ペットビジネス 日本ペットシッターサービス ペットが大好きな方、ペットと関わる仕事に就きたい方に最適日本ペットシッターサービス

ペットシッターは、こんな時に、直接飼い主様のご自宅にお伺いして、大切なペットのお散歩や食事、遊び相手等のお世話をいたします。

大切な家族の一員であるペットが、お留守番などでストレスを感じることのないように、普段と変わらない環境で、飼い主様に代わって心をこめてお世話いたします。

ビジネスの形態


◆昭和40年ごろから始まったペットシッターサービスは、景気の好不調に関係なく成長を続け、市場規模は今では2兆円を超えるレベルまで成長しました。

◆ペット産業は、食品、医療品、生活用品、メンタルヘルス・ケア、冠婚葬祭に至るまで人間とほぼ同じマーケットを形成してきています。

ビジネスの強み


◆多様化するペットサービスは、前項で挙げたサービス以外にも、迷子になったペットを探すペット探偵、ペットとともに泊まれる温泉宿、ペットのケーキ屋さん、ペット葬儀や霊園などなど、挙げていけばきりがないほどペット関連ビジネスは百花繚乱になってきているのです。

◆ペットの数が増えてきて、社会でペットに対するより良いサービスを求める風潮が強まっているところに、大きなビジネスチャンスが生まれているのです。

本部から見る市場分析


◆ペット先進国である欧米ではすでに多くの人たちに利用されているこのサービス。

◆日本でも数年前から急激にニーズが高まり、ペットのだ好きな人たちのあこがれの職業になりつつあるといった状況になっています。

編集部からひとこと


飼い主の皆さんに、安心をお届けします。

株式会社日本ペットシッターサービスでは、
東京本部・大阪分室の2拠点を中心に全国で活動しています。
毎日250名以上のペットシッターが、飼い主に代わりプロのサービスを提供しています。

ペットシッターの仕事とは、飼い主が旅行や入院などで家を空けてしまう時に、
普段と変わらない環境でペットの世話をすることです。
飼育環境を変えてしまうと、ペットにとっては大きなストレスとなってしまいます。

ですから、普段と変わらない同じ環境でお世話をするペットシッターは、
現在注目を集めている業界です。
ペットシッターに依頼できる動物は、犬や猫が中心となります。
他にも小動物もゲージから出しての世話も出来ます。

大切な家族の一員だからこそ、信頼のおけるペットシッターへ不在中の世話をお願いしたいという飼い主さんのニーズに応えて成長中のフランチャイズです。

収益モデルと必要な資金


例1:収益モデル
売り上げ高
年収:約700万円
※開業地域・年数によって異なります。
 詳しい内容については、一度お問い合わせください。
その他経費
【人件費】なし
本部へのロイヤリティ
18,000円(月額固定)
営業利益
開業地域・年数によって異なります
例1:募集概要・開業に必要な資金
応募種別
個人・法人
応募エリア
全国
必要な開業資金
約540,000円
開業資金(内訳)
【加盟金】300,000円
【研修費】225,000円
【備品費】15,000円
対象年齢
年齢問わず

日本ペットシッターサービス(株式会社日本ペットシッターサービス)と同じタイプから、別の仕事を探す

予算
1円〜100万円 101万円~300万円 301万円~500万円 501万円~1000万円 1001万円以上
業種
ペットビジネス
キーワード
業種未経験からスタート キャッシュバック対象

一覧に戻る