フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

学習塾はフランチャイズで開業すれば成功率拡大するって本当!?

最終更新日:2019年4月23日

学習塾はフランチャイズで開業すれば成功率拡大するって本当!?

学習塾を開業するとき、個人かフランチャイズを利用するというふたつの方法があります。近年、フランチャイズで学習塾を開業する方が増えています。開業するとき、フランチャイズの仕組みを知らなければ、安心して開業に踏み切ることができないのではないでしょうか。

今回は、学習塾のフランチャイズ開業について紹介しています。さらに、学習塾の種類や開業するときの手間、開業資金についても触れているので、お役に立てていただければと思います。

これから学習塾の開業を考えている方は、このコラムを読んでいただくことで踏み切るきっかけにしていただけるのではないでしょうか。

    1.塾の開業は成功しやすい?独立の手間や市場について

1.塾の開業は成功しやすい?独立の手間や市場について

学習塾は、もともと個人でおこなっている塾や予備校というのがほとんどでした。現在は、たくさんの塾を街のなかで目にすることが増えてきました。これには、開業がはじめやすく成功しやすいというイメージがあるからかもしれません。

塾の開業には資格が必要ないため、教える技術や知識さえあれば開業することが可能になっているのです。開業費用も、自宅で開業するのであれば家賃などが必要ありません。また、ひとりで開業するのであれば、人件費もかからないというメリットがあります。塾の運営は、基本的に前払いになるので売上の先読みができ、成功しやすいのです。

しかし、昨今少子化といわれているため、塾の経営はむずかしいと思われていますが、少子化によって子供ひとりにかける教育費用が増えているともいわれています。さらに、幼児期から学ばせたいと考える親も増えているため、塾業界の市場はまだまだ需要があると考えられています。そこで、開業している多くの人が利用しているのが、学習塾のフランチャイズシステムです。

2.学習塾をフランチャイズで開業して成功するには

学習塾を開業したとき、必ず成功させたいと考えるのは当然のことではないでしょうか?開業しているかたの多くは、フランチャイズというシステムを利用して開業しているようです。では、なぜフランチャイズシステムを利用して開業しているのでしょう。その理由はいくつかあります。

ブランド力

フランチャイズ開業をおこなうとき、大元の企業が持っている知名度といわれるものです。このブランド力が大きいほど、開校した時に重要な生徒の集客で有利にすすめることができます。この塾なら信頼して子供を預けられるという安心感がでてくるからです。

ノウハウ

ノウハウとは、フランチャイズ本部がこれまで経験して蓄積した経営するための方法です。開業するとき、多くの経営ノウハウが蓄積されているフランチャイズ本部であれば、それだけ教室運営がおこないやすく成功率をあげることができます。

未経験

学習塾のフランチャイズ開業は、業界経験がない人でも事前研修や開校後のアフターフォローが準備されています。また、スーパーバイザーが定期的に教室に出向いて、経営アドバイスもおこなってくれるため、未経験でも安心して開業することが可能になっているのです。

このように、学習塾をフランチャイズで開業することで、たくさんのメリットを提供してもらうことができるのです。そのため、個人で開業するよりフランチャイズで開業することで成功率をあげることができるのでしょう。
    3.学習塾を開業するときの準備は

3.学習塾を開業するときの準備は

学習塾に限らず、自身で事業を始めるときにはいろいろなものが必要になってきます。学習塾を開業するときには、どのようなものが必要になってくるのでしょうか。

開業資金

開業資金とは、学習塾の開業準備をするときに必要になる資金です。しかし、開業資金には、開業してから経営が安定する半年先くらいまでの運転資金も準備しておくようにしましょう。開業するとき、運転資金を考えていないと経営が行き詰まり、廃業ということになる場合もあるので注意しましょう。

物件

個人で自宅開業するのであれば、必要ありません。逆にテナントなどを借りるときは、通塾の利便性など立地を考えて選ぶようにしましょう。テナントの場合は、物件取得費用がかかってしまうため費用が多くなることもあります。

備品

学習塾の開業で物件の次に大切なのが備品です。授業で使う机やホワイトボードは最低限準備しましょう。そして、パソコンやコピー機も必要になるでしょう。

教材

授業をおこなうにあたって、教材の準備も忘れないようにしてください。教材に関しては、さまざまな教材があるため、選択に迷うこともあるはずです。そのときは、学校の教材に沿ったものを選択することをおすすめします。

人材

学習塾を運営していくとき、講師を雇用する必要があります。講師を雇用するときには、学習塾の運営方法によって確保する数も考える必要があります。集団塾であれば、講師の人数は少なくてもやりくりはできるでしょう。反対に、個別塾のときは多めに講師を確保しておかなければ授業がまわらなくなります。

学習塾を開業するときに上記のような準備が必要になってきます。しかし、学習塾をフランチャイズで開業するときには、上記の内容がすべてパッケージになっていることも多いので、不安なかたは検討してみてはいかがでしょうか。
    4.デメリットもある!フランチャイズの落とし穴

4.デメリットもある!フランチャイズの落とし穴

学習塾でフランチャイズ開業をおこなうときには、ブランド力やノウハウ、未経験でも開業することができるというメリットがある反面、デメリットも少なからずあるのです。デメリットとそのリスク軽減方法を紹介していきます。

ロイヤリティ

ロイヤリティとは、フランチャイズを利用して開業したときには、経営ノウハウなどを提供してもらうかわりにフランチャイズ本部に支払うお金のことです。ロイヤリティは毎月の売上から決められた金額やパーセンテージを支払うことになります。

フランチャイズを利用して、開業するときには必ずロイヤリティが発生します。ロイヤリティは、売上がよくても悪くても必ず支払わなければいけません。そのため、売上が伸び悩むことでロイヤリティの支払いに圧迫されて運転資金がストックできないということも考えられます。

ロイヤリティの金額は、フランチャイズ本部によってさまざまです。開業を考えたときにはロイヤリティの詳細を確認するようにしましょう。ロイヤリティはパーセンテージが少ないか、固定金額になっているフランチャイズを選択することでリスクを回避することが可能でしょう。

本部サポート

フランチャイズ本部は、開業してもらったオーナー様に順調に経営をしてもらうため、さまざまなサポート体制を構築しています。開業前の事前研修、開業資金の融資サポート、開業後のアフターフォローなどがあります。

フランチャイズで開業するということは、本部の経営ノウハウに沿って経営をすることが条件です。そのため、自分自身が思い描いた経営ビジョンをそのままおこなうことはむずかしいです。そのため、経営方法でフランチャイズ本部と意見がぶつかり合うこともあるでしょう。

また、本部サポートは同じ業種のフランチャイズでもサポート範囲が違うことがあります。そのため、フランチャイズ本部によって差が出ることも考えられます。そうなると開業後に経営に行き詰まることも考えられるので、自分が納得できる範囲までサポートを受けられるフランチャイズ本部を選択するようにしましょう。

フランチャイズで開業するとき、事前に無料相談会や説明会などを実施していることが多いです。そういった機会を活用して、自分にあったサポートを受けれるフランチャイズ本部を選ぶことで回避することができます。

5.フランチャイズで塾を開業できる種類を知ろう

学習塾のフランチャイズは多くの種類があります。どんな学習塾があるのか紹介していくので、学習塾を開業するときの参考にしてみてください。

・個別指導学院 ヒーローズ
個別指導塾というのは、料金設定が高いというイメージがあるかたもいるはずです。ヒーローズは料金が高いという概念を覆す「1コマ1,000円~」という低価格設定になっています。そのため、開業後に集客をおこなうとき、教室の強みになることで開業時の不安を解消できるのではないでしょうか。

・幼児教室チャイルドアイズ
チャイルドアイズは、幼児教育をおこなっている学習塾です。チャイルドアイズは幼児教育をおこなっている教室のなかでも順調に拡大しています。さらに、チャイルドアイズは2020年の大学入試の評価制度の変更にあわせた取り組みをいち早くおこなっている教室です。

・早稲田育英ゼミナール
早稲田育英ゼミナールは、38年間の経験があることで未経験のかたでも安心して開業できるノウハウが蓄積されています。さらに、業界では破格の開業資金で開業することが可能です。そして「ワセイクネット」という映像を活用した独自サービスの導入で、生徒のニーズにあわせた授業をおこなうことが実現しています。

・児童発達支援事業 コペルプラス
学習塾に通わせたいと考えたとき、ご自身のお子さんが障害をもっていたとき教室が受け入れてくれるのか不安になるかたもいるはずです。そのとき、コペルプラスでは障害があってもなくても支援してくれる学習塾となっています。学習塾で子供の成長を見届け、さらに社会貢献できるという学習塾です。

・ECCの個別指導塾 ベストワン
ECCという名前は、テレビのCMなどで耳にしたことがあるかたも多いでしょう。ECCは未経験のかたでも安心してはじめることができます。ブランド力やサポート体制が確立されていることが魅力です。また、ECCはさまざまなカリキュラムが用意されているため、集客にも強みがあります。
    6.まとめ

6.まとめ

学習塾の開業は、簡単におこなうことができます。必要な資格がなく、自宅をつかってひとりで開業となれば開業資金も抑えることができるでしょう。

しかし、経験がなければノウハウや必要な開業資金の金額なども分からないことが多いです。そういったときに、便利なのがフランチャイズでの開業です。学習塾をフランチャイズ開業すると、ブランド力やノウハウを使うことができるため、未経験のかたでも安心して開業することができます。

これから、学習塾の開業を考えている方で、不安な気持ちをもっているかたもいるでしょう。そんなときは、無理をせずフランチャイズを利用して開業することをおすすめします。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...