フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

独立して仕事をはじまる前に知っておくべき注意点とは?職種もご紹介

最終更新日:2019年10月7日

独立して仕事をはじまる前に知っておくべき注意点とは?職種もご紹介

独立して仕事をはじめる際には不安も多く、会社を辞めて起業するような場合は、とくに慎重になるものです。ここでは、開業にまつわる不安の対処法をはじめ、独立前に知っておくべき注意点などについてふれています。

また、開業する職種でお悩みのかたのために、おすすめの職種やフランチャイズ加盟についても解説しています。これから独立を検討しているかたは、起業に失敗しないためにも、ぜひご参考ください。

1.独立して仕事するために準備しておくこと

独立して仕事をはじめようとするときには、何かと不安なことが多くなるものです。経営面や経済面だけでなく、職種によっては体力や精神力も必要となるでしょう。ここでは、開業前の不安を対処する方法や知っておくべき注意点などについて解説します。

不安は対策して解消できることもある

不安に思うということは、それぞれの事柄に対しての危機管理ができているということなので、ネガティブにとらえることはありません。むしろ、危機管理することは、経営者にとって必要不可欠なことでもあります。湧き上がってくる不安は1人で抱え込まず、誰かに相談することで解消できることもあるのです。

経営面での不安は、身内や独立を経験した友人などにアドバイスを受けてみるのもよいでしょう。経営に関しては、司法書士などの専門家に相談してみることもおすすめです。

経済面において資金調達に悩むかたも多いですが、場合によっては融資を受けることも大切です。もちろん借り入れをした状態で運営に失敗すれば、負債を背負うリスクもあります。しかし、借り入れをおこなったとしても、返済を含めた事業計画をしっかり立てて無理のない運営さえすれば、黒字に転換させることも可能になるはずです。

自治体によっては、助成金や補助金などが活用できることもあります。なにより、独立は体が資本にもなるため、自分に合った無理のない運営ができる仕事にしなければいけません。自分が過労など体調を崩したりすれば、もちろん無収入になってしまいます。

独立前の準備で大切なのは、綿密に事業計画を立てておくことです。日々の運営で必要になる費用を把握して、融資を受けた場合の返済計画や売上予測など、収支のバランスがとれた計画をシュミレーションしておきましょう。

開業に手続きや資格が必要となる場合もある

職種によって異なりますが、開業前には所定の手続きが必要になることや資格を取得しておかなくてはいけない場合もあります。独立前の準備として、覚えておきましょう。

たとえば、飲食業においては、開業前に「食品衛生責任者」の資格取得が必要です。また、店舗によっては「防火管理責任者」も必要となり、規模によって取得する種類も異なります。さらに、開業前には保健所へ営業許可申請をして、衛生検査の審査を通過しなければ開業が遅れるだけでなく、営業許可すらおりないおそれがあるのです。

もっとも大切なのは、どんな職種で独立するかということです。次に、独立開業でおすすめの職種をいくつかご紹介します。職種選びの目安として、ご参考ください。

   1.独立しやすい仕事のポイントは?

2.独立して仕事する際おすすめの職種について

独立して仕事をはじめようとしたときに、大切になるのが職種です。職種によって、得ることのできる収入も大きく異なります。独立して失敗しないようにするためには、事前に開業を検討する職種について知っておかなくてはなりません。

儲けを考えるなら利益率も大切

安定した収入を得て、継続的な運営をしていくためにおすすめなのが、利益率の高いビジネスです。薄利多売のビジネスで成功している事例もありますが、一定の利益を得るためには、たくさんの営業を重ねていかなくてはなりません。個人事業主として独立する場合は、負担が大きくなってしまうおそれがあります。

時間の使い方や労力の負担などの観点から見ると、独立開業するには、やはり利益率の高い事業がおすすめです。利益は、売上から原価を差し引いた金額になるため、原価が低いほど儲けが多くなります。職種を選ぶ際には、どれだけの利益が出る仕事なのかを知っておきましょう。

商売道具による収益やリスクの違い

職種によって、提供するサービスの手法は異なります。一般的に、人に何かを教えることや技術などを商売道具する仕事は、利益率が高い職種としてあげられます。

これらの仕事は、サラリーマンのように毎月定額の給料ではなく、自分が業績をあげたぶんだけ収入を得ることができます。しかし、顧客がつかず売上があげられない場合は、収入が得られないことも忘れてはいけません。

また、在庫を抱えることがなく、仕入れが発生しないような事業では、リスクが軽減できるという特徴もあげられます。さらに、在庫管理や発注などの業務もないため、営業に集中できるというメリットもあるのです。

おすすめの職種と特徴について

ここでは、独立して開業するのに、おすすめの職種をいくつかご紹介します。それぞれの特徴を踏まえて、職種選びの参考にしてみてください。

リペア業
利益率の高いリペア業は、儲けを出しやすい職種のランキングなどでも上位になる職種のひとつです。また、リペア業のほとんどは力仕事ではないため、女性やシニア世代が活躍することができるのも特徴のひとつです。

高収益の理由としては、圧倒的に原価率が低いことです。補修や修理に必要な道具を一度そろえれば、原価として必要になる費用は塗料などの材料費以外ほとんどありません。リペア業は、売上のうち約9割前後が粗利となることが多いため、儲けを出しやすい職種といえます。

さらに、店舗を持つことなく1人でも開業できるため、家賃や人件費などのランニングコストをおさえることもできるうえ、在庫を抱えるリスクもありません。ただし、安定した収益を得るためには、商売道具となる専門的な技術を磨かなくてはいけないという点もあります。

学習塾
学習塾は、開業時に新規の生徒さえ確保できれば、継続的に収入を得ることができます。ストック型のビジネスともいわれ、経営が安定しやすい運営方法のひとつです。

規模にもよりますが、自宅開業して1人で運営することができれば、講師などの人件費が発生することはありません。おもな設備は机やイスなどで、高額な初期投資を必要としないため、低リスクで高収益を得やすい事業のひとつといえます。ただし、学習塾の経営には、勉強を教えるための専門的なスキルが必要です。

独立する仕事によっては、一生携わることができる生涯事業にすることもできます。しかし、技術などをサービスとして提供するような職種は専門性が高いこともあり、誰でも簡単にできる仕事ではありません。顧客をつけるには、経験を積んで信頼を得ながら時間をかけることも必要になるでしょう。

また、独立がはじめての場合は、店舗の認知度をあげるための宣伝広告活動なども大切になります。個人事業主としての開業は、自分自身にかかる負担は大きいものです。もし1人でも独立開業に不安がある場合には、ほかの開業方法もあります。

3.独立で仕事するならフランチャイズもおすすめ

起業の準備や職種選びのポイントや注意点がわかっても、独立開業する場合は、売上の予測をすることが難しいものです。集客を含めて、店の認知度をどうあげるかなど、運営方法への不安が残るかもしれません。そこで、おすすめする開業方法が、フランチャイズへの加盟です。

ブランド力と経営ノウハウ

フランチャイズへの加盟は、独立開業においてさまざまなメリットがあります。本部から取得できるブランド力と経営ノウハウは、成功のパッケージともいわれているのです。

フランチャイズに加盟することで取得できる本部のブランド力は、既存の顧客をはじめ新規の集客も見込め、開業時から安定した運営がしやすくなります。開業後においても、本部から提供される経営ノウハウを活用することで、過去実績などから売上や集客の予測が立てやすいのも大きなメリットです。

運営においても、個人事業主として独立した場合とは違い、本部からの経営指導やより売上を高めることができるような運営アドバイスも継続的に受けられます。ほかにも、フランチャイズ加盟すると、本部からさまざまな支援があります。

    独立して仕事をはじまる前に知っておくべき注意点とは?職種もご紹介

本部のサポートが充実している

フランチャイズ加盟することで得られるメリットのひとつに、本部のさまざまなサポートが受けられるということがあげられます。事業を運営する本部では、研修制度などを設けていることも多く、加盟希望者がまったく経験がない場合でも、短い期間で専門的な知識や技術を習得することができるのです。

また、本部のなかには、資格取得のためのサポートをしてくれる本部もあります。資格の取り方を含め、取得するための研修などが受けられる場合もあるのです。働きながら専門スキルを身につけて、資格まで取得できるのは、フランチャイズに加盟するうえで大きな強みといえるでしょう。

さらに、フランチャイズでは、行政などへ提出が必要な書類作成の代行サポートしてくれることもあります。新規事業の開業には、自治体などへの手続きや申請が必要になることがほとんどです。本部の代行サポートによって、自ら何度も自治体に足を運んで書類などを持っていく手間や時間を省けることもメリットのひとつといえます。

開業に多額の初期費用が必要になる事業でも、本部が自社のローン制度を設けていることや、物件取得費などを負担してくれることもあります。フランチャイズに加盟すると、自己負担を軽減して開業できるのも特徴です。

独立する仕事にかかわらず、フランチャイズに加盟すると本部からは多くのメリットを受けることができます。もし、1人で開業することに不安を感じるようなら、フランチャイズ開業も視野に入れて独立する仕事について考えてみましょう。

フランチャイズ本部では、無料の事業説明会をおこなっていることもあります。まずは、資料請求をして、本部の情報を仕入れてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

独立して仕事をはじめる場合には、経済面や経営面などさまざまな不安があります。不安に思うことは、危機管理ができているという点で経営者として必要になることです。不安は1人で抱え込まずに、周りの人に協力してもらうことで解消できることもあります。

また、どんな職種で独立するかということも大切です。長く運営を継続させていくためには、無理せず自分に合った職種を選ぶことです。独立前には、開業を検討する事業の特徴を把握して、開業前に必要になる申請なども知っておきましょう。

もし、1人で開業することに不安が残る場合は、フランチャイズに加盟して独立することもおすすめです。本部から得られるメリットも多く、独立開業に成功しやすい方法でもあります。まずは、気になる職種の本部を見つけて、資料請求などで情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...