お役立ち情報コラム

ストレッチ専門店を開業!必要な申請やフランチャイズ情報をご紹介!

最終更新日:2019年8月28日

独立開業人気ランキング公開中!

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。
いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。

17ab6069026b0811892880a3586de156_s

これから脱サラや開業を考えている人には、ストレッチを専門店がおすすめです。この業態を皆様におすすめする理由は、ストレッチを専門としたサロンやジムは新しいビジネスとして注目を集めているからです。

今回は、ストレッチ専門店を開業するための準備や成功するために必要な情報をまとめていきます。また、より成功しやすくするために、フランチャイズ契約についてもご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。本記事を見ることで、個人で経営するよりも有利に開業ができるかもしれません。

ストレッチ専門店のフランチャイズの詳細は、以下のページでご覧いただけます。
ストレッチアップ

ストレッチで開業するための手続きや資格

ストレッチ専門店は開業するために特別な資格を取得する必要がないので、開業しやすいです。ただし、新規事業を立ち上げるに必要な申請があります。

・ストレッチ専門店を開業するために必要な申請

個人で事業を始めるときには、開業届の提出が義務付けられています。開業届とは、事業を立ち上げた際に、税務署へ提出する届け出のことです。開業届の提出期限は開業日から1か月以内なので、なるべく早く提出しましょう。

開業届の書類は、国税庁のホームページからダウンロードできます。書類を記入したら、最寄りの税務署へ提出しましょう。基本は税務署長への提出になりますが、土日や祝日は受付ができないため、税務署の収受箱へ入れておきます。

・必要はないけど取っておきたい資格

ストレッチ専門店を開業する場合は、とくに必要な資格はありません。しかし、事業主自身が顧客に教える場合は、インストラクターに関係する資格を取っておくといいでしょう。

インストラクターの仕事に役立つ資格には、パーソナルトレーナーがあります。パーソナルトレーナーは、高卒以上でAEDなどの機械の取り扱いができれば取得できるので、簡単に挑戦できる資格です。

パーソナルトレーナーの資格を取る際は養成学校に通う、という方法もあります。コースによっては、入学から半年以内に資格取得が目指せます。逆に独学で取得される方もいらっしゃるので、自分にあった方法で資格取得を目指せるでしょう。

ここまで、ストレッチ専門店を開業するために必要な手続きや取っておけば役立つ資格について解説してきました。ここからは、ストレッチ専門店をおすすめできる理由を解説していきます。

ストレッチ専門店はまだまだ成功しやすい業界

成功のイメージ
ストレッチ業界が成功しやすいと言われているの「競合性」「市場性」「ビジネス性」に分けたは3つの理由があります。早速詳しい理由を見ていきましょう。

理由1:競合の少ないブルーオーシャン事業

ブルーオーシャン事業とは、競争率の少ない市場で事業をさします。競争率の少ない市場では商売敵になる店も少ないため、得られる利益も大きいのです。顧客が求めるものにマッチしたサービスを提供することで、より大きな利益が期待できます。

理由2:ストレッチ業界が成長拡大中

現在では、健康や美容のためにストレッチを始める人も増えてきています。その傾向に合わせて、ストレッチ事業を起こす人も増えているのです。まだ成長拡大の最中にあり、需要が多くなっているストレッチ業界なので、ほかの業界よりも顧客が付きやすいといえます。

理由3:初期投資が少ないので始めやすい

マンションや自宅の一室でも始められるため、店舗を丸ごと借りる必要がありません。また余分な在庫を抱える必要もありません。ストレッチ専門店は、最低限の機材と人件費で始められるビジネスという側面も持っています。

・フランチャイズで開業することも可能

フランチャイズとは、本部である企業の加盟店として開業することで、本部の商品やサービスなどを提供できる契約をさします。加盟店から本部へお金を出すことによって、さまざまな恩恵が得られるため、フランチャイズは開業への近道ともいえます。フランチャイズについて詳しいことは、後ほどご説明します。

開業したらどう集客すればいいのか

ストレッチ専門店を開業しても、知名度がなければお客様が集まらないのでは……と心配に感じる人もいるでしょう。そこで、以下では開業後に集客する方法についてご紹介します。

・SNSやブログを使って集客する

いちばん手軽なのは、SNSやブログから宣伝をするという方法です。SNSはインターネット上で強い拡散力があるので、多くの人の目に留まる効果が期待できます。

また、個人ブログを更新している人ならば、ブログから宣伝することで読者に見てもらうこともできるでしょう。SNSやブログはスマートフォンやパソコンから始められるため、ローコストで効率的に宣伝できます。

・HPを作って集客する

企業のホームページを作成して、集客するという手段もあります。ホームページでは、施設の写真やサービス内容、営業時間などの詳細な情報を記載できるのです。そのため、顧客側が事業所を知るために効果的な方法といえます。また、HPのリンクを作成しておけば、SNSなどを活用して拡散させることもできるでしょう。

・チラシを作って集客する

開業情報をチラシにすることでも、集客は期待できます。雑誌の折り込みや、広告として発行することで、インターネット外の顧客の目に留まることがあるのです。

SNSやHPだと、開設当初は知名度が低いため、ストレッチジムを探している人の目に留まらないこともあります。そのため、紙媒体で宣伝することで、店舗周辺に住む顧客へアピールできるでしょう。

ストレッチの専門店をフランチャイズで開業!そのメリットとは

ストレッチ開業をするなら、フランチャイズで始めるのもおすすめできます。独自で開業するよりも、本部である企業の加盟店になるほうが、さまざまなメリットがあるのです。

・研修などで専門的な知識や経営について教えてもらえる

フランチャイズでは、加盟金を払うことで本部からサポートが受けられます。とくに、本部がもっている専門知識や、経営の戦略についても教えてもらえるのです。そのため、経営でつまずくリスクも少ないといえるでしょう。

・自分に専門的な知識がなくても開業することも可能

事業主に知識や経験がなくても、実務経験のあるスタッフを雇うことで開業できます。実務のほうをスタッフに任せることで、事業主は経営に集中できるのです。

まとめ

ストレッチの開業は、無資格者や未経験者でも始められます。なぜなら、事業主が無資格でも、実務経験のあるスタッフを雇用することで開業できるのです。ただし、開業した事業主には、税務署へ開業届を提出する義務が生じます。開業届は、開業してから1か月以内が期限なので、早めに提出しておくといいでしょう。

近年では美容や健康を求めて、ジムへ通う人も増えているので、ストレッチジムの需要は高くなっています。また、ストレッチジムは自宅の一室や事務所の中でも始められるため、初期費用が少なく済むメリットがあるのです。そのため、ストレッチ開業をしたジムが成功しやすい傾向は高いといえます。

また、開業に不安がある場合は、企業とフランチャイズ契約を結び、加盟店になるという方法もあります。フランチャイズとは、元締めの企業に加盟金を支払うことで、経営の知識や、知名度のあるブランドを得ることができる契約です。企業から経営のためのサポートを受けられるため、独自で経営するよりも失敗のリスクが少ないといえるでしょう。

・フランチャイズの窓口で紹介できるストレッチのフランチャイズ

弊社のフランチャイズの窓口では、加盟できるストレッチのフランチャイズをご紹介させていただくことができます。また、フランチャイズの窓口から、独立アドバイザーからのアドバイスを受けることもできるのです。そのため、フランチャイズで開業をお考えなら、ぜひ資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

ストレッチ専門店のフランチャイズの詳細は、以下のページでご覧いただけます。
ストレッチアップ

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5評価, 平均評価: 4.60 )
Loading...
  • フランチャイズ比較カタログを無料配布中
  • フランチャイズ独立アドバイザー
  • 厳選!人気FCランキング
  • フランチャイズ開業いろは
  • フランチャイズセミナーツアー
  • フランチャイズの窓口に広告掲載ご希望の方はこちら
  • 融資の窓口に広告掲載ご希望の方はこちら
  • 「フランチャイズの窓口 × 融資の窓口」自社事業を全国展開しませんか?
  • Kensei共生.net
  • 個別指導 Wam
  • おそうじ本舗
  • ローソンLP
注目のフランチャイズ
おそうじ本舗
  • ■業種:リペア・便利屋 , 便利屋 , リペア・修理屋 , ハウスクリーニング , その他
  • ■開業資金:自己資金50万円~
  • 店舗数は業界NO.1の1,407店舗!(2018年10月現在)
トータルリペア
  • ■業種:リペア・便利屋 , リペア・修理屋
  • ■開業資金:ご希望のリペア技術による
  • 様々なリペアを手掛けてきたトータルリペア日本本部が、 今後の市場性と成長性・そして収益性を基に、 「総合リペア」という新しいブランドを立ち上げました!
内職市場
  • ■業種:その他
  • ■開業資金:380万円~
  • ★人材不足なんてどこ吹く風!労働者不足社会で再び見直される内職事業の魅力!★
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム
  • 公式twitter
  • 公式LINE
  • SSL GMOグローバルサインのサイトシール

    本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

  • ランキング公開中
  • 低資金開業ビジネス