フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

塾を開業すると年収はどれくらいになるのか。気になる費用を解説します

最終更新日:2019年4月23日

塾を開業すると年収はどれくらいになるのか。気になる費用を解説します

今の時代、塾に通っているかたのほうが多いのではないでしょうか。塾の人気も高まり、開校するかたも増えています。しかし、実際のところ、塾を開校したらどれくらいの年収があるのか知らないかたが多いのではないでしょうか。年収がいくらか知らないと、資金不足にも悩まされてしまうかもしれません。

そこで、今回は塾を開業すると年収はどれくらいになるのかということを詳しくご紹介します。

塾の指導方法で変わる利益

塾を開業するときには、指導方法にも悩むのではないでしょうか。実際、街中の塾をみてみても、塾によってさまざまな指導方法にわかれているかと思います。指導方法が違えば、塾を開業した後年収に差がでてくるのです。

今の塾のトレンドは、個別指導塾です。少子化の現代では、子供一人一人に対しての教育の時間が増えています。そのため、しっかりと教育してくれる個別指導塾が人気となっているのです。

個別指導塾だと、生徒一人に対しての指導の時間も増えます。丁寧に教え、生徒にあわせた指導となると時間もかかります。一人の生徒に対して、一人の先生となると人件費もかさんでしまい、結果的に利益がえられなくなることも少なくありません。

また、生徒が増える分だけ場所の確保も必要になります。個別指導だと、一人の生徒に対して一つの部屋という風に区切られていることが多いです。そういった配慮があるからこそ、しっかりとした教育ができているのです。場所の確保ができないと、生徒も増やすことができません。そうなると、結果として収入が増えなくなってしまうのです。

    塾の指導方法で変わる利益

塾の開業は軌道に乗るまでが大変

塾を成功させるためには、生徒を集めないといけません。生徒を集めるためには、しっかりとした集客方法が必要となるのです。

そのためには、チラシやHPづくりに力を入れることが重要になってきます。わかりにくいチラシやHPだと、せっかく保護者の目に留まってもなんの魅力も感じてもらえないかもしれません。チラシやHPを時間をかけてつくっても、生徒が集まらないといった自体がおこるのです。

また、塾に通ってもらう生徒がある程度集まってきたら、そこから宣伝してもらうのも大切です。親同士の口コミが徐々に広がり、集客率につながります。

しかし、子供がいくらあそこに通いたいと思っても、親が「うちの子供を任せられる」と思わないと、集客にはつながらないので注意が必要です。それだけでなく、悪い口コミはあっという間に広がり、結果的に生徒の数は減るおそれがあります。

そうならないためにも、しっかりと生徒一人一人に対応する必要があるのです。生徒が通いたいと思わなければ、塾も軌道にのることはありません。

塾を開業しても年収が減るだけでなく、赤字になり閉校に追い込まれてしまうおそれがあるのです。

    塾の開業は軌道に乗るまでが大変

塾の開業して年収をあげるためには

せっかく塾を開業したのなら、成功させて長く開校したいものです。長く開校するだけ、塾の利益もあがります。また、塾を開業して年収もあげたいと思うのではないでしょうか。

しかし、塾を開業してもすぐに軌道にのるわけではありません。もしかしたら、会社に勤めていたときよりも年収が少なくなることも考えられます。塾は、さまざまな種類が開校しているため、競争率も高く、生徒が選ぶ時代です。

個人で塾を開業しても、すぐに閉校に追い込まれてしまうのではといった不安があるなら、フランチャイズで開業するのも一つの方法です。フランチャイズで開業すると、一定の金額を支払うかわりに、塾のノウハウや経営まで学ぶことができます。

なんといっても、フランチャイズで開業できる塾には聞いたことがあるような有名な塾も多数あります。そういったブランド力があることで、生徒の集客率も上げることができるのです。それだけなく、フランチャイズ本部にはチラシやHP作りに特化しているかたがいるところもあります。そういった本部の力を借りることで、塾の開業を成功させやすくなっているのかもしれません。

詳しくは過去コラム「個別指導塾の開業が人気!なぜ成功率が高いのか詳しく解説 」に記載していますので、あわせてご覧ください。

塾の開業!年収はなにで変わるのか

塾を開業したら年収は実際、いくら稼ぐことができるのでしょうか。塾の収益は、通ってもらう生徒の月謝で決まります。

例えば、月謝が2万円だった場合どれくらいの収益があるのでしょうか。生徒10名の場合「2×10=20」と計算すると20万円の利益になります。生徒の数が多くなるほど、この収入が増えることになります。

しかし、月謝=年収というわけではありません。そこから、光熱費や備品などを引き、さらに講師を雇っているなら給料も支払う必要があるのです。

そのため、平均年収は500万円という実績がでていますが、1年で生徒が少ないと100万円以下になるおそれもあるのです。塾は開業したときから順調に指導できることは少ないといわれています。

その理由の一つが、塾を通わせるタイミングです。塾は一度通ったら、区切りがつかないとなかなか塾を変えるという考えにはならないことも多いようです。そのため、塾の切り替えのタイミングは1年に1度といわれているのです。そうなると生徒が集まるまで、時間がかかることもあります。

また、実際に塾に通ってから生徒の実績がでるまでにも、時間がかかります。開校してすぐに生徒が集まればいいですが、実績がないと通わせる保護者にも不安が残り、口コミも広がらないこともあります。生徒が集まらなければ、塾としての収益が得られません。塾を開業して年収を安定させるためには、集客に力を入れる必要があるのではないでしょうか。

    algebra-1238600_640

まとめ

資格がいらない塾は開業しやすく、人気となっています。しかし、塾を開業するときにどうしても気になってくるのが、年収です。塾を開業したら年収はいくらぐらいなのかということを知らないと、開業資金や備品の節約につながらないかもしれません。

資金を多めに用意しておかないと実際に塾を開業したときに、費用がたらなくなってしまうおそれがあります。そうならないためにも、塾の開業はしっかりとした知識が必要になるのです。

ノウハウや知識に不安があるなら、フランチャイズで開業するのも一つの方法です。フランチャイズで開業すると、ノウハウを学ぶことができます。ブランド力がある塾が多いので、生徒の集客率も心配する必要が少なくなるのです。塾の開業で不安があるなら、まずはフランチャイズで開業することからはじめみてはいかがでしょうか。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...