フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

幼児教室の開業!個人とフランチャイズを比較して最適な方を選ぼう

最終更新日:2019年4月2日

幼児教室

現在、少子化といわれていても教育事業は需要が高く、順調に事業展開を拡大している企業が多いです。子供ひとりに使う教育費用が多くなっているため、幼児期から教育を受けさせたいと考える親御さんが増えているといわれています。

2020年には大学入試の評価基準に「思考力・判断力・表現力」が追加されます。この3つは、幼児教育の段階で学べるため、将来を見据えて通わせたいと考えているかたが多いようです。

今回は、幼児教室を開業するときに大切なポイントや開業資金にはどんなものが含まれているのか紹介しています。さらに、需要の増えているフランチャイズ開業についても説明しているので参考にしてみてください。幼児教室の開業について知っていただくことで、スムーズに開業の一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

もっと詳しくみる

1.幼児教室を開業するにはなにをすれば?

近年、幼児教室の需要が高まり開業しているかたが増えているようです。しかし、自分で事業をはじめるとき、どんな手続きをすればいいのか分からないかたも多いのではないでしょうか。幼児教室を開業したいときは、地域を管轄している税務署に申請をします。申請方法については、以下を参考にしてみてください。

①税務署の窓口かホームページから「個人事業の開廃業届」という申請用紙を入手します。
②申請書類に必要事項を記入します。
③記入したら原本をコピーして控えを用意しましょう。
④2枚準備できたら税務署にもっていき窓口に提出します。

また、税務署に申請するとき、「青色申告申請書」という確定申告で必要になる申請書も必要になります。確定申告は、青色申告と白色申告という2種類の申告方法があります。個人事業でおこなうときは、青色で申告することをおすすめします。青色で申告することで、税金の節税というメリットを得ることができます。さらに、赤字がでても翌年が黒字であれば、繰り越して相殺することができるので、忘れずに申請するようにしましょう。

2.幼児教室を開業するとき資格は必要なのか?

幼児教室を開業するとき、資格は必要ありません。しかし、親御さんからの信頼度をあげるためにも、もっているとよい資格がいくつかあります。

TOEIC

TOEICは、日常生活や仕事において使う英語の能力をはかるテストです。幼児教室で英語を教えるカリキュラムを取り入れたいときは、TOEICの資格をもっている先生がいると信頼度が高くなるでしょう。幼児教室で英語を教えたい場合、730点以上の成績が必要といわれています。

幼稚園教諭免許

幼稚園教諭免許には3種類あり、取得方法がそれぞれ違うのでみてみましょう。

①1種免許状
教育学部がある大学で定められた課程を受けて卒業すると取得できます。
②2種免許状
短期大学もしくは、文部科学省が認定している学校で課程を受けて卒業すると取得できます。
③専修免許状
4年生大学卒業後、大学院などで幼稚園教諭免許取得に必要な課程を受けることで取得できます。

保育士

保育士は、厚生労働大臣が指定している保育士の養成学校でカリキュラムを受けると資格を取得することができます。また、保育士の国家試験もあり、それに合格することでも資格取得可能となっています。ただし、中学卒業や高校卒業のかたは、児童福祉施設である程度の経験を積む必要があるので注意してください。

乳幼児アドバイザー

幼児教室の運営で役立つのは、乳幼児アドバイザーの2級・1級です。2級は、幼児の脳や心について学ぶことができます。さらに4歳を過ぎたころから差がでるといわれている、学習や社会性を養う方法が習得できるのです。1級は、2級で習得したことを実践で使えるようになるための、教育者向けとなっています。この資格をもつ人は、幼児教育のスペシャリストともいわれます。
   2.幼児教育にはさまざまな種類があった

3.幼児教育にはさまざまな種類がある

幼児を扱う教育事業には、幼児教室と保育園という2つのタイプがあります。保育園事業をおこなうときには、国や地方自治体から助成金を受けることが可能です。そのため、保育園は事業展開をおこなううえで安定性があると考えられています。保育園では、専門的な知識や技術より、子供を見守りたいという気持ちの方が重要視されているといわれています。

一方で幼児教室の開業については、専門性の高い知識を提供することになるため、さまざまな種類から得意分野を活かして教室運営をおこなうことが可能です。幼児教室は、保育園で学ぶことがむずかしい、専門性の高い知識量や技術が必要とされています。そのため、幼児教室にはさまざまな種類があるのです。

知育系

知育は、考える力や想像する力の発達を成長させるためのカリキュラムが多くなっています。効果をもたらすもっとも代表的な方法は、カードなどを使って楽しみながら学ぶことのようです。知育は、とても楽しく遊び感覚で学べるので人気の系統のひとつと考えられています。

外国語系

この系統は、一般的な幼児向けの外国語教室です。幼児教室に小さいころから通うことで、通常より外国語に触れる機会が多くなり、力を延ばすことができるといわれています。一般的な教室では、外国人の講師が働いていることも多く、生の外国語を学ぶことができるようになっています。

情操系

情操教育とは、「お稽古事(おけいこごと)」のことです。プロスポーツ選手などは、幼児期からそのスポーツをおこなっている人が多かったりしますよね。幼児期からお稽古することで、将来的にその道での活躍が期待できる可能性が高くなるようです。

受験対策型

受験と聞けば大学や高校のイメージが強いですが、じつは幼稚園や小学校にもあります。受験対策型の幼児教室では、幼稚園や小学校の受験にあわせたカリキュラムが用意されています。受験に必要な、知識や親御さんの面接対策もおこなわれているようです。

このように、幼児教室にはさまざまな種類があります。開業をお考えの際は、自分のもっているスキルや経験を活かせる幼児教室を選んでみてはいかがでしょうか。

もっと詳しくみる

4.幼児教室を開業するときのポイント

幼児教室の開業を考えたとき、いくつか大切にしなければならないポイントがあります。開業の際は、以下のことを大切にして開業準備をするようにしましょう。

教室選定

教室の選定は、運営していくうえでとても重要になります。教室は生徒数やおこなうプログラムによって広さを考えなければいけません。また、体を動かして転倒したとき、怪我をしないように衝撃吸収マットなどを設置しておく必要もあるでしょう。

立地

幼児教室に通うとき、自転車や車などを使用されるかたが多いと考えられます。そのため、駐車場を確保しておく必要があります。駐車場を準備せず、路上で乗り降りさせることはとても危険です。通われるかたの安全を確保するためにも、駐車場の確保は大切になってきます。

設備や備品

幼児教室の場合、進学塾と違って机に向かって勉強するということはないため、大きな机や椅子などは必要ないと考えられています。幼児教室は、小さな子が走り回ったりすることも考えられため、設備や備品なども、通ってくれるお子さんの安全を守る必要があります。そのため、必要なときに使える折りたたみ可能な机や床にラグマットなどを用意しましょう。さらに、幼児教育の種類によっては音楽が流せるプレイヤーなどが必要になることもあります。

月謝設定

教室運営をしていくなかで、収入源となるのが月謝です。周辺の同業他社がどのようなサービスで、月謝がどのくらいなのかを確認しましょう。周辺の調査をおこなうことで、月謝の設定金額が検討できるのです。ほかの教室よりも極端に安くしてしまうと、収入が少なく経営がうまくいかないおそれもでてきます。そのため、同じ金額でもここに来たいと思わせられるだけのサービス提供が必要になってきます。

生徒募集

幼児教室を開業して、もっとも大変なのは生徒募集ではないでしょうか。生徒募集をおこなうとき、広告などの宣伝費用もたくさん必要になります。しかし、広告宣伝費を多く使っても、生徒が集まらなければもったいないですよね。

生徒募集をおこなうときには、チラシのポスティングやホームページ、SNSなど使用できるツールはたくさんあります。このツールをいかに上手に使うかによって、集客の差は大きくなるのではないでしょうか。
   4.幼児教室の開業資金にはどんなものがあるの?

5.幼児教室の開業資金にはどんなものがあるの?

これから幼児教室を開業しようとなったとき、必要となってくるのが開業資金です。一言で開業資金といっても、そのなかにはさまざまなものがあります。

物件取得費用

物件取得費用とは、教室選定をおこなったときに教室とする部屋を借りるときに必要になる費用です。この費用は、家賃や不動産会社によって変動してきます。物件取得費用が高くなることで、開業資金が多くなることもあるため慎重に選ぶようにしましょう。

備品代

教室を運営していくためには、必要なものがたくさんでてきます。パソコンやプリンターなどの備品は、新品を買いたいと思われるかたも多いのではないでしょうか。しかし、新品ばかりだと費用が増えてしまうおそれがあります。そのため、開業資金を抑える方法としてテーブルなど備品によっては、中古で対応してみるのもよいのではないでしょうか。

宣伝広告費

宣伝広告費は、開業するときにとても大切なものになってきます。開業前にチラシをポスティングや折り込み広告として使用するときには、たくさんの枚数が必要になります。また、チラシにこだわりすぎると想像以上に高額になる可能性もあるので注意してください。

運転資金

開業してから事業が軌道に乗るまでには、時間がかかるということです。そのため、開業資金のほかに運転資金というものを準備しなければいけません。

運転資金は、売上が少ない期間でも水道光熱費や人件費、賃料の支払いができるように、最低でも半年先までの費用を準備しておきましょう。運転資金は余裕をもって準備しておかなければ、各種支払いができなくなり閉校を余儀なくされる危険があります。

6.幼児教室はフランチャイズ開業がおすすめ!

幼児教室は、需要の高まりをみせているため開業したいと考えているかたが増えています。そのなかでも、フランチャイズというシステムを使って幼児教室の開業をしているかたが多いようです。フランチャイズ開業とは、フランチャイズ本部がもっている経営ノウハウや知名度を提供してもらい、サポートを受けながら開業するシステムです。

フランチャイズは一般的な独立・起業とは異なる開業方法となり、いくつかのメリットやデメリットがあります。どのような特徴をもっているのかを確認し、ご自身にはどちらが適しているのかを検討してみてください。

フランチャイズ開業のメリット

フランチャイズを利用する場合、「こういうふうに経営してください」というルールのもと運営していくことになるのがほとんどです。本部がもつ経営ノウハウを使って運営していくフランチャイズは、業界未経験の方でも安心して開業することができます。また、フランチャイズ本部は問題発生の対処を迅速におこなえるように、しっかりとしたサポート体制を構築しているのでひとりで悩む必要はありません。

さらに、開業するときは開業する場所の市場調査や競合調査をおこなってくれるところもあります。そして、物件の選定をフランチャイズ本部が代行してくれることもあるので心強いです。開業のときに必要になる備品なども、本部指定で準備してくれるので悩むことがないでしょう。

フランチャイズ開業のデメリット

フランチャイズで開業するときは、経営ノウハウが構築されているので自分自身で思い描いた経営をすることがむずかしくなるかもしれません。また、フランチャイズで開業した場合、ロイヤリティという支払いが発生することがほとんどです。これは、経営ノウハウやサポートを受ける対価として売上から支払う費用になります。

ロイヤリティは、フランチャイズ本部によって金額やパーセンテージに幅があるため、自分自身にあったフランチャイズを選択するようにしましょう。売上があがらずロイヤリティだけ毎月支払うことで経営が厳しくなるということも考えられるため、慎重に選ぶ必要があります。

フランチャイズには上記のような特徴があるため、利用する前にあらかじめ把握しておくことが大切です。それでは、ここから幼児教室のフランチャイズ展開をおこなっているところには、具体的にどんなところがあるのかをみていきましょう。

チャイルドアイズ

チャイルドアイズは、現在幼児教室のフランチャイズのなかでも順調に拡大している教室です。多くの幼児教室は大体通える年齢が6歳くらいまでのため、在籍期間は平均2年間といわれています。しかし、チャイルドアイズは1歳半から10歳まで通えるため、在籍期間が平均4年となっているようです。教育事業はストックビジネスといって、生徒数が増えれば増えるほど売上が溜まっていくので、利益率も非常によいといわれています。

児童発達支援事業 コペルプラス

現在、未就学の子供の約8.5%が障害を抱え、サポートを必要としています。コペルプラスは、そんなサポートが必要な子供たちの教育をおこなっています。そのため、一般的な幼児教室に通わせることに抵抗がある親御さんも利用しているようです。生徒の在籍期間もチャイルドアイズと同じくらいの期間となっているため、安定した経営が期待できるでしょう。
    6.幼児教室はフランチャイズ開業がおすすめ!

7.まとめ

幼児教室の開業は、簡単にはじめることができます。さらに、資格を必要としないという理由から、開業するかたが増えているのでしょう。顧客の信頼度や安心感をあげたいのであれば、資格を取得することをおすすめします。

開業するときには、重要なポイントや開業資金など大切なものがたくさんあります。開業しようと考えたとき、ひとりではじめるのにはやはり不安も多いのではないでしょうか。そのときに利用してもらいたいのがフランチャイズです。

フランチャイズ開業をおこなうことで、経営ノウハウや知名度、サポートなど多くのメリットを得ることができます。これから幼児教室の開業を考えているかたで、少しでも不安のあるかたはフランチャイズで開業することをおすすめします。

もっと詳しくみる

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...