全国120の開業実績。異業種からの成功事例多数。
ニーズの高まるリハビリ型デイサービス事業。リハビリ型デイサービス「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」

「LET'S倶楽部」では『パワーリハビリ』という介護の形態を提案しています。
『パワーリハビリ』とは、老化によって動きにくくなってしまった筋肉や神経の機能を回復させるものです。
医療認定を受けたマシンを用いた介護リハビリや医学博士監修のオリジナル体操プログラムなど、
医学的根拠の高い運動機能改善プログラムを提供しています。

ビジネスの形態


『パワーリハビリ』という介護の形態を提案

『パワーリハビリ』とは、老化によって動きにくくなってしまった
筋肉や神経の機能を回復させるものです。
医療認定を受けたマシンを用いた介護リハビリや
医学博士監修のオリジナル体操プログラムなど、
医学的根拠の高い運動機能改善プログラムを提供しています。

日々の生活に必要な動きのトレーニングをすることで、
徐々に自身で出来ることが増え、行動範囲が広がります。
高齢者の自信や意欲を生み、心身の健全化に繋がります。
またご本人のみならず、周囲のご家族などにも良い影響を与えます。

「また1人で散歩に行きたい」「家族に迷惑をかけたくない」

そのような理由でリハビリを受ける方を対象にしています。
リハビリを通じて、自分で出来ることを増やすことが目標です。

「LET's倶楽部」では、通所型の施設を採用しており、
地域に深く根ざして高齢者を元気にし街の活気を取り戻します。

ビジネスの強み


わずか5年で120店舗!「LET's倶楽部」が選ばれる理由

2011年からフランチャイズ展開を開始。2016年に120店舗を突破しました。

「LET's倶楽部」が選ばれる理由は、
本部の強力なサポート体制があるからです。

まず、加盟者の95%が異業種からの開業。
異業種の方でも3か月で介護事業に参入することが可能です。

開業前サポートでは、市場調査、行政への各種申請、
人材の採用・育成、ホームページの作成など、
開業から集客、運営までをスムーズに行えるように支援します。

開業後は、販促活動、経営の相談をサポート。
もちろん訪問サポートも致します。

本部から見る市場分析


事業の将来性

財源確保の問題からくる報酬の削減や対象変更等、
介護業界を巡る環境は変化してくと予測されます。
しかし、2025年には要介護人口650万人、
市場規模は今の3倍である約20兆円、2025年には人口の約30.3%、
約3人に1人が65歳以上の高齢者に増加する予測です。

日本全国にデイサービスは、約43,000事業所が開設されています。
そのうち約2,500事業所が「半日リハビリ特化型デイサービス」です。

今後は、更に「元気でいたい」という強い思いを持った高齢者は増え続けます。

行政の調査によりますと、将来的に高齢者の体力維持・改善をさせる
「半日型リハビリデイサービス」は、現状の10倍は必要との統計が出ています。

開業前・開業後のサポート体制


業界知識がなくても開業できるサポート体制

【開業前】
☆資金サポート
 融資・リースの支援
 銀行口座開設支援等
 店舗を本部にて取得

☆人材サポート
 スタッフ採用の支援
 スタッフの研修制度

☆その他、各種申請業務

【開業後】
□利用者獲得の営業手法提案
営業同行・アドバイス・営業代行など、利用者獲得をお手伝いします。

□施設マネジメント
直営店で培ったノウハウを活かし、
有資格者を含めたスタッフの採用・教育、店舗づくりを支援します。

□運営プログラム
顧客満足度の向上に向けたアドバイスや様々な運動プログラムの提供を実施します。

編集部からひとこと


動きにくくなった筋肉や神経機能を回復させる「パワーリハビリ」

主に老化によって動きにくくなった体や神経を回復させることを目的とした「パワーリハビリ」という介護形態を展開する“リハビリ型デイサービス「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」”。

「また1人で散歩に行きたい」「家族に迷惑をかけたくない」そんな思いをお持ちの方々の“自分で出来ること”を増やすことを目標とした介護事業は、今後高齢化が進む日本において、本当に必要とされるビジネスの1つであると言えます。

もちろんやりがいばかりではなく、フランチャイズ展開開始からわずか5年で120店舗(!)を突破したことを見ても、社会・地域貢献とビジネスとしての魅力、両面を兼ね備えた事業であると言えるのではないでしょうか?

収益モデルと必要な資金


例1:収益モデル
売り上げ高
月間売上/450万円
営業利益
200万円
例1:
契約期間
5年
応募種別
法人
応募エリア
全国
必要な開業資金
4,200万円~
開業資金(内訳)
申込金:100万円
契約金:300万円
開設費:220万円
研修費:200万円
運転資金:1200万円
リハビリ機器:600万円
車両:300万円
設備備品費:250万円
その他:(物件取得費、内外装費、採用費ほか)約1,030万円
ロイヤリティ
月額17万円

先輩紹介1


オープン直前、ワクワクが止まりません

■「介護事業をやりたい」という夢を諦められなかった

以前から介護事業には興味を持っていました。ですが収益性や開業資金を考えるとなかなか良い出会がなく…
そんな時、父親がリハビリ型デイサービスのお世話になり、「以前のように普通の生活がしたい」と願うシニアに
応えるリハビリ事業に出会いました。

改めて心に火がつき「この業界に挑戦したい!」と、強く思いましたね。
安定した収益と自己資金のハードルが低い「LET'S倶楽部」と出会った時、まさに運命を感じました。


■一人でも多く改善を目指すことで、板橋を元気にする

まずは、当社のトレーニングによって身体機能が改善し、要介護認定から外れて
「LET'S倶楽部を卒業できる人(卒業生)」を一人でも多く増やしていくことが目標です。

この店舗で受け入れられるご利用者は40人ほど。これではまだまだ足りないので、将来的には多店舗展開を目指し、
より多くの方を受け入れられるようにしたいですね。地元の高齢者を元気にすることで、板橋を明るくしていきます。

リハビリ型デイサービス「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」(QLCプロデュース株式会社(LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)))と同じタイプから、別の仕事を探す

予算
501万円~1000万円
業種
デイサービス
キーワード
業種未経験からスタート 土地・店舗活用

一覧に戻る