フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

ローソン 先輩オーナーの声①

最終更新日:2019年7月17日

thumbnail

井上 清子 様
三重県 ローソン 桑名長島町店

1.ローソンオーナーになったきっかけは?

【店長】60歳を迎えるにあたって、定年後の将来を考えた時に会社に残っても給与は以前よりも下がってしまうし、今までと同じようには出来ないだろうと考えました。以前から独立に興味を持っていたので、これも良い機会と考えました。特定の業界に決めていた訳ではなかったためクリーニングや住宅営業なども検討したのですが、自分の年齢を考えた時に一番成功の確率が高いのがコンビニエンスストアの経営だと考えました。
業種をコンビニに決めてからも他社を含めて検討しましたが、ローソンに感じた「みんなで一緒に作り上げていこう」という、少し青くさいような努力の匂いにとても共感したことと、制度面・サポート面の充実で最終的に決意をしました。

2.この仕事の醍醐味は?

【オーナー】最初は近寄りがたい雰囲気だと感じていたお客様も仲良くなると自分のことを話してくれるようになり、相互にコミュニケーションが出来るようになってくると自分に会うためにお店にきてくれたり、他のコンビニに行くならここに来たいと言ってくれたりして非常に嬉しく思います。
【店長】仕事としても、今までは会社員としてある意味1枚のベールがかかった状態で相手と接していたものが今では丸裸でぶつかっていけるため、自分のやったことが常にダイレクトに反応として返ってくると実感しています。その点でも非常にやりがいを感じますね。

3.今後のビジョンは?

【店長】開業当初はすぐにでも2店舗目を出そうと考えていました。今も多店舗展開への考えは全く変わっていないのですが、この仕事は何よりも人財育成が大事だと思うようになりました。その為、今はまずは自分の力を付けて接客面や経営面を向上させて、任せられる人財を一人でも多く育てて、自信を深めた後に複数店化を行おうと考えるようなりました。
将来的な安定を考えると複数店化はマストだと思っているので、今は2人で協力して地盤を強固に出来るよう頑張っていきたいと思っています。

4.趣味や空いた時間の過ごし方は?

【店長】私自身は、お店を任せられたからには責任を持って頑張りたいと思っているため、進んで休みを取得する事は考えていませんが、決してローソンのオーナー全員が「休めない」というわけではありません。クルーさんの人財育成が出来れば、プライベートの時間を自分自身でコントロールできると考えています。
世間では休みが取りにくいと言われているようですが、シフトに入るのも人に任せて休むのも、自分次第で決められる事は会社員時代との大きな違いだと思います。

 
 
ローソン」のフランチャイズの詳細は、以下のページでご覧いただけます。
ローソン

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9評価, 平均評価: 3.44 )
Loading...