フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

マネーの虎の神回として知られる家具職人のその後と成功から学ぶこと

最終更新日:2016年12月9日

Dollarphotoclub_86366036

2001年から2004年まで放送されていた人気番組「マネーの虎」にて、今もなお神回として語り継がれる放送回があります。
それは、「高級ハンドメイド家具を手頃な価格で買えるお店」のオープンのために志願した家具職人の回です。
マネー成立からお店のオープンまで、凝縮して内容を解説したいと思います。
事業を成功させる上で、非常に大事なことが学べる回です。

マネー成立までその1:社長たちに気に入られる家具職人

家具職人の菊野 慶吾さん(当時26歳)は、「高級ハンドメイド家具を手頃な価格で買えるお店」を作るためにマネーの虎に志願しました。
菊野さんはカフェスタイルのお店に、自分が作った高級家具を低価格で売るというプランを持っており、家具の写真を社長たちに見てもらいます。
すると、いきなり堀之内九一郎社長(株式会社生活創庫の元代表取締役)が投資を申し出ます。
口下手ながら好感が持てる人柄で、他の社長たちももっと話を聞きたいと興味を示します。

実際に菊野さんが作った家具を見てもらうことになり、体に害がない100%植物性塗料を舐めて安全性をアピールするなど、社長たちはますます惹きつけられていきます。
実業家の貞廣一鑑社長も投資をしたいと申し出、堀之内社長と一緒に出したいと提案しますが、堀之内社長は一人で出したいとその提案を断ります。
共同出資の線は難しいものの、投資を申し出る社長が2人もいるのでマネー成立なるかと思われましたが、実は菊野さんにはまだ社長たちに話していないことがありました。
それは…。

マネー成立までその2:1億円の借金を抱えていることを告白

菊野さんの父が保証人の負債で1億円を抱えており、菊野さんはその借金を返すつもりであることを告白します。
菊野さんが保証人になっているわけではないですが、人に迷惑をかけられないと教えられて育ててきたという信念から、父の借金を返済する意思を持っていました。
その話を聞いた社長たちはますます好感を抱き、学習塾を経営する岩井社長も出資を申し出ます。
普段は志願者のプランに甘いところがあると容赦なく追い込む社長たちが、こんなに積極的に投資をしたがるのは珍しいです。

志願者の菊野さんは、堀之内社長、貞廣社長、岩井社長の3人の社長から一人を選ばなければならなくなります。
菊野さんは貞廣社長を選び、希望額に達したのでマネー成立となりました。

家具職人のその後1:1日の売り上げノルマ50万達成なるか?

カフェスタイルの家具店のオープン初日、菊野さんは売り上げノルマ50万円(家具だけで)を目指します。
開店前から人が並ぶほどの盛況で、開店後も続々と家族連れがお店に足を運び、お店は賑わいます。

最初は小物ばかりが売れ、なかなか家具が売れませんでしたが、可愛らしいデザインと嫌なニオイがない植物性塗料で作られた家具を子供たちが気に入り、9万5,000円の学習机などどんどん家具が売れていきます。

そして、1日の売り上げの結果は…

家具職人のその後2:家具職人たちとの溝

実は、オープンの10日前、菊野さんと家具職人たちとの間に溝が生じていました。
マネー成立で張り切っていた菊野さんは一人で突っ走ってしまい、家具職人たちから距離を置かれてしまいます。

孤立し悩んでいた菊野さんは、オープン前に様子を見に来た貞廣社長に家具のデザインの相談をします。
しかし、貞廣社長はあえてデザインのアドバイスはせず、「本当にその人のことを考えて、菊野さんが自分のお子さんの事とか、大事にしている人のことを考えれて作れば簡単に答えが出ると思う」と助言をします。

菊乃さんは悩んだ末、家具職人たちに自分の気持ちを素直に伝え、謝罪しました。
その気持が家具職人たちに伝わり、オープンまで残り少ない日数の中で、一丸となって家具作りに専念し、一週間で100点もの家具を作り上げます。

視聴者の目線ですが、菊野さんの良さは実直さにあると思います。
その人柄に魅せられた社長たちは投資を切望し、一度は溝ができた家具職人たちも菊野さんと一緒にいいお店を作りたいと願い、一週間という短い期間で素晴らしいお店を作り上げました。

家具職人のその後3:初日の売り上げノルマ50万円の達成

気になるオープン初日の売り上げノルマは…現金の売り上げが13万1,460円。
ノルマ達成ならず…と思いましたが、実はオーダーの売り上げが40万2,000円。
合計53万3,460円!
見事ノルマを達成しました!

家具のみの売り上げで50万円というノルマを達成。
貞廣社長も「奇跡に近い」と感無量の様子。
プレゼンからオープンまで、ずっと菊野さんの頑張りを見ていた司会者の吉田栄作も涙を見せます。

菊野さんの成功から学べること

菊野さんが家具店を成功できたのは、安全で優しい家具を低価格で提供したいという想いはもちろんのこと、菊野さんの人柄にあったと思います。
社長たちはこぞって菊野さんと一緒に仕事をしたいと語り、人柄の良さをその理由に挙げています。
人柄だけで事業はできませんが、この人と一緒に仕事をしたいと思えないと協力できませんし、ましてや社長たちのように出資をしたいと思わないですよね。

「マネーの虎」での菊野さんのプレゼンは、お世辞にも上手とはいえないものでした。
言葉をしょっちゅう噛んでいましたし、自信もなさそうな感じでしたが、人柄の良さ、家具に対する想いはひしひしと伝わってきました。
饒舌な志願者だからマネー成立するわけではなく、菊野さんのようにプレゼンが苦手でも自分の仕事に対する熱い想いがある人は、自然と人が集まってきます。
人柄の良さと仕事に対する想いは、事業を成功させる上で大切な要素であることを学べる回でした。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
Loading...