? 7.フランチャイズで独立・起業を成功させるためには事業目的が必要 | フランチャイズ開業への道

フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

0120-981-919

フランチャイズ(FC)とは何か

7.フランチャイズで独立・起業を成功させるためには事業目的が必要

フランチャイズで独立開業や起業を目指す際、まずは事業目的は何かを明確にしておく必要があります。
「利益をあげること」が最終的な目的であり起業家の共通の目的であるのは当然のことですが、事業を行う目的を明確にしておかなければ途中で事業を断念してしまう可能性が高くなります。
事業目的が明確であれば困難な事態が発生しても目的達成のために困難を乗り越えようと努めるため、結果的に成功率が高くなると考えられます。

事業目的はそれぞれあるかと思いますが、フランチャイズ契約するメリットを事業目的と照らしあわせて考えてみましょう。
フランチャイズチェーンでは接客、サービスのノウハウが確立されているため、将来の事業のための経験としてフランチャイズ契約をする起業家もいらっしゃいます。
ノウハウを得るという点ではフランチャイズは非常に効果的ですし、人材育成にもつながります。
注意点はフランチャイズ契約の中には競業禁止の規定が盛り込まれていることが多いため、一定期間は類似した業態の営業ができないという点です。
将来的に類似業態の展開を考えている方は、事前に競業禁止の規定を確認しておきましょう。

使用していない土地(遊休地)の活用のためにフランチャイズで起業するというケースもありますが、ただ土地活用のためだと目的意識が少し弱いため、事業としての目的を合わせて持っておいた方が良いでしょう。
事業目的を持つことはフランチャイズチェーン店として事業を継続させていく上でも大事なことです。
事業を流れに乗せるにはフランチャイズと言えども短期間では難しいですし、一定の期間を経て信頼されることで固定客がついていくものです。
契約後にフランチャイズ事業を継続させるためにも、前もって事業目的を明確にしておきましょう。