フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

ラーメン屋の開業で失敗しないために!失敗から対策法を学ぼう!

最終更新日:2018年12月20日

FC・ラーメン屋の開業で失敗しないために!失敗から対策法を学ぼう!

趣味のラーメンの食べ歩きが高じてラーメン店を開業した、という話をよく聞きませんか?テレビで取材されている話題のお店の中にも、そういったお店はよくあるようです。じっさいラーメン業界では、つぎつぎに新しいお店がオープンしています。

しかし、現在のラーメン業界ではつぎつぎ新店舗がオープンする一方、ラーメン屋の開業に失敗して閉店していく店舗もまた多いようです。今回の記事では、ラーメン屋の開業にかんする失敗例を検証してみました。失敗は成功の母、ラーメン屋を開業したときの失敗の原因を探って、対策をたてましょう。

1.失敗1:資金計画不足

ラーメン屋の開業の失敗の原因として最初にあげられるのは、資金計画不足です。ひとくちに資金計画といっても内容は多岐にわたります。ラーメン屋の開業のときに、資金の計画をたてるのはあたりまえ、とみなさんそう考えるでしょう。

しかし、資金計画の中に見落としている事項はありませんか?計画していて、最初に考えるのが開業資金でしょう。店舗を用意したり、厨房を整えたり、だれしも開業のときは
気分があがります。最初から失敗を考えて開業する人はいませんので、「せっかく自分の店を持つのだから……」「このくらいの支出は売上げがあれば、すぐにとりかえせる」と開業にかける出費はふくらむ傾向にあるようです。

そこは冷静になって最初はむしろ資金に余裕をもっておきましょう。ラーメン屋が軌道にのって売り上げが伸びれば、あとからいくらでも店舗にお金はかけられます。経営が軌道にのったら、店舗を大きくするくらいの気持ちで開業資金は見積もりましょう。

開業にかかる資金だけでなく提供するラーメンの原価や売値も大切です。ラーメンの麺・具材の仕入れ・スープの仕込みに使う材料にいくらかかる、といった提供する商品の原価をきちんと調べておいてください。そのあと利益分を上乗せして提供するラーメンの値段を決めます。

そのうえで、毎月の収支がいくらくらいになるのか計画を立てます。収支計画は細かく、できるだけ厳しく見積もりましょう。最初から繁盛する店は、残念ながらそれほど多くはありません。そこで大事になってくるのが運転資金です。

運転資金はじっさいにラーメン屋を経営し続けるのに必要な資金です。最初からお店が繁盛すればよいのですが、経営にはよいときも悪いときもあります。万が一赤字が続いても大丈夫なように、運転資金は約6か月ぶんほど準備するのがよいといわれています。

   失敗1:資金計画不足

2.失敗2:店舗計画不足

ラーメン屋を開業して失敗する人の中には、店舗の計画不足を失敗の原因としてあげる人もいます。その対策として、どのようなお店にしたいのかというお店のコンセプトとターゲットとなる客層を決めましょう。この2点は店の土台となるものです。

コンセプトとは、たとえば安くておいしいラーメン店をめざすのか、素材から厳選した高級志向のお店にするのかというような、お店の方向性についてのことです。ターゲットとはお店に来る客層のことで、サラリーマンの来店を想定するのとファミリー層をターゲットにするのでは、お店の立地からして違ってくることでしょう。

この2点を最初にきちんと決定して、店舗の立地・メニュー・サービスを考えていきましょう。サラリーマン対象ならカウンター席を多めに、ファミリー層なら広めの店舗でテーブル席がよい……というようにコンセプトとターゲットがはっきりしてくれば、店舗のイメージもしやすくなりますね。

3.失敗3:集客力不足

もうひとつラーメン屋開業に失敗する原因としてよくあげられるのが、集客力不足です。いくら自分の納得のいくラーメンを提供しても、客が来店し売上げがなければ店を続けていくことはできません。世間にはたくさんのラーメン店があります。効果的な集客をしなければ、多くのラーメン屋の中に埋もれていってしまうのです。

そこで、ほとんどのラーメン屋ではオープン時に宣伝のために広告を出します。オープン時にチラシを手配りするのはよくある方法です。店主が配れば人件費もかからないと考える人も多いようです。

しかし、ただチラシを配っても読んでくれる人はあまりいません。そればかりか、せっかく配ったチラシもすぐにゴミとして路上に捨てられて、かえって近隣の迷惑になってしまったというケースもあるようです。

そういった事態をさけるためにも、集客のための宣伝はオープン前から計画をたてておこないましょう。チラシを配るだけが宣伝とは限りません。店舗に設置する看板を目につきやすいようにすることも宣伝の一種です。そのほか、思わず食べたくなるような食品サンプルの展示など、繁盛しているお店を参考に工夫をしましょう。

   失敗3:集客力不足

4.事前計画やノウハウは非常に大切!ラーメン屋成功のコツ

ラーメン屋の開業にさいしては、事前計画書をきちんとたてましょう。事前計画書は、開業資金の融資を受けるならとくに重要になってきます。どこで融資を受けるにしても計画書がきちんとしていなければ、融資を受けることは難しいでしょう。

事前計画書は今後の経営の土台となるものでもあります。どんな店にしたいのかのコンセプトや収支・売上高の予測をきちんと計算してたてましょう。その計画書が資金の調達先を納得させられるものであれば、融資もスムーズに受けられるでしょう。

ラーメン屋の開業を失敗しないためには、そのときどきのニーズやブームに敏感になっておくことも必要です。ラーメン業界にも、はやりすたりがあります。一過性のブームで終わる商品も多いといえるでしょう。

たとえば、高級志向のラーメンのブームが去ったあとに、高級ラーメンを販売しても売れるとは考えられません。ラーメン屋の経営では、つねに世の中の動きにアンテナをはって、そのときに求められている商品を提供していくことが大切です。

このようにみていくと、ラーメン屋を開業するといっても事前にさまざまな計画や準備が必要だということがわかります。自分ひとりでできるのか不安になる人もいるでしょう。そういう人はフランチャイズを検討してみるのもよいかもしれません。

5.まとめ

ラーメン業界では、つぎつぎと新店舗がオープンしては消えていくことが多いようです。ラーメン屋開業で失敗しないために、事前の計画はしっかりたてる必要があります。資金計画は、開店資金だけでなく、半年はお店を続けられるだけの運転資金を見積もっておくことが大切です。

どんなお店を開業したいかという店舗計画は、ターゲットとなる客層を具体的にイメージすることで決まりやすくなります。ターゲットを明確にして事業計画はたてましょう。ラーメン屋の開業では、集客力不足で失敗する店舗も多いようです。広告をやみくもにうっても、集客はのぞめません。できるだけ、コストのかからない方法を考え、宣伝も工夫しましょう。

ラーメン屋の開業には、注意するべき点がさまざまあります。もし、ひとりですべての計画をたて、問題を解決することが難しい場合には、フランチャイズを検討してみるのもおすすめです。フランチャイズには、ラーメン屋の開業を成功に導くための経営のノウハウがあります。ラーメン屋を開業したいけれど、不安があるという人は相談してみるのもひとつの手です。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...