フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

FC経営の収入が知りたい人必見!低資金開業可能なビジネスで賢く稼ぐ

最終更新日:2019年6月12日

fc経営の収入が知りたい人必見!低資金開業可能なビジネスで賢く稼ぐ

経営をしたことがない方でも安心して開業することができるのが、FCです。FCで開業することで本部からのさまざまなサポートのもと運営することができるため、経営が安定しやすくなります。

しかし、いくら安定した経営ができるといっても、儲からないと少し物足りなく感じてしまいます。FC経営をした場合、どれほどの収入を得ることができるのでしょうか。

この記事では、「FCはそもそも儲かるのか」をはじめ、安定する理由や選び方を具体的に紹介していきます。低資金開業可能なおすすめFCについても触れていくので、FC経営に不安を感じている方は参考にしてみてください。

1.FC経営ってそもそも儲かるの?今より収入は増えるか

FC経営者のなかには、150万円程の収入の方もいれば、1,000万円を超える収入を手にしている方も少なくありません。同じ経営者でもこれほどまでに金額の差があるのは、職種の違いや利益率などが関係しています。

また、収入を左右するもうひとつの大きな要素としてあるのが、お客様の利用率です。多くのお客様に利用してもらえるかどうかというのは、売り上げ・収入に深く関係します。

利用率によって金額のひらきが顕著にでてくる業種のひとつが、学習塾です。学習塾は、生徒数によってオーナーの収入が大きく変わるビジネスになります。

一例として、有名塾の「個別指導塾 トライプラス」を取り上げてみると、生徒数が40人の場合と100人の場合とでは、下記のような違いが生じます。

・生徒数40人の場合……営業利益約630万円
・生徒数100人の場合……営業利益約2,150万円

このことから、収入を増やすためには多くのお客様に利用してもらうことがポイントであり、そのための集客も大切であるということが分かるのではないでしょうか。

トライプラスの収益の詳細について気になる方は、【塾経営ならトライプラス!開業の準備段階から受けられるサポートとは】をご覧ください。

塾を経営して多くの生徒を確保することで、1,000万円以上の収入を得ることも可能ですが、じつはそれよりも多くのお金を稼いでいる方もいます。

そういったオーナーは「メガフランチャイジー」と呼ばれる人で、なかには数十億円の売り上げをあげている場合もあるほどです。このように億単位のお金を稼いでいる人は、複数のFCを展開させ、事業の規模を大きくしていくことで高収入を得ていることがほとんどです。

そのため、ひとつの事業をFCではじめていきなり億単位の収入を得ることは難しいかもしれません。もし億以上の収入を望んでいるのであれば、【億単位の年商を得るメガフランチャイジーになるには】もあわせてご確認ください。

    FC経営ってそもそも儲かるの?今より収入は増えるか

2.安定を求めるならFC!経営維持がしやすい理由とは?

冒頭でも触れた通り、個人経営とFC経営を比べるとFCのほうが経営を維持しやすいといえるでしょう。FC経営が長く続く理由は、そのメリットに注目することでみえてきます。

本部のブランド力が利用可能

経営を維持するためには、多くのお客様に継続的に利用してもらうことが大切です。そのため、経営の維持とブランド力の有無は大きく関係しています。その点、FCの場合、ほとんどがすでに知名度のある有名企業です。その名前を借りて運営することができるため、集客率は高くなります。FC経営をはじめた初日からお店の前に行列ができるというケースも、決して珍しくはありません。

経営ノウハウの提供

個人で事業をはじめる場合、「事務」「管理」「接客」「内装」「宣伝・PR」など、あらゆるものを自分で考え、実行していく必要があります。一方、FCの場合は、本部が培ってきた経営に関するノウハウが提供され、それを利用することができます。そのため、はじめから経営体制が整った状態で開業することができるのです。

過去に起こった事例や経験をもとに、どのようにしたらお客様に利用してもらえるのかが初めから分かっているため、安定した集客が見込めるでしょう。

オーナーが運営に集中できる

経営者は、経営戦略と事業の運営を並行しておこなわなければなりません。FCの場合、オーナー自らが経営戦略を練るわけではなく、そのすべてを本部が担ってくれます。オーナーが自分の店舗の運営に集中することができるのは、FCの強みといえます。

個人で事業をはじめるよりもFCのほうが経営がしやすいのは、集客力やノウハウ、働く環境の快適さが揃っていることが理由といえるでしょう。こういった体制の揃った開業方法なら、個人経営と比べた際に生存率が高いのにも納得できるのではないでしょうか。

    安定を求めるならFC!経営維持がしやすい理由とは?

3.FC経営で高収入を得るためには「選び方」が重要!

FC経営において、企業選びは非常に重要なポイントです。本部のことをよく調べず開業をすることは、後々経営不振の原因ともなりかねません。

新規事業を立ち上げた際、5年以上の経営を維持することができる確立は「個人約20%」「FC約70%」といわれており、FCの生存率の高さは歴然です。しかし、裏を返せば30%のFC経営者がうまくいっていないということもいえます。

30%の失敗の原因には、「FC本部のイメージダウン」や「ロイヤリティの支払い」など、FCならではのデメリットによるものが多いです。こういった問題を避けるためにも、下記の点に注意しながらFC選びをおこなってみてください。

業界の市場に注目

事業をはじめる際は、長い目で見たときの需要があるかどうかを考えることが大切です。「気になる・やってみたい」といった目先の気持ちだけで職種選びをすると、うまくいかないこともあるでしょう。そのため、経営を維持するということを前提に、これから先も必要とされる業界なのかを見極めることが重要になります。

FC本部のブランド力

FC本部の認知度は集客面で重要となりますが、そのブランド力を維持できるかどうかもポイントです。ブランド力が低下していくことで、加盟店にも大きな影響がでてきます。自分のお店をよい状態で保っていても、企業の名前に傷がついてしまえば客足が途絶えることがあるのです。

本部のブランド力は信用できるものなのかを知るためにも、過去にどんな問題が起き、それをどうやって改善してきたのかなどを調べておきましょう。情報収集の際にインターネットを利用するのもよいですが、一番確実なのはFCへの問い合わせ・説明会への参加です。また、すでに開業している先輩オーナーから話を聞くのも、ひとつの方法といえるかもしれません。

そもそも自分の理想と一致しているか

仕事の内容や本部の考え方に納得していないと、やりがいも見いだせず成功するのは難しくなってしまいます。職種や業務内容はそうですが、本部の経営理念も大切です。開業してから意見の不一致が生じても本部の考えを変えることは難しく、オーナーが従う形になってしまいます。「自分はこの考え方に納得できるか」ということも、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

FCで開業する場合、メリットばかりに目がいきがちですが、デメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。FCのメリット・デメリットについてさらに詳しく知っておきたい方は、【フランチャイズは人気だがどうすれば成功することができるのか】も参考にしてみてください。

    fc経営で高収入を得るためには「選び方」が重要!

4.FC経営は初期投資に要注意!

FC経営をはじめる際は、ほとんどの場合で開業資金をはじめとする初期投資が必要になります。この初期投資が多すぎると、準備するのが大変なだけではなく、回収にも遅れがでてしまい運営の障害ともなりかねません。そのため、初期投資はできるだけ抑えたほうが安全といえるでしょう。

お金に関するリスクを負いたくない方は、低資金開業が可能なFCを選ぶことをおすすめします。現在多くの企業がFC展開をしていますが、なかには100万円以内ではじめられるものや、0円開業も可能なものがあります。こういった低資金開業が可能なFCは、「やりたいことが決まってない・いろんなところがありすぎてどのFCがよいのか見当もつかない」といった方にもおすすめです。

開業資金は各FCによって変動しますが、その相場は業界によっても異なっています。どのような業界が低資金で参入することができるのか、以下を参考にしてみてください。

リペア業

汚れたものや傷んでいるものを掃除・修理することにより、再びきれいな姿へと生まれ変わらせるのがリペア業です。現在の日本には、家の掃除をしている時間がなかったり、老化により家事をするのが難しくなったりしている方が大勢います。そういった方を中心に人気を集め、市場規模は拡大し続けているのです。

共働きをしているご家庭や高齢者の増加が深刻化する現在の日本では、今強く必要とされている業界ともいえるでしょう。

訪問型介護業

施設を用意する必要がない訪問型介護事業は、その分初期投資を抑えることができます。一般的な介護事業は、施設を用意して利用者に通ってもらうという形態です。しかし、訪問型介護の場合は、お客様のもとに直接訪問し、ご自宅にてサービスを施します。お風呂や食事のサポートといった一般的な介護をするところもあれば、指圧によるマッサージをおこなうところなど、業態はさまざまです。

紹介業

紹介業とは、「人と人」や「人と企業」など、お客様になにかを紹介するお仕事です。有名なところでは、求人総合サイトや婚活サポートサイトなどがイメージしやすいかもしれません。

こういった業種は、店舗や在庫の用意、人を雇うなどといった必要がないことが多いため、低資金開業が可能になります。自宅で手軽にはじめられたり、1人で続けられたりするものが多いというのも大きな魅力といえるでしょう。

5.100万円以下ではじめられるおすすめフランチャイズ4選!

FC経営において開業資金を抑えることは、金銭面のリスクを減らすという意味でも非常に重要になります。そこで、開業資金に余裕がない方や自信のない方は、まずは低資金開業が可能なFCを選んでみてはいかがでしょうか。

ここから、低資金開業が可能なFCについて具体的にご紹介していきます。どれも100万円以内と低コストなので、気になるものがないかをぜひ確認してみてください。


訪問型介護事業の開業を検討している方におすすめなのが、リーフマッサージ治療院です。事業内容は、お客様の家まで直接出向き、指圧マッサージをおこなうというものになります。サービスを施すのはオーナーではなく、国家資格をもっているマッサージ師です。そのため、オーナーは特別な資格や技術などは必要ありません。

開業資金は50万円~とされており、ほかの介護事業と比べるとかなり安いです。高齢化が深刻化していく日本では介護事業の需要が高まっていくといわれており、この先も成長が見込める市場となります。


ドクターレザーは、仕入れた商品にリペアを施し、きれいな状態にしてから販売していきます。技術が必要なリペア作業をおこなうのは、本部の職人です。オーナーの業務は仕入れと販売のみになるため、未経験者でも問題なく開業することができます。

ドクターレザーで仕入れる商品は、ほとんどが傷モノや汚れモノです。そのため、仕入れを安く済ませることができます。「安く仕入れて高く売る」ということが可能となるため、高収入を得ることができるのも大きな魅力となるビジネスです。開業資金は、税別70万円となっています。


このFCは、紹介業に該当するビジネスです。「老人ホームに入りたい」と思っている方に入居者募集中の介護施設を紹介してあげることで、紹介料が発生します。その紹介料が、収入として手元に入ってくるという仕組みです。

ライフアシストの場合、「人と企業」を結びつけるビジネスのため、在庫や店舗は一切必要ありません。そのため、50万円という低資金で開業することができます。ただただ事業をはじめるのではなく、「社会貢献したい・人の役に立ちたい」とお思いの方にはとくにおすすめできるFCです。


日本物産は、大型スーパーやイベント会場でご当地グルメの物産展を開催する企業です。オーナーとして開業することで、イベントの運営を任されます。オーナー自ら販売したり、人を雇うことで運営をメインでおこなったりすることができます。

本部がFC展開をはじめたのは認知度の向上が目的であり、収益を理由とはしていません。そのため、開業資金は0円となっています。FC開業でお金がかからないのは珍しく、低資金開業を検討している方のためにあるFCともいえるのではないでしょうか。

    100万円以下ではじめられるおすすめフランチャイズ4選!

6.まとめ

FC経営をしている人のなかには、1,000万円を超える収入を得ている人もいます。さらに高収入な「メガフランチャイジー」と呼ばれる複数事業経営者は、年に数十億円を稼いでいるといわれています。このことから、FCはやり方次第では大きな収入を得ることができるといえるでしょう。

しかし、FCで開業することで必ずしも高収入になれるのかというと、そうではありません。FCで儲けることを考えるのであれば、「市場」や「ブランド力」などに注目して選んでいくことが大切です。

経営をはじめてする場合は、開業資金を抑えることも非常に重要なポイントとなります。どんなFCがよいのか見当もつかない方は、この記事でご紹介したおすすめFCを視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...