フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

飲食店FCを成功させるポイント解説。将来有望なおすすめ業態はこれ!

最終更新日:2019年6月12日

飲食店FCを成功させるポイント解説。将来有望なおすすめ業態はこれ!

FCで飲食店をはじめたいという方は、「飲食店経営は難しい」という情報を目にしたかもしれません。不景気が続いているといわれる昨今では外食業界全体が低迷し、飲食店の経営は厳しくなっているというイメージがあります。

しかし、外食業界全体の売上は4年連続で前年を上回っているのです。それはいったいなぜなのか、これから外食業界に参入するのにおすすめの業態と、飲食店をFCではじめる際のポイントをご紹介します。

1.外食業界を盛り上げる注目の業態

不景気といわれるなかで外食産業が勢いを取り戻しつつある理由は、「中食」と呼ばれる形態が業界全体をけん引しているからだといわれています。中食とは、調理済みの食品を買って自宅で食べることで、「家で調理をして食べる内食」と「外で食事をする外食」の中間に位置する形態です。スーパーのお惣菜やコンビニのお弁当などは、これにあたります。

高齢者や単身世帯、共働き世帯など、自宅で調理をする時間がないという人にとって中食は非常に便利な存在です。また、消費税の増税に伴って軽減税率が導入され、お店で食べるよりも持ち帰ったほうが安く済ませられることから、今後中食産業の需要は増えていくと見込まれています。

そんな背景から近年大手の飲食店チェーンがテイクアウトやデリバリーに参入しはじめたことが、外食業界全体の売上を引き上げているのです。これから飲食店のFCをはじめるのなら、中食の企業を選ぶと期待がもてるかもしれません。ここで、今注目されている3つの中食の形態をご紹介します。

テイクアウト
テイクアウト専門の飲食店は、非常にコスパのいい形態です。客席のスペースがいらないので小規模な店舗で低資金開業ができ、家賃も安く抑えることができます。メニューを限定すればスタッフの作業効率もよくなり、少人数運営で人件費を抑えることが可能です。最近では唐揚げや餃子など、さまざまなテイクアウト専門店が登場しています。

デリバリー
デリバリーの人気に拍車をかけているのは、スマホの普及です。飲食店とお客さんをつなぐ宅配マッチングサービスが登場し、アプリを使って以前よりも手軽に注文できるようになりました。飲食店側も、これを利用すれば特別な設備を用意したり宅配をするためのスタッフを確保したりといった手間がいらないため、参入のハードルも下がってきているのです。

ファストフード
ファストフードの市場にも、ピザや焼き鳥など新たな商品を扱うお店が続々と登場しています。なかでも、一時低迷していた大手ハンバーガーショップは期間限定の商品やFCの店舗展開による圧倒的な認知度によって売上を伸ばしました。売上前年比は業態別でファストフードがトップにまで盛り返し、今では外食産業全体を引っ張る存在となっているのです。


    1.外食業界を盛り上げる注目の業態

2.飲食店FCの生存率が高い理由

外食産業の市場が拡大している一方で、飲食店は廃業率が高い傾向があります。2017年度に廃業した飲食店の数は、すべての業態で前年を上回っているのです。

飲食店の廃業率が高い要因のひとつには、比較的開業がしやすいということがあります。新しいお店がひっきりなしに開業し、常にお客さんを奪い合っているのです。競合がせめぎ合うなかで生き残るには、多くのお店のなかから自分のお店が選んでもらえるための戦略が必要になってきます。

戦略という点で、飲食店をFCに加盟して開業すると生存できる確率を高めることが可能です。低迷していた外食産業の市場を盛り返したのも、ファストフードのFCチェーンだったといわれています。では、FCに加盟することで飲食店の経営がうまくいく理由とはなんなのか、みていきましょう。

店舗展開の戦略

FCを展開する企業の目的は、より多くの店舗を展開し、成功させることです。そのためにFC本部は事前に徹底的な商圏調査をおこない、最適な立地をオーナーに提案します。また、開業時の資金や収支予測の計算も手伝ってくれるので、お店を維持してくために必要な資金がわかり、綿密な資金計画のもと開業することができるのです。

競合に勝つ商品開発

競合に勝つためには、季節や需要の変化に合わせて新たな商品を提供していく必要があります。市場の変化や需要を適切にとらえて取り入れていくのは、個人店が運営をこなしながらおこなうのは大変です。FC本部は、商品開発に必要な市場調査のノウハウをもっています。忙しいオーナーにかわって、競合に太刀打ちできる商品を開発し続けることができるのです。

ブランド力で集客

多店舗展開しているFCの大きなメリットは、すでに知名度がある名前や商品を使えるということでしょう。知っているお店には信頼感があり、お客さんが入ってきやすくなります。新しくできたお店には入りづらいという人も多く、飲食店にお客さんが定着するのにはどうしても時間がかかるものです。FCなら、開業して間もない状態でも集客が期待できます。

スケールメリットで経費削減

多くの店舗を同時に運営しているFCでは、複数店舗の原材料や備品を一括して仕入れて費用を抑えることが可能です。宣伝広告も本部でまとめておこなうことで、店舗でかかる経費を大幅に削減しています。

継続的なサポート

飲食店を運営していくなかで問題が発生したときには、FC本部のアドバイザーに相談することが可能です。「お客さんが来ない」「売上が伸びない」といったことの原因をアドバイザーとともに分析し、問題が大きくなる前に改善することができます。そのため、FCは経営を安定させやすくなっているのです。

    2.飲食店FCの生存率が高い理由

3.FCビジネス成功のポイント

飲食店をFCで開業することには多くのメリットがあるものの、加盟したからといって絶対に成功できるというわけではありません。FCには、FCならではの成功させるためのポイントがあるのです。そのポイントを知っておくことで、自分がFCの経営に向いているかどうかということも判断することができます。


・ルールを守る姿勢
FCはすでにでき上がった店舗運営や経営のシステムを使うことで、成功の確率を高めるというビジネスモデルです。FCには運営のマニュアルや、FC本部との間で取り決めるルールがあります。成功するためには、これらをしっかりと守って運営を進めていくという姿勢が大切です。

本部が提供するノウハウを自分の勝手な判断で実行しなければ、うまくいく確率は下がり、FCに加盟している意味もなくなってしまいます。やり方を自分で考え自分で好きなように運営をしていきたいという人にとっては、FC経営は少々窮屈に感じてしまうこともあるでしょう。

・主体性
FCの経営では、アドバイザーから指示を受けて動くということもあります。指示をされて仕事をしていると、自分が経営者だという意識が薄くなることもあるでしょう。FCはサポートであり、アドバイザーとオーナーはあくまでも対等の関係です。そのため、自分自身が事業の責任者だという意識をもっていなくてはなりません。

うまくいかないことがあったときに本部に相談することはできますが、本部のせいにしたり、任せきりにするのは経営者として無責任だといえます。FCのルールのなかで経営者として考え、自分自身で問題を解決していく姿勢が必要になるのです。

・本部との関係
本部の指示をまったく聞かないのは問題ですが、部下のように従うだけもよくありません。本部のアドバイスは素直に受け入れ、自分でも考えて意見を交わし、対等なパートナーとして良好な関係を築きましょう。

日ごろから良好な関係を保っていることで、困ったときに相談しやすくなります。また、本部も店舗の状況を正確に把握することができるため、より的確なアドバイスを引き出せるかもしれません。


4.比較検討してぴったりを見つけよう!FCの選び方

現在、さまざまな企業が飲食店のFC展開をしています。これからFCに加盟して開業を考える人にとって、どのFCを選ぶかというのは悩ましいところです。経営の経験がない人にとっては、どんな基準で選ぶべきなのか見当がつかないこともあるでしょう。

そこでここからは、FCを選定する際のポイントをご紹介します。自分に合ったFCを選びだすためにも、下記の要点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分に合っているか

企業の業態や市場規模、収益性といった部分には多くの人が注目するでしょう。もちろんそれは、FCを経営していくうえでとても大切な要素です。しかし、いくら儲かるからといって自分がやりたくもない事業をやっていては、いつか続けるのがつらくなってしまいます。

そういった問題が起きないようにするためにも、まずは企業の経営理念や店舗のコンセプト、将来のビジョンに賛同できそうかを確認してみましょう。事業を続けていくうえで、自分が心からやりたいと思えるFCを選ぶことがなにより大切です。

サポート体制

FCを選ぶ大きなメリットは、本部のサポートを受けられることです。企業によって、用意されているサポート体制には違いがあります。開業資金を抑えられることに特化した企業もあれば、アドバイザーの店舗巡回を頻繁におこなうことに重きを置いた企業もあるのです。

そのため、企業のサポート内容を事前によく確認しておく必要があります。自分自身の弱点を分析し、それをカバーしてもらえるサポートが用意されているFCを選ぶようにしましょう。

開業費用とロイヤリティ

FCに加盟して開業する場合、個人で開業するよりも費用が安く済んだり、融資を受けやすくなったりすることもあります。提示されている開業費用の目安を確認し、それを用意できるかどうか計算してみましょう。

また、FCで事業を経営するうえで忘れてはいけないのが、本部に毎月支払う費用であるロイヤリティです。ロイヤリティの比率があまりに高すぎると、資金繰りが圧迫されるおそれがあります。事前に売上とロイヤリティの割合を計算し、無理がないかどうか確認しておきましょう。

フランチャイズの窓口でFC情報を検索!

FCをお探しの際は、フランチャイズの窓口を活用してみてください。フランチャイズの窓口は、FC展開をしているさまざまな企業の情報を簡単に調べることができるサイトです。

業種別はもちろん、開業資金の目安でも企業を検索することができます。検索して気になった複数の企業に対して、一度にまとめて資料請求をすることもできるのです。

サイト内では開業や経営について役立つ情報も掲載しているほか、メルマガに登録するとFCに関する情報をいち早く手に入れることができます。魅力的なFCが見つからないとお悩みなら、きっとフランチャイズの窓口がお役に立つことでしょう。

    4.比較検討してぴったりを見つけよう!FCの選び方

5.まとめ

厳しいイメージのある外食業界ですが、市場は拡大傾向にあります。外食業に参入するなら、業界を盛り上げているテイクアウト、デリバリー、ファストフードといった業態がおすすめです。

飲食店は廃業率が高いといわれていますが、FCに加盟することで廃業のリスクを抑えられる可能性があります。FCは経営戦略やブランド力、商品開発といった、事業を成功させるための強力なサポートを用意しているのです。

飲食店をFCに加盟して開業する場合は、自分に合った最適な企業を選ぶことが重要です。ぴったりのFCを見つけるためにも、ぜひフランチャイズの窓口を活用してみてください。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...