お役立ち情報コラム

FCオーナーとして必要なスキルとは?フランチャイズの年収相場も解説

最終更新日:2019年12月19日

独立開業人気ランキング公開中!

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。
いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。

79de90da97391bf8732103ad5f0ee1bb_s

FCオーナーで安定した経営を実現させるためには、慎重な本部選びが大切です。またオーナーとして必要なスキルがいくつもあります。自分に合っていない経営方法や本部を選んでしまうと、多額の費用をかけて加盟しても経営が長続きしないおそれがあります。

ここでは、さまざまな業種の年収相場や加盟する本部選びで注意するポイントなどを解説しています。これからフランチャイズ企業に加盟を検討している方は、ぜひご覧ください。

1.FCオーナーになる前に知っておくべき

ここでは、FCオーナーのおもな業務内容や身につけておくべきスキルなどについて解説していきます。

・FCオーナーのおもな仕事

FCオーナーとしての業務内容は、加盟する業種や規模などによって異なります。安定した店舗運営が継続できるように、計数管理や人材育成なども経営に必要なスキルとなるのです。ここでは、コンビニエンスストアの場合を例に挙げてみましょう。コンビニエンスストアの勤務時間帯は、おもに以下のように分割されています。

早朝勤務 5:00~9:00
午前勤務 9:00~12:00
午後勤務 12:00~17:00
夜勤務 17:00~22:00
深夜勤務 22:00~5:00

開業当初は、現場に入って接客やサービス提供など、基本的な店舗運営がFCオーナーのおもな仕事となります。そこから集客が安定し経営を軌道に乗せることができれば、従業員を雇用して育成することも必要になるでしょう。

コンビニエンスストアは24時間営業の業態が多く、オーナーの勤務時間が長くなってしまいがちなことから、経営が大変といわれることもあります。実際に、日々の負担が大きくオーナー自身が体調を崩してしまうというケースが数多くあるのです。しかし、店舗を任せられるだけの人材を育てることができれば、オーナーの休みを確保することも可能です。

経営を長く続けるためにはオーナー自身が現場に入り続けるのではなく、人材教育して休みを取得するということも仕事のひとつといえるでしょう。人材が育っている店舗では、1日のうち数時間だけ足を運んで経営を続けているFCオーナーも多くいます。

しかし、店舗を従業員に任せたままでもいけません。店舗を従業員に任せるようになったあとは、オーナーとして事業全体を管理していくことを学んでいかなくてはならないのです。

オーナーが現場にいない間の営業状態を含めて、店舗を任せた従業員と情報交換をするなどのコミュニケーション能力も必要になってくるでしょう。さらに売上などの数字から分析して、コストコントロールや集客力を高めるための販促方法を実践していくことなどがFCオーナーのおもな仕事になってきます。

フランチャイズの場合は、本部から経営アドバイスや運営指導など継続的なサポートを受けられることがほとんどです。もし不安なことや疑問点がある場合には、迷わず相談することをおすすめします。

また、コンビニエンスストアに限らず、フランチャイズ経営は加盟する本部のサポートによって多店舗経営がしやすい場合もあります。経営の仕方によっては、大幅に収益の拡大を見込めるのが、フランチャイズの魅力でもあるのです。

ただし、多店舗経営した場合には、それぞれの店舗の経営状態を把握して的確な指示を出すなどの高い管理能力が必要になるでしょう。そして、人材教育やコミュニケーションといったスキル以外にも、オーナーとして求められる能力があることを覚えておかなくてはいけません。

・オーナーとして必要なスキルを身につける

フランチャイズ加盟する前には、本部がどのような事業内容なのか把握することは大切です。そして、オーナーになるために必要なスキルを身につけておかなくてはいけません。また、自分自身がどれだけのスキルをもっているかを知ることやどういった性格の持ち主なのかも分析しておきましょう。

自分の性格によっては、フランチャイズよりも個人事業主としての経営のほうが向いているということもあり得るためです。場合によっては経営者にも向いていないことがあるかもしれません。フランチャイズ加盟後に後悔することがないよう、オーナーとして必要なことや自分のことを知っておきましょう。

    FCオーナーとして必要なスキルとは?フランチャイズの年収相場も解説

他力本願ではなく自分で実践する行動力
オーナーとしては当たり前のことですが、事業を経営していくうえでは自分で実践する行動力をもつことが大切です。フランチャイズの場合、本部のサポートはあっても経営を代わりにしてくれるというわけではありません。FCオーナーには、自ら行動する求心力が必要なのです。

お金や時間の管理をしっかりする
どんな事業においても、オーナーとしてお金や時間の管理は重要です。ルーズなオーナーでは、取引先や顧客だけでなく従業員などとも信頼関係を築くことは難しいでしょう。フランチャイズ経営においては、本部との関係性も大切なのです。

明確な目的や目標をもつこと
FCオーナーとして、目的や目標をもつことも忘れてはいけません。とくに従業員を雇用した場合には、本部の経営方針とともにオーナー自身も指針をもっておかないと、経営の方向性が共有できないおそれがあります。方向性が定まらない場合は、働いている従業員のモチベーションを維持することは難しいでしょう。

ほかにも、フランチャイズの場合は、営業時間のほか運営方法などがマニュアル化されていることがほとんどです。このため、自由度が低いことをストレスに感じてしまう場合には、個人事業主として開業するなどほかの起業方法を考えたほうがよいかもしれません。

このため、フランチャイズ契約する前に自己分析して、自分がFCオーナーに向いているか判断することも大切です。自分で分析できないということであれば、第三者に自分の印象などを聞いてみてもよいでしょう。

・経営者として法律も理解しておくべき

経営者として事業を経営していくには、法律について学んでおくことも重要です。事業経営に関わる規定は数多くあるため、正しく理解しておかなくてはなりません。例えば、従業員を雇用する際には、労働法制度や保険関連の知識も必要になります。法律について把握できていないと、従業員との雇用トラブルになるおそれがあるのです。

何よりフランチャイズにおいては、解約時や契約終了後などにトラブルが多くあります。本部との契約後にこんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、正しい知識を身につけておきたいものです。フランチャイズ関連の法律や契約時に気をつけておくべき点など、さらに詳しい情報をお知りになりたい方はこちらのページもご覧ください。

フランチャイズ契約は法律以外にも知っておくポイントがいくつもある!

そして、やはりFCオーナーになる前に気になるのが、開業資金や収入に関してのことではないでしょうか。次に、フランチャイズ開業に必要な初期投資費用や年収などについて解説します。

2.年収や開業資金など気になるお金のこと

ここでは、さまざまな業種の収入の相場や仕事を選ぶポイントなどを解説していきます。FCオーナーとなって、どれくらいの収入が得られるのかを知っておきましょう。

・得られる収入は業種やオーナー次第で大きく異なる

フランチャイズ加盟したオーナーが得られる収入は、契約を結ぶ本部や業種によっても大きく異なります。さらに規模や業態、立地などによっても差が出るため、正確な数字を出すのは難しいものです。年収の相場は目安になりますが、今後の参考としてご覧ください。

コンビニエンスストア
コンビニエンスストアのオーナー年収は、立地条件が大きく影響してきます。平均的な年収は、400~600万円前後といわれています。都市部や駅周辺など多くの集客が見込める好立地では、700万円前後の年収を得ているオーナーも多いようです。ただし、商圏によっては競合が多く、経営の差別化を図らなければ苦戦するケースもあります。

飲食業
飲食業で得られる年収は、店舗の規模によって大きく異なりますが400万円前後といわれています。また、ロイヤリティが約5%前後と低めに設定されている本部が多いのも特徴です。さらに経営が順調に進めば多店舗展開することができ、1,000万円以上の年収を得ている経営者も数多くいます。

塾経営
塾経営の年収の相場は、500~800万円前後といわれています。校舎を構える立地環境によっても異なりますが、獲得できる生徒の数が年収に大きく影響してきます。カリスマ講師ともなれば、数千万円の年収を手にしていることもあるようです。ただし、ロイヤリティが歩合制で設定されている本部もあり、売上の約10%の支払いが発生するケースもあります。

買取ビジネス
買取ビジネスは、ここ数年の中古市場の伸長によって注目されているビジネスのひとつです。取り扱う商品によって異なりますが、一般的な年収は400万円前後といわれています。  ブランド品など高単価な商品が主体の場合には、年収1,000万円以上になるケースもあるようです。

ハウスクリーニング業
ハウスクリーニング業は、日本国内の高齢化と中古物件の市場拡大により、これから需要が高まることが期待されている事業のひとつです。近年はリフォームに近いマイスターコーティングの需要が高く、年収の相場としては400~700万円前後といわれています。

しかし、起業を検討する際は年収がすべてではなく、どんな事業内容なのか労働環境を把握しておくことが大切です。例えば、1日の労働時間が長く休日なしで働けば、もちろん年収はあがるでしょう。しかし、年収をあげられたとしても無理をして体調を崩してしまうような働き方では、経営を長く継続させることは困難になるのではないでしょうか。

また、経営の仕方でも大きく年収は変わります。従業員を雇用して1日中常駐させるかアルバイトでまかなうかでも得られる収入には差が出てくることでしょう。1日の人件費は小さな金額かもしれませんが、節約を積み重ねて年月単位で見れば大きな差が出てくるはずです。

フランチャイズにおける店舗経営は、収入と支出のバランスがとれた運営が重要なポイントになるといえます。そのバランスを見極めるには、開業資金などの資金運用についても把握しておくべきことが、いくつもあるのです。

・開業資金は内訳まで把握するべき

フランチャイズの開業には、本部への加盟金の支払いやロイヤリティなど、多額の初期投資費用がかかることがあります。資金運用を間違えると、経営のバランスを崩すことがあるため注意しなくてはいけません。何にどれだけの費用が必要か内訳まで算出して、綿密な事業計画が重要なポイントになるのです。

フランチャイズにおいての開業資金は、業種や業態によって大きく異なります。とくに新規事業の立ち上げにおいては、店舗の有無で開業資金は変動するものです。さらに店舗自体においても、居抜き物件と内装工事などがされていないスケルトン物件のどちらを選択するかでも投資金額に差が出ます。

このため、厨房機器などを必要とする飲食業などでは、開業資金に1,000万円以上かかることも多くあるのです。ただし、開業資金は設備投資だけでなく、開業後の計画もしっかり立てておく必要があります。開業資金は設備資金以外に、経営を継続させるための運転資金も確保しなくてはいけません。

FCオーナーとなった人の中には、設備投資に資金を使い過ぎて、運転資金が確保できなくなってしまったというケースもあるのです。このため、運転資金においても、固定費と変動費を内訳まで把握するようにしましょう。運転資金について、さらに詳しい情報を知りたい方はこちらのページもぜひご覧ください。

運転資金には種類がある!必要な資金の計算方法や目安などもご紹介!

・業種選びにもコツがある

もしフランチャイズに加盟する業種をこれから選ぶという場合は、業種選びのポイントも抑えておきましょう。業種選びのポイントとしては、おもに以下のようなものが挙げられます。

業種選びのポイント
■原価が安い
■仕入れや在庫をもつ必要がない
■利益率が高い
■定期的に収入が得られる
■ひとりで無店舗でも開業できる

例えば、塾経営は、生徒が入校することで継続的に収入が得られるストック型のビジネスになります。一定の生徒数が獲得できれば、安定した運営が継続しやすいという特徴をもっています。

また、ハウスクリーニング業などの場合、ひとりで無店舗開業すれば新たに人件費や家賃が発生することはありません。このため、開業後の運転資金を軽減して経営を進めていくことが可能です。

提供するサービスが技術の業種では、初期投資で必要な道具をそろえてしまえば、開業後に原価をかけることがほとんどありません。原価がかからなければ、当然利益率が高いビジネスとなるわけです。さらに在庫や仕入れが必要なければ、経営のリスクを軽減することもできます。

そして、フランチャイズ経営は加盟するメリットが多いことが特徴に挙げられます。次に、フランチャイズ経営が選ばれている理由などを解説します。

3.フランチャイズ経営が選ばれる理由

フランチャイズ経営は、成功の秘訣が詰まっている運営方法といわれることもあり、多くの企業でも採用されています。ここでは、起業希望者がフランチャイズ経営を選ぶ理由などについて解説します。

・性別や世代に関わらず活躍できる業種がある

近年は働き方が多様化しており、さまざまな業種があります。フランチャイズ企業においても、性別や世代を問わず起業が実現できる事業が数多くあるのです。その一例として、さまざまな製品の補修や修理をおこなうリペア業が挙げられます。リペア業は力仕事ではなく技術が商売道具になるため、シニアや女性が活躍できる業種となっているのです。

また、ここ数年で中古市場は年々拡大しており、中古品を安く買い取り補修したものを商品として再販するビジネスも注目されています。とくに中古品のネット販売などは、パソコンが1台あれば1人でも起業が実現できます。起業によって新たに家賃や人件費が発生することもないため、初期投資費用を大幅に抑えて開業できるというメリットがあるのです。

ほかにもフランチャイズには、副業から始められる業種もあります。好きな時間に働けるだけではなく、週末起業であれば収入ゼロのリスクを軽減して経営することも可能なのです。中には、副業で資金を集めてから本業に切り替えるという方法を選ぶ経営者もいます。

    FCオーナーとして必要なスキルとは?フランチャイズの年収相場も解説

・本部が初期費用を負担してくれることもある

フランチャイズでは、開業前後にかかる費用を本部が負担してくれることがあります。一般的に店舗を必要とする事業では、物件取得や内外装工事などに多額の費用がかかるものです。しかし、コンビニエンスストアや飲食業などフランチャイズでは、店舗だけでなく運営に必要な備品の提供してくれることがあるのです。

ほかにも本部によっては、独自の支援制度を設けていることがあります。契約時の加盟金や本来なら毎月支払いが必要なロイヤリティなどが、一切不要のフランチャイズ企業も数多くあります。加盟者が自己資金を軽減して開業できる点は、フランチャイズ経営の大きな強みといえるでしょう。

また、自己資金が足りない場合には、資金調達が必要になることもあります。しかし、金融機関などでは一定の条件を満たさなくては融資が受けられないケースがほとんどです。

フランチャイズ本部によっては、金融機関との間に入って融資が受けられるようサポートしてくれることがあります。さらに、自社ローンを設けている本部もあるので活用してみるのもよいでしょう。

・業界未経験でもオーナーになれる

フランチャイズ本部に加盟して受けられるサポートのひとつに、研修制度があります。業種によってはFCオーナーになる際に、専門的な知識や技術が必要です。しかし、研修を受けることで専門性の高い知識や技術などを習得できる本部なら、たとえ業界未経験であっても安心して参入することができるのです。

加盟する業種にもよりますが、大半の研修は無料でおこなわれています。本部によってはアフターフォローも充実しており、開業後も自分が納得できるまで何度も研修を受けられる場合もあります。

・本部の経営ノウハウは成功への近道

フランチャイズ経営で加盟者が得られるもっとも大きなメリットは、本部のブランド力と経営ノウハウを取得できることでしょう。本部のブランド力が高ければ既存顧客がついていることも多く、開業して短期間で経営を軌道に乗せることが可能になります。

本来なら、経営ノウハウは経験を積み重ねて身につくものです。しかしフランチャイズの場合は、経営にまつわるさまざまなノウハウが、加盟することで一度に取得することができるという大きな魅力があります。

また店舗を構える業種では、あらかじめ本部が周辺環境などを分析して、条件のよい立地や物件を用意してくれるケースもあります。さらに開業後にも加盟店は、本部が積み重ねてきた実績から経営アドバイスや運営の指導などを継続的に受けることができるのです。

効率よく利益を得られるように、さまざまな経営サポートが受けられるフランチャイズ経営は、成功への近道ともいえるのではないでしょうか。次に、FCオーナーとして長く経営を続けていくために、知っておくべきポイントなどを解説します。

4.経営を成功させるためのポイント

FCオーナーとして長く経営を続けていくためには、開業資金などのお金のことだけでなく心構えなども重要になります。ここでは、本部との関係性や加盟する業種選びのポイントなどについて解説していきます。

・本部と対等な立場であることを意識する

フランチャイズ契約を結んだ場合に、加盟店は本部の経営方針やブランドを守りながら運営していくことが義務となります。そして、本部から提供される経営のノウハウについても加盟店は最大限に活用すべきです。

しかし、フランチャイズ経営において、加盟店は本部から雇用されているというわけではありません。加盟店も独立したひとつの事業となることから、本部とは対等な立場にあるのがフランチャイズの特徴です。このため、すべて本部のいいなりになってしまうような経営者であってはいけません。

本部と加盟店、ひいては事業全体の利益が向上できるのであれば、経営についての意見を積極的におこなうことも必要といえるでしょう。本部と加盟店は、ともに切磋琢磨できる環境が望ましいのではないでしょうか。フランチャイズに加盟して経営を長続きさせるためには、本部とのよい関係性を維持することがポイントといえます。

そして何よりも、加盟する本部選びは慎重に検討することが重要です。続いて、本部を決める際に失敗しないコツについて解説します。

・加盟する本部は慎重に選ぶことが大切

フランチャイズに加盟する際は、本部によって多額の加盟金などの初期投資をおこなうことがあります。安易に加盟して後から後悔してしまうことがないように、事前に本部を見定めることが必要です。

加盟する際の判断基準のひとつが、ロイヤリティ金額でしょう。ロイヤリティは、本部から提供される経営ノウハウや受けられるサポートの対価として毎月支払うものです。ただし、ロイヤリティの算出方法や金額は、本部によって異なるため注意しなくてはいけません。

毎月一定の金額を支払う固定制もあれば、加盟店の売上によってロイヤリティ金額が変動することもあるのです。例えば、固定制の場合は支出予測が立てやすいというメリットはあります。しかし、売上に関わらず支払いが必要になるため、場合によっては経営を圧迫するリスクがあるのです。

逆にロイヤリティが変動制の場合は、売上が低ければ本部への支払い金額も少なくなるという特徴があります。契約時には、収益モデルなどからおおよそのロイヤリティ金額が提示されることがあるかもしれません。しかし、売上は立地環境などによって異なるため、ロイヤリティの金額だけにとらわれず、算出方法を確認しておくようにしましょう。

また、ロイヤリティの金額が高いといって、加盟をすぐにあきらめてしまってはいけません。ロイヤリティには、本部から継続的に受けられるサポートの金額も含まれているのです。本部の経営サポートには、煩わしい申請書類の手続きや広告宣伝の代行など、本来なら手間や時間がかかることが含まれている場合があります。

このため、手間や時間をロイヤリティで購入している、という考え方もできるのではないでしょうか。ロイヤリティは金額ではなく、本部から得られる経営ノウハウやサポート、そしてブランド力などを総合的な内容から判断していくことが大切なのです。

加盟する本部によっては、ロイヤリティ金額以上に価値のあるサポートを受けられることもあります。ただし、加盟前のサポートはあっても開業後にはほとんど支援がないケースもあるため、ロイヤリティ金額がサポート内容と見合っているかをしっかりと見定めましょう。

加盟する前には、いろいろな本部を比較検討してみることをおすすめします。複数の本部を比べてみることで、企業の特徴が見えてくることがあるのです。情報収集が甘いと、加盟後にもっと条件のよい本部を見つけてしまうということになりかねません。

フランチャイズ本部の情報を入手するには、資料請求だけでなく事業説明会への参加がおすすめです。事業説明会は無料でおこなわれていることが多く、資料よりも詳細な情報が得られるメリットもあります。さらに質疑応答ができれば、不安に思うことなども解決することができるでしょう。

フランチャイズ契約するときは、本部のサポート内容や特徴を理解したうえで加盟することが、FCオーナーとして失敗しないためのポイントです。まずは、できるだけ多くの情報を入手して、複数の本部を比較検討してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
  • フランチャイズ比較カタログを無料配布中
  • フランチャイズ独立アドバイザー
  • 厳選!人気FCランキング
  • フランチャイズ開業いろは
  • フランチャイズセミナーツアー
  • フランチャイズの窓口に広告掲載ご希望の方はこちら
  • 融資の窓口に広告掲載ご希望の方はこちら
  • 「フランチャイズの窓口 × 融資の窓口」自社事業を全国展開しませんか?
  • Kensei共生.net
  • 個別指導 Wam
  • おそうじ本舗
  • ローソンLP
注目のフランチャイズ
おそうじ本舗
  • ■業種:リペア・便利屋 , 便利屋 , リペア・修理屋 , ハウスクリーニング , その他
  • ■開業資金:自己資金50万円~
  • 店舗数は業界NO.1の1,407店舗!(2018年10月現在)
トータルリペア
  • ■業種:リペア・便利屋 , リペア・修理屋
  • ■開業資金:ご希望のリペア技術による
  • 様々なリペアを手掛けてきたトータルリペア日本本部が、 今後の市場性と成長性・そして収益性を基に、 「総合リペア」という新しいブランドを立ち上げました!
内職市場
  • ■業種:その他
  • ■開業資金:380万円~
  • ★人材不足なんてどこ吹く風!労働者不足社会で再び見直される内職事業の魅力!★
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム
  • 公式twitter
  • 公式LINE
  • SSL GMOグローバルサインのサイトシール

    本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

  • ランキング公開中
  • 低資金開業ビジネス