利用することで、経営に必要な知識や技術を習得できるため、たとえ未経験の業種であっても安心して開業することができるのです。

さらに加盟店は集客や販促の方法など、効率よく利益を得られる経営ノウハウを取得することができます。フランチャイズ加盟することにより、経験を重ねて時間をかけなくても成功するための手法を入手できるのです。

〇継続的なサポートを受けられる

フランチャイズ経営では、加盟店が営業開始してからも継続的に本部サポートを受けられます。本部社員からの経営アドバイスや運営指導を受けることができれば、安定した運営を維持しやすくなります。

また、加盟店の開業前後に独自の支援制度を設けているのも、フランチャイズの魅力のひとつです。本部の中には、多額の費用がかかりやすい内外装の工事費用を一部負担してくれることのほか、備品なども用意してくれる場合もあります。

フランチャイズ経営はリスク軽減できるだけでなく、資金面と経営面においてさまざまなサポートもあります。このため、フランチャイズへの加盟は成功への近道ともいえるのではないでしょうか。ただし、フランチャイズはいいことばかりではないということも知っておく必要があります。

■フランチャイズのデメリットも知っておくべき

5坪でもフランチャイズ経営を実現できる本部は数多くあり、資金面や経営面でさまざまなサポートも受けられます。しかし、フランチャイズ経営にはデメリットもあります。

起業する人によっては、フランチャイズよりも個人事業主で開業したほうが向いているケースがあるのです。加盟する前にはフランチャイズのデメリットも知ったうえで、納得して加盟することが大切になります。

〇風評被害にあるリスク

本部や同ブランド内で不祥事などが起きてしまうと、たとえ自店に非がなかったとしても、風評被害を受けるおそれがあります。風評被害を受ければ、集客が減少するリスクがあるということも覚えておきましょう。

ブランド力が大きい場合は、顧客の信頼を取り戻すまでに時間がかかる場合もあります。売上の低迷が長引けば経営が悪化するだけでなく、最悪の場合は経営が継続できなくなるリスクもあるのです。

〇自由度が低いこともある

フランチャイズ企業の多くは、接客やサービスの方法を安定化させるために本部によって運営マニュアルが作成されています。フランチャイズ契約した加盟店は、本部の決めた経営方針をはじめ、マニュアルなどに従って運営していかなくてはいけません。

このためフランチャイズ経営では、自分が理想として思い描くような経営ができないこともあります。もし、自分の考える経営方針などがある場合は、フランチャイズ経営ではなく個人事業主として開業したほうがよいかもしれません。

4.5坪前後で開業できるフランチャイズ企業 4選

小規模店舗の経営で成功している事業は数多くあります。ここでは、実際に5坪前後でフランチャイズ展開している企業をいくつかご紹介します。

■BRAND REVALUE 開業資金:約295万円~

BRAND REVALUE(ブランドリバリュー)は、ブランド品などを扱う買取専門店です。5坪前後からの小規模で開業ができ、高単価の商材が多いことから収益を得やすい環境が整っています。実際に月商平均は6,000万円、月平均の営業利益は約400万円と高い水準の経営を維持しているのです。

また在庫をかかえる必要がなく、売れ残りなどのリスクを回避して経営できるのも特徴です。商品知識などがなく未経験者でも、本部の研修によって相場の調べ方や交渉術などさまざまなノウハウを習得することができます。ほかにも精度の高いAIによる鑑定機器を導入しており、本部スタッフによるサポートも充実しています。

■おたからや 開業資金:約200万円~

おたからやは直営店を含め国内に約600店舗を展開しており、買取業界では店舗数No.1のフランチャイズ本部です。TVCMやWEB広告などによってブランドを確立しているため、競合に差をつけた経営が実現しやすい強みをもっています。3坪前後のスペースがあれば、開業が可能です。

約200万円の初期費用には加盟金や研修費だけでなく、物件取得費や内外装費なども含まれています。経営サポートも充実しており、ブランド品のほか美術品や骨とう品専門などの各分野の専門鑑定士が査定のサポートをしてくれます。さらに営業不振の場合は、本部が無料で移転先の店舗を用意してくれるという手厚いサポートもあるのです。

■MATERIA CREPE 開業資金:約300万円~

MATERIA CREPE(マテリアクレープ)は、他店を圧倒する50種類以上のメニューを展開しているクレープ店です。全国初のライスクレープや、香川県の伝統和菓子を使用したクレープなどをきっかけに多数のメディアにも取り上げられ人気を集めています。2坪からの省スペースで開業可能で、契約から開業までをスピーディーに進めることが可能です。

また加盟店は営業時間の設定が自由にできるため、開業地域にあわせた経営ができます。ほかにも本部独自の集客システムによる経営戦略で、オーナー利益は60%以上を実現しています。

■CHARGE 開業資金:約500万円~

CHARGE(チャージ)は、10分から利用できる肩こりに特化した日本初の新業態ビジネスといえるファスト整体スタンドです。1坪からでも出店ができるのが、CHARGEの大きな特徴です。出店場所は駅周辺や地下街など、集客が見込める条件のよい場所を本部が選定してくれます。

投資型の経営も可能で、従業員に運営を任せれば経営に専念することも可能です。本部サポートとしてスタッフ研修や人材採用だけでなく、集客向上のための施策提案や経営アドバイスもおこなってくれます。

加盟者自身が施術者となる場合も、研修や本部から提供されるマニュアルがあるため、未経験者でも安心して開業することが可能です。ほかに、既存店舗を譲渡するプランも用意されています。

5.フランチャイズ加盟は企業を比較して検討すべき

空いている土地などが5坪あればフランチャイズ経営を実現できる本部は数多くあります。しかし、加盟先は慎重に選ぶことが重要なポイントです。

開業資金が安いなどの理由だけで、簡単に加盟先を決めてしまうのは危険をともないます。本部によっては高い加盟金やロイヤリティを支払っても、開業後に満足のいくサポートを受けられないケースもあるからです。

開業後に後悔しないためにも加盟する前には、複数の本部を比較検討することがおすすめです。ここでは、フランチャイズ加盟する本部選びのポイントなどをご紹介します。

■本部選びのポイントはいくつもある

    フランチャイズ加盟は企業を比較して検討すべき
加盟するフランチャイズ本部を選ぶときには、判断基準となるポイントがいくつもあります。たとえば開業資金をはじめ、サポート内容やロイヤリティの金額も企業によって異なります。このため、複数の企業を比較しながら自分にあった本部を選ぶことが必要です。

ロイヤリティ金額は企業によって算出方法が異なり、毎月定額の固定制もあれば店舗の売上によって変動する場合もあるのです。さらにそのロイヤリティ金額が、本部から受けられるサポートなどに見合っているか見定めることがポイントです。ロイヤリティが高くても、本部サポートによって効率よく利益を得られるのであれば支払う価値は十分にあります。

またフランチャイズ経営は契約面が原因でトラブルになることが多いため、加盟する前に契約内容を熟読することが重要なポイントです。契約期間や中途解約時に発生する違約金などを、詳細まで確認するようにしましょう。

ほかにもフランチャイズ経営を始める前には、注意すべきポイントはあります。フランチャイズ契約時における注意点や必要な準備などについて、さらに詳しい情報を知りたい方はこちらもぜひご覧ください。

・FC事業を始める際には知っておこう!基本的な仕組みや業種について

■フランチャイズの窓口を活用してみよう

フランチャイズの加盟先を選ぶ際には、比較検索しやすい「フランチャイズの窓口」をぜひご活用ください。地域別や業種別はもちろんのこと、「未経験からスタート」といったキーワードから加盟店募集している本部を検索することができます。

また事業の特徴や開業資金の目安なども知ることができるため、それぞれの企業を比較するのにも便利です。さらに企業への資料請求もまとめておこなえるので、手間や時間を大幅に軽減することもできます。

もし気になる企業を見つけたら、資料請求をして本部がおこなう事業説明会に参加することがおすすめです。事業説明会は無料でおこなわれていることも多く、近年はWEBを活用したオンラインでの個別相談や事業説明会も開催されています。直接本部社員から話が聞けるうえ、疑問点や不安に思うことなども相談できるメリットがあります。

まずはフランチャイズの窓口で、複数の企業を比較するところから始めてみてはいかがでしょうか。自分にあったフランチャイズ本部を見つけて、独立開業の成功を目指しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
  • フランチャイズ比較カタログを無料配布中
  • フランチャイズ独立アドバイザー
  • 厳選!人気FCランキング
  • フランチャイズ開業いろは
  • フランチャイズセミナーツアー
  • フランチャイズの窓口に広告掲載ご希望の方はこちら
  • おそうじ本舗
  • 融資の窓口
  • 補助金の窓口
  • らくてぃ
  • Kensei共生.net
  • 個別指導 Wam
  • ローソンLP
注目のフランチャイズ
おそうじ本舗
  • ■業種:リペア・便利屋 , 便利屋 , リペア・修理屋 , ハウスクリーニング , その他
  • ■開業資金:自己資金50万円~
  • 店舗数は業界NO.1の1,407店舗!(2018年10月現在)
トータルリペア
  • ■業種:リペア・便利屋 , リペア・修理屋
  • ■開業資金:ご希望のリペア技術による
  • 様々なリペアを手掛けてきたトータルリペア本部が、お問い合わせを多く頂く、「脱サラ」検討者の方に向けた開業プランを整備しました!
    ★注目ポイント★
    ①未経験でも月商100万円の実績が残せる秘密とは?
    ②各業界のプロ目線で好評頂ける技術力とは?
内職市場
  • ■業種:その他
  • ■開業資金:380万円~
  • ★人材不足なんてどこ吹く風!労働者不足社会で再び見直される内職事業の魅力!★
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム
  • 公式twitter
  • 公式LINE
  • SSL GMOグローバルサインのサイトシール

    本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

  • ランキング公開中
  • 低資金開業ビジネス