フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

融資と日本政策金融公庫のお話
【第28話】公庫から2回目の融資を受ける際のポイントは?

最終更新日:2016年12月14日

【第28話】公庫から2回目の融資を行う際のポイントは_イメージ
太郎さん
太郎さん
公庫から2回目の融資を受ける際のポイントを教えて下さい!
田原先生
田原先生
公庫では、2回目の融資は、1回目の融資に比べ提出書類が少なく、かつ、借りられるまでの時間が短くなります。
早い方だと1週間から2週間で融資を受けられることもあります。
太郎さん
太郎さん
2回目の場合、そんなに早く借りることができるんですね!
田原先生
田原先生
早く借りられるケースが多いですね。
しかし、ここからがポイントなのですが、公庫では、借りたお金を完済してから3年経過した後にデータが消去されてしまいます。データが消去されてしまうと、2回目の融資であっても、初回の融資と同様の手続きが必要になりますので、2回目の融資を受けるのであれば、借りたお金を完済してから3年以内がオススメです!
太郎さん
太郎さん
そうなんですね!
公庫で2回目の融資を受けるなら、完済してから、3年以内にお願いしようと思います。
1回目の融資を、まだ返していない状態で融資を受けることもできるんですか?
田原先生
田原先生
全額返済していなくても追加融資は可能ですよ。
目安として、借りたお金の30%程度返済していると、追加で借りやすいですね。
20%程度返済が終了しているだけでも借りられることもありますが。

儲かっている場合には、とても借りやすいので問題ないと思いますが、利益がギリギリ出ている会社や、大赤字の会社では、追加融資を受けられるかどうか変わってきます。
利益がギリギリ出ている会社であれば、何に使うかを明確にすることで、追加融資を受けられる可能性があります。ギリギリ赤字の企業であっても今後の計画をしっかり伝えることで借りられる可能性はあります。
大赤字の場合には、追加融資は少し厳しいでしょう。将来的に儲かるビジョンを伝えることができればまだ借りられるケースもあるかも知れませんが、面談の担当者に将来性を伝えることが出来なければ、融資は受けられないでしょう。

太郎さん
太郎さん
ある程度利益が出ていれば、20%から30%程度返済が終了しているだけで、追加融資を受けられる可能性があるのですね!
田原先生
田原先生
その通りです。
融資を受けて、1店舗目を出店し、実績を出した方が、1年半経過後に、追加融資を受けて2店舗目を出店する方もいましたよ!
また、1店舗目の融資で、700万円借りた方が、2店舗目では、1,000万円を借りることが出来た事例もありますので、実績を作ることができれば、2回目の融資では、多くのお金を借りられるケースがあることを覚えておいてくださいね。
太郎さん
太郎さん
借りてから1年半程度返済が終わっていれば追加で融資を受けられる可能性もあるのですね!いつ頃、追加融資を受けられるかの目安がわかれば、2店舗目以降出店するための目安が出来て良いですね!
ちなみに話は変わってしまうのですが、お金を借りる際に、団体信用生命保険の加入を進められたのですが、団体信用生命保険って何でしょうか?
田原先生
田原先生
団体信用生命保険については、第29話でご紹介しますね。

(第29話へつづく)

フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...