フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

スモールビジネスを起業する前に知っておきたいメリットと成功のポイント8つ

最終更新日:2017年12月1日

Dollarphotoclub_101077621

「起業をしたいけれど、多くの資金を投入して失敗するリスクが怖い…」という方は、スモールビジネスでの起業を検討してみてはいかがでしょう。スモールビジネスは小資金、少人数(1人〜)から始められるので、無理せず起業できます。

そこで本記事では、スモールビジネスで開業するメリットと、成功するポイント、成功させるための戦略をまとめました。スモールビジネスで始めるのもひとつの手段ですので、起業や副業に興味がある方はぜひご覧ください。

スモールビジネスとは?

スモールビジネスは、ベンチャー企業や優良な中小企業を指す言葉で、少人数(1人〜)での起業を指します。明確な定義があるわけではなく区切りが曖昧な部分もありますが、フリーランスやノマドワーカーなど一人で始めるビジネス、または少人数での起業を指して使われる言葉です。

スモールビジネスのメリット

スモールビジネスの規模に定義はありませんが、一人で起業する場合、小資金で自分のやりたいビジネスを始められるのが大きなメリットです。フリーランサー、アフィリエイター、ブロガー、コンサルタントといった職種、またはフランチャイズで起業する方法もあります。

インターネット技術の発展した現在、在宅でできるビジネスが増えてきていて、スモールビジネスで起業しやすい状況にあるといえるでしょう。

自宅で起業できるのもスモールビジネスのメリットです。事務所の賃貸料がかかりませんし、ネットビジネスならパソコンがあれば起業できるので小資金で開業できます。フランチャイズで開業する場合、自宅開業が可能なビジネスを選べば少資金での開業も可能です。

ネットビジネス関連のフランチャイズもありますし、ハウスクリーニング、結婚相談所など無店舗で開業できるフランチャイズもあります。無店舗型のフランチャイズなら資金を抑えて起業することができるので、リスクを抑えて開業したい方に向いているでしょう。

また、スモールビジネスは時間が自由に使えるというのも大きなメリットです。一人で起業するなら仕事時間は自分で自由に決められるので、時間に縛られない働き方ができます。

自分の頑張り次第で売上を伸ばすことができ、成果がダイレクトに自分に還ってくるのがやりがいといえるでしょう。仕事が得られないと収入がなくなるリスクがありますが、頑張った分だけ収入になるのはスモールビジネスの大きな魅力です。

スモールビジネスを成功させるポイント

1:ニッチな領域を攻める

ニッチな領域

スモールビジネスを成功させるポイントは、大手企業が手を出しにくいニッチな領域にあります。何十億円の市場を狙う大手企業と違い、スモールビジネスでは家族を養えるだけの収入があればいいわけですから、わざわざ大手企業と競争する必要はありません。

ニッチなビジネスは需要は多くないものの、一定の需要があれば充分ビジネスとして成り立ちます。大手企業が狙わないニッチなビジネスなら競争率が高くないですし、新規で参入しやすいニッチなビジネスは探せば見つかるでしょう。

たとえばアフィリエイトの場合、ビッグキーワードを狙うだけでなく、複合キーワードを狙ってニッチな需要を集めるのも有効な手段です。大手サイトが独占しているビッグキーワードで上位表示を獲得するのはハードルが高いですが、大手が狙わないニッチなキーワードなら上位表示は難しくありません。

2:リピーターを獲得しやすいビジネス

スモールビジネスで継続して収入を得るには、まずリピーターを獲得することです。起業する前にリピート性が高いビジネスであるかどうかを調査する必要があり、その分野で優位性を築くことができればビジネスを安定させることができます。

反対に、リピート性が低いビジネスだと継続して収益を得るのは難しくなるでしょう。一時の流行りに乗るだけのビジネスでは継続性が期待できないので、常に一定の需要があるかどうかはスモールビジネスを成功させる上で非常な重要なポイントとなります。

3:元手が少ないて済むビジネスを選ぶ

起業は初期費用が多くなるほど回収する時間がかかり、リスクも大きくなります。元手がかからないビジネスを選ぶのは、スモールビジネスを成功させるひとつの戦略です。

スモールビジネス自体が小さく始めるビジネスを指す言葉ですので、元手を多くかけるとそれはもう通常の起業と変わりません。小規模な起業から収益を高めていくのがスモールビジネスの肝となるので、元手が少なくて済むビジネスを考えてみましょう。

仮にスモールビジネスが失敗したとしても、少資金で起業したなら赤字を抱えるリスクを最小限に抑えられます。ビジネスはやってみないと成功するかわからないですし、いくつも試してその中からうまくいった事業を伸ばすのもひとつの手です。

先にも解説したように、元手のかけずにスモールビジネスを始めるならネットビジネスが適しています。アフィリエイトなどパソコンさえあればできるビジネスもありますので、元手がほとんどなくても開業することはできるでしょう。

4:利益率の高いビジネスを選ぶ

100円ショップのような物量がものをいう薄利多売の商売は、スモールビジネスには向いていません。利益率が高いビジネスを選ぶことにより、少ない投資でも大きな利益を得ることができます。

利益率の高いビジネスとは、いわばコストが少なくて済むビジネスです。元手がかからないビジネスと共通する部分がありますが、こちらは仕入原価に対してどれだけ粗利益を得られるかということになります。

【利益率の計算式】
利益 ÷ 価格 × 100(%)=利益率

たとえば、1,000円で仕入れたものを1,200円で売った場合の利益率は20%です。これが1,000円で仕入れたものを2,000円で売れば利益率は50%になります。

その価格で購入してくれるお客さんがいることが前提ですが、利益率が高くなるほど効率よく稼げるのは明らかですよね。利益率を上げるには仕入れコストを下げるか、売値を上げるかのどちらかになりますが、価値以上に値段を上げて売るのは難しいので、仕入れコストを下げるほうが現実的でしょう。

ただし、利益はランニングコストも込みで考えなければなりません。いくら利益率が高くても、家賃や光熱費などのランニングコストが多くかかってしまうと実際に得られる利益が少なくなります。

5:状況に応じて柔軟にビジネスを変える

スモールビジネスのよいところは柔軟性にあります。実際にビジネスを始めてみてうまくいかなくても、状況に応じて柔軟に変えていけばいいのです。

ビジネスにはこだわりも必要ですが、最初に決めた方向性に固執しすぎるのもよくありません。うまくいかないことを続けていても収益化が期待できないですので、変えてはいけない部分以外は思い切って変えてみたほうが好転するかもしれませんよ。

たとえば、携帯キャリアの大手であるソフトバンクは、もともとはパソコン用パッケージソフトの流通事業を行っていた会社でした。今ではドコモと並ぶ大手携帯電話キャリアにまで成長し、大成功を収めています。

もし今も最初の事業を続けていたら、ここまで成長していなかったかもしれませんよね。ビジネスで成功するには時代の流れに柔軟に合わせることが大事で、時には最初の事業形態から大きく変えてみることも必要です。

スモールビジネスはそうした柔軟な変更がしやすいのがメリットであるので、その特性を活かさない手はありません。

6:撤退基準を決めておく

柔軟にビジネスを変更することも大事ですし、撤退基準を決めておくことも必要です。計画したとおりに事業が進まず、投資を繰り返して赤字が膨らんでいくと取り返しがつかなくなります。

スモールビジネスは小さく始めて成功することが目的であるのに、次のビジネスができなくなるほど負債を抱えてしまうのはよくありません。撤退基準を決めておくことにより、そうした致命的な事態を防ぐことができます。

もし事業がうまくいかず、撤退基準を下回ってしまった場合は潔くやめるか、もしくは事業の方向性を考え直したほうがよいでしょう。チャンスは一度きりではないので、スモールビジネスで一回失敗したとしても、また仕切り直してチャレンジすればいいのです。

次につなげるためにも撤退基準を設けておくことをおすすめします。

7:Webサービスやアウトソーシングを活用する

一人、または少人数でスモールビジネスを始める際、人手が足りなくなることがあります。通勤してもらえる範囲内で優秀な人材が見つかればいいですが、なかなか見つからないこともありますよね。特に中小企業ではどこも人材不足に悩んでいます。

そういったときは、Webサービスやアウトソーシングを活用してみましょう。たとえば、クラウドで利用できるPOSレジサービスを利用してみるとか、クラウド勤怠管理システムを導入してみるとか、いろいろ方法はあります。

アウトソーシングに関しても、いまはクラウドソーシングで手軽に依頼ができ、条件次第では優秀な人材を見つけられるでしょう。従業員を一人雇用するより、それぞれの得意分野を持つ複数の人にアウトソーシングをするほうが安くつくこともあります。

スモールビジネスでは少ない人材でいかに収益を上げるかがひとつの肝になるので、クラウドで利用できるWebサービスやアウトソーシングは人材不足の悩みを抱える小企業にこそぜひ活用してください。

8:副業から始めてみる

ビジネスに「絶対」はありませんので、リスクを抑えながら起業したい方は、副業から始めてみましょう。ビジネスの流れができたタイミングで本業に切り替えればいいですし、もしうまくいかなくても本業があるので収入が途絶えることはありません。

フランチャイズの中には副業スタートできるものもあります。いろいろ副業を試してみて、自分に合ったビジネスを見つけるのも手です。週末だけ起業したり、在宅で起業したり、副業から始めてみることも考えてみてください。

開業資金ゼロ円のフランチャイズで開業

スモールビジネスは無理をしないのも大事なポイントです。リスクを抑えるには小資金で開業する、または開業資金ゼロ円のフランチャイズで開業するという選択肢もあります。

開業資金ゼロ円のフランチャイズは、以下のリンクからお探しいただけるので、スモールビジネスで起業を考えておられる方はぜひご覧ください。
開業資金ゼロ円のフランチャイズはこちら

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...