フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

独立時の仕事の選びかたには注意が必要!失敗しないためのコツとは

最終更新日:2019年4月18日

独立時の仕事の選びかたには注意が必要!失敗しないためのコツとは

「今、サラリーマンをしているけど現状の収入に満足していない……」「人生一度きり、一国一城の主になってみたい」など、考えている方も多いはずです。そんな方は、独立して仕事をはじめることで、自分の夢や希望を叶えることができるかもしれません。

今回は、独立して仕事をはじめるときどんな仕事がよいのか、はじめるまえに注意しなければならないことはどんなことなのかを紹介しています。さらに、利用者が増えているフランチャイズシステムについてもあわせて書いているので参考にしてみてください。

1.独立しやすい仕事のポイントは?

これから独立したいと考えたとき、はじめやすい仕事は何だろうと考える方が多いかもしれません。しかし、独立しやすい仕事とは、内容だけでなくはじめるときの環境にもポイントがあります。そのポイントを抑えておくことが大切になってくるのです。

ひとりでもできる

仕事によっては、ひとりでもはじめることができます。従業員を初めから雇う必要があるような仕事は、求人募集から採用まで、なにかと手間がかかりすぐに独立するというわけにはいきません。一方、ひとりだけでもはじめられる職種の場合、自分の都合やタイミングで独立することができます。

低予算ではじめられる

独立して仕事をはじめるとき、一般的に初期費用が必要になってきます。事業を開始するときの費用は、極力抑えたいと考える方が多いはずです。たとえば、飲食店などは最初、膨大な費用が必要になり、その分のリスク抱えながら経営に臨まなければなりません。しかし、低資金ではじめることができれば、もし失敗しても大きなダメージを負う心配がないのです。

場所を選ばない

実店舗が必要な業種は、売上から家賃を支払う必要があります。そのため、売上がなければ経営は厳しくなるでしょう。このリスクを回避するには、自宅ではじめられる仕事を選択するという方法があります。

独立するとき、はじめやすいポイントは上記の3つになります。この3つをもとに、どんな仕事ができるのかをみていきましょう。

ネットショップ

ネットショップは、実店舗を必要とせずはじめることができます。自宅にパソコンとネット環境が整っているだけで、はじめることができるのです。利用するサイトによっては、在庫を抱える心配のないネットショップもあるため、大きなリスクを背負うことなくはじめることができます。

相談業

相談業とは、いわゆるコンサルタントやカウンセラーといった仕事になります。この仕事は、種類によっては資格の必要性を求められますが、なかには資格を必要としないものもあるので簡単にはじめられます。場所も自宅ではじめることができるので、自分の解決能力や知識があればできる仕事といえるでしょう。

ライター

ライターとは、依頼者から与えられたお題をもとに情報収集して、文章を書く仕事です。書いた文章の掲載媒体は、冊子からWEBまでさまざまです。現在、ライターはウェブ上で仕事を受けることも可能になっているため、仕事を受注して収入に繋げるまでのすべてをネットでおこなうことができます。

ライターとしての実力をつけることで、依頼者から専属のお願いをされるなど、チャンスが広がっていきます。専属になれば、定期的に収入も入ってくるでしょう。さらに、掲載する数が増えればそれだけ、収入をあげることもできます。ライターは自宅にいながらできるため、低予算で場所を選ばず、ひとりでできる仕事のひとつです。

   1.独立しやすい仕事のポイントは?

2.アイデア次第で高収入が期待できる仕事って?

仕事はアイデア次第で、飛躍的に需要が高まるものもあります。そのため、独立のとき仕事のアイデアによっては、大きな収入を得られる可能性があるのです。現在、さまざまなアイデアから生まれた仕事がたくさんあります。

レンタルビジネス

貸し出す商品によってさまざまな顧客を獲得できるのが、レンタルビジネスです。現在、レンタルビジネスをしている店舗が取り扱っているのは、アウトドア商品や家具などが多いようです。物を取り扱う場合は、初期段階でレンタル品を仕入れるため大きな費用が必要となる反面、ひとりで業務をおこなえるので人件費が抑えられるメリットがあります。

一方、レンタル品が物ではなく、人を扱っているところもあるようです。たとえば、雑用レンタル、営業マンレンタルなどです。ここで注意してほしいのが、人をレンタルする場合は、犯罪抑止など徹底した安全管理が重要になってきます。しかし、レンタルビジネスは需要があれば大きく拡大する可能性を秘めています。

マッチングビジネス

マッチングビジネスとは、たとえば「法的な問題を抱えている人と、その問題を解決してくれる弁護士」など、人と人を結びつけるサービスです。そのため、需要と供給が顕著にあらわれるビジネスとなり、アイデア次第ではこれまでなかったものを結びつけてシェアの独占が可能になります。

さらに、マッチングビジネスは初期投資がほとんど必要ありません。そのため、原価がほとんどかからないというメリットがあります。また、ネットを活用することで商品を扱わず紹介手数料のみで収益をあげることも可能なのです。

Youtuber

Youtuberといえば、現在小さい子供のなりたい職業としても上位になるほど人気の仕事です。Youtuberは、撮影機器とパソコンだけではじめることができます。Youtuberは自身のチャンネルというものをもっており、チャンネル登録者数が10万人を超えることで企業案件という収入源をつくれる可能性がでてきます。

企業案件とは、企業が扱っている商品を紹介することで得られる収入です。たとえば登録者数60万人であれば、60万人×1~10円が収入になるのです。人気Youtuberになれば、年間で数千万円から数億円もの収入を得ることも可能です。同業他者がとても多い職業ですが、アイデア次第では高収入を得られる可能性を秘めています。

アイデア次第で多くの収入が期待できる仕事を紹介しましたが、どれだけいいアイデアだと思っても、需要がなければ成功する可能性は減ってしまうかもしれません。アイデアを考えて、ご自身で仕事をおこなうときは需要があるのかをしっかり調査するようにしましょう。
    2.アイデア次第で高収入が期待できる仕事って?

3.経験を活かして仕事をするなら成功への近道になる?

独立して仕事をはじめようとしたとき、今までの経験を活かしたいと考える方もいるはずです。実際、未経験で新たな業界に飛び込むより、これまでの経験を活かした方が成功率はあがるといわれています。

その理由は、経験者の方が、確実に業界知識があると考えられているためです。その経験や知識が仕事をおこなうとき、考える時間や労力を減らしてくれます。さらに、過去のコネクションを使うことができるメリットも存在するのです。では、経験を活かしてはじめられる仕事とはどのようなものなのか、代表的なものをいくつかみていきましょう。

デザイナー

デザイナーには、ファッションやWebなど、いくつかのジャンルがあります。デザイナーとして、ひとりでやっていくには、これまでの経験が重要になってくるでしょう。過去に手掛けてきた作品で評価の高いものをつくっていれば、デザイナーとしての信頼度をあげることも可能です。

イラストレーター

イラストレーターも同様に、過去の経験で仕事の動きが変わってくるようです。さらに現在では、絵本を自分自身で発行しているイラストレーターも増えてきています。絵本は、小さいお子さんにとって需要の高いものになります。もしその絵本で人気をだすことができれば、大きな収入を得ることも可能になるはずです。

プログラマー

プログラマーは、企業で働いているときは自分自身のアイデアを生かすことはむずかしかったかもしれません。しかし、自分自身で仕事をおこなうことで、今までになかった新たなものをつくりだすことができる可能性があります。仮に、そのプログラミングした商品の需要が高い場合、シェアの独占ができるかもしれません。

美容師

経験を活かすうえで、もっとも多いのは美容関係ではないでしょうか。美容関係のなかでも美容師という仕事は、独立して自分自身で仕事をはじめる人も少なくないです。これまで獲得してきたお客様がいることで、開業時点である程度の集客は見込めるかもしれません。

しかし、経験を活かすということは、働いていた会社が同業他社になってしまうのです。その場合、会社における守秘義務の問題で、アイデアに制限をかけざるをえない状態になる可能性もあります。

4.はじめたい仕事が決まってもあせるべからず!

自分の新しい一歩として独立後の仕事が決まったとしても、いきなり動き出すと失敗するリスクが高まります。リスクを抑えるにはいくつかの大切なことがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

資金

資金には、開業資金や運転資金といわれるものがあります。開業資金は、開業するために必要になってくる備品や仕入れなどの費用です。備品や仕入れなどは、いくらくらい必要なのかをしっかり算出する必要があります。この算出を間違えると、必要なものが購入できないということになりかねません。

運転資金は、開業してから経営が安定するまで支払いが滞らないようにするための資金です。一般的に家賃や光熱費、人件費などに割り当てられることが多いです。開業後は、経営が安定するまで時間がかかるといわれているため、運転資金は大体半年分は準備しておくようにしましょう。

ご自身で準備した資金では足りないときは、国の融資制度などを利用することをおすすめします。銀行の融資は、新規融資に関して厳しいといわれているのでおすすめできません。

仕事のビジョン

仕事をはじめるうえで、とても大切になってくるのが事業計画です。いわゆる仕事のビジョンですが、大切なことは以下の4つになります。

①どんな事業をおこなうのか
②同業他社の調査からおこなうサービス内容
③収益モデル
④予測リスクとその解決方法

この事業計画は、頭のなかで描いていることを文字にして具現化することで現実的になります。さらに、資金の融資をお願いするときには、融資先が事業計画書をもとに判断するため、とても大切な書類ともます。

カードやローンは独立前に

サラリーマンであれば会社に属していることで信頼度が高くなり、新規でのクレジットカードや住宅ローンなどの審査が通りやすいとされています。逆に、独立して個人経営者になると、収入の不安定などが原因で信頼度は一気に下がります。

そのため、独立して仕事をはじめるまえにクレジットカードや住宅ローンなど、審査が厳しくなるまえに手続きを済ませておくことがおすすめです。独立後にクレジットカードの申し込みをおこなって審査に通らなかった場合、経営に影響が出るかもしれません。

問題解決は自分自身で

自分で仕事をはじめたとき、問題が発生することも考えられるでしょう。そういったとき、これまでならば会社の力を借りて解決できていたはずですが、自身が経営者になると自ら問題解決をしなければいけません。

しかし、経営していると壁にぶつかり相談したいと思うこともあるでしょう。そんなときは、同じ業種で成功している経験豊富な先輩にアドバイスをもらうことをおすすめします。

    5.独立は頑張り次第で自分の理想を叶えられる?

5.独立は頑張り次第で自分の理想を叶えられる?

サラリーマンから独立して仕事をはじめると、今まで自分で思い描いていた理想を叶えられるかもしれません。収入や働き方、ライフスタイルなど今までとは違った世界がみえてくる可能性もあります。

頑張り次第で満足できる収入も可能?

自分自身で仕事をはじめることで、頑張れば頑張った分だけ収入を増やすことができます。収入を増やすためには、目標設定をするのが非常に大切です。目標があれば、達成のために仕事を頑張ろうという気持ちが湧き、収入増加へつなげられると考えられています。

働き方は自分自身で決められる

自分で仕事をおこなう場合、経営方針、仕入れ商品など、すべてを自分で決めることができます。さらに、休日は自分や家族にあわせて決めることができるという点も、独立の大きな魅力といえるでしょう。

収入が増えれば自分の時間を増やせる

収入が増えることで、人を雇うことができます。その結果、今まで自分がおこなっていた業務を従業員に任せ、新規開拓など自分の時間を増やすことが可能になります。新規開拓などに使える時間が増えることで、経営にも影響がでてよりよい結果を得られるでしょう。

    6.独立に不安ならリスクを減らせるフランチャイズがおすすめ!

6.独立に不安ならリスクを減らせるフランチャイズがおすすめ!

独立して仕事を自分ではじめる際には、失敗しないための経営ビジョンなどを考える必要があります。しかし、はじめてだと自分の考えていることが正しいのか、わからないことがたくさんあるでしょう。そういった不安を抱えたまま事業をはじめると、失敗のリスクが高くなってしまうこともあります。そのようなリスクを回避するための独立手段として、フランチャイズがあります。

フランチャイズとは、会社のもっている名前や経営ノウハウを提供してもらいながら開業することができるシステムになります。しかし、フランチャイズにはメリットやデメリットがあるので、利用するまえにしっかりと把握しておくことが大切です。

フランチャイズのメリット

フランチャイズで開業するときには、会社の名前や経営ノウハウを提供してもらえるため、成功する可能性がとても高くなります。フランチャイズ展開をしている会社は、誰しも一度は聞いたこともあるような、ブランド力のある会社が多いため集客力が期待できます。

さらに、経営ノウハウは会社が長い年月をかけて蓄積した成功するためのルールになっているのです。ひとりで独立するときには、ルールをゼロから考えなければいけないため、もし間違っているとそのまま方向がずれてしまうリスクがあります。会社から「ノウハウ」というルールを提供してもらうことで、経験がなくても安心して経営をおこなうことができ、成功率をあげることができるのです。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズシステムを利用するときは、加盟金として数百万円必要になることもあります。そのため、フランチャイズで独立をおこなうときは、低資金でおこなうことがむずかしいかもしれません。

さらに、もうひとつの費用面の問題としてロイヤリティがあります。ロイヤリティとは、会社の名前や経営ノウハウを提供してもらう対価として支払うお金です。たとえば売上の10%、または売上に関わらず月額3万円というようにフランチャイズが設定しているのです。

また、経営ノウハウを提供されるということは、ルールが決められています。そのため、自分ではこういったデザインにしたい、こんな商品を提供したいと考えていても、会社のルールに従う必要があります。会社のルールに沿った運営をしなければならないため、自分流の経営はむずかしくなるのです。

フランチャイズなら仕事の選択肢が広がる

フランチャイズシステムを導入している会社は、たくさんあります。たとえば、飲食業、教育事業、小売業など多種多様な仕事があることで、選択肢の幅がとても広くなります。では、フランチャイズを提供している会社には、具体的にどんなものがあるのでしょうか。

ほっかほっか亭
創業43年の、お持ち帰りができるお弁当屋さんです。ほっかほっか亭のフランチャイズを利用するときには、3つの契約タイプから選択することができます。さらに、開業前から開業後までしっかりとしたサポートが受けることができるため、未経験でも安心して開業することができます。

個別指導塾トライプラス
教育事業というのは、少子化のなかでも順調に成長している業種のひとつです。個別指導塾トライプラスは、テレビCMでもお馴染みの進学塾です。圧倒的な知名度とサポート体制で独立希望者をサポートしてくれる会社になっています。

買取ビジネス開業サポート 宝の蔵
宝の蔵は、買取ビジネスをおこなっている会社です。近年、自宅の不用品は捨てるのではなく、リサイクル店にもっていき現金に変えるというかたが増えています。そのため、買取ビジネスというのはとても需要の高い仕事となっています。今後のさらなる拡大が見込めるため、買取ビジネスで独立している方も多いようです。

    アイデアやネットビジネスで勝負!自己資金ゼロでもはじめられるビジネス

7.まとめ

これから独立して仕事をしたいとお考えの方は、失敗のリスクを減らすことが大切です。そのためには、仕事選びをするとき、低資金で場所を選ばず、人件費を必要としないということがポイントになります。

人によっては、これまでの経験を活かしたいと考える方もいるはずです。経験を活かすことで成功率はあがるかもしれませんが、過去の経験が固定観念として新たなアイデアが浮かばないといったこともあるので注意してください。

ひとりで独立して仕事をはじめるとき、どうしても不安が残ってしまう方はフランチャイズシステムを利用することをおすすめします。フランチャイズなら経営ノウハウを提供してもらいながら事業を運営することができるため、失敗するリスクを減らすことができるでしょう。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...