フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

コペルプラスはフランチャイズで開業できる!その市場とメリットとは

最終更新日:2019年3月8日

コペルプラスはフランチャイズで開業できる!その市場とメリットとは

教育市場のなかでも、不足しているのが児童発達支援事業です。全国の未就学児のなかでも約8%が障害をもっているため、早期支援を必要とされています。

そのため、児童発達支援事業の開業が急がれているのです。なかでも、コペルプラスは独自の教育システムがあり人気をほこっています。

コペルプラスは全国に約80教室あるなかで、約8割がフランチャイズです。コペルプラスはなぜフランチャイズで開業する人が多いのでしょうか。その魅力とメリットをご紹介します。

もっと詳しくみる

未経験でもコペルプラスをフランチャイズで開業できる理由

コペルプラスは児童発達支援事業のひとつです。障害をもったお子様や発達の遅れが気にあるかたがおもに通っているため、ほかの塾より注意が必要になってきます。そのため、いくら開業に興味があっても、不安点が多いのではないでしょうか。

しかし、児童発達支援事業のなかでもコペルプラスは、教育未経験でもしっかりと開業することができるのです。コペルプラスは、全国に80ヶ所以上あります。そのなかでもコペルプラスのフランチャイズは、8割あるのです。また、開業した人の90%が未経験といわれています。では、なぜ未経験でもしっかり開業することができるのでしょうか。

サポート体制

コペルプラスは、本部のサポートが充実しています。開業するためには、しっかりと2ヶ月間の研修を受けるのです。講師のスキルも重要になってくるので、ここで研修をおこなうことで開業の不安点をなくすことができるのです。研修では、教師としての考え方だけでなく、脳科学や心理学も学ぶことができます。

また、1か月以上にわたり模擬授業を体験することができます。実際の授業も見学することができ、丁寧に指導してくれます。ゆっくりと時間をかけて研修をおこなってくれるので、資格をもっていなくてもしっかりと学ぶことができるのです。

教材が充実

子供はすぐに飽きてしまいがちです。小さいお子様であれば、3回も同じ教材に興味をもたないかもしれません。そのため、授業をおこなっても興味をもってくれなくなることが多いのです。

しかしコペルプラスでは、毎回違う教材を準備しているため、飽きない授業ができます。初めの教材としては、コンテナ8個分の量があります。これは1か月文の教材になるため、膨大な量といえるのです。

また、2015年には幼児教材の1位を「ReseMom Editors’Choice」にて獲得しました。20年以上のノウハウをいかし、通ってくれる子供たちのことを考えた教材が認められたのです。

    未経験でもコペルプラスをフランチャイズで開業できる理由

コペル プラスを開業したときの収益とは

コペルプラスをフランチャイズで開業するときの不安点のひとつに、資金があります。開業資金もありますが、実際に開業するとなると本当に収益があるのかという不安も多いのではないでしょうか。いくら社会貢献が高くても、収益がなければ続けられなくなってしまうかもしれません。

そこで、定員10名、約30坪までのオフィス物件で運営したときの収益モデルと資金をご紹介します。

売上:3,000万以上
経費:約1,600万


開業資金:約1,200万円以上
加盟金:300万円
保証金:30万円
製造費:約550万円
その他:約330万円



コペルプラスを開業するときには、約30坪の物件で運営することができます。また、1日10名と店員が決められています。そのため、運営していく人数も社員2名、パート3名と少ない人件費で運営ができるのです。

一度お子様が通えば、長く継続的な利用が続きます。そのため、月々の利用料が確実な収益となります。上記の金額は稼働率100%の計算にはなりますが、安定した収益を得られるのです。

開業したときの流れを知ろう

コペルプラスをフランチャイズで開業すると、キャンセル待ちの状態になった実例もあるくらい、児童発達支援事業所は不足しています。そのため、開業を待っているかたも多いのです。

では、実際にコペルプラスをフランチャイズで開業するにはどうしたらいいのでしょうか。流れを知っておくことで、スムーズに開業することができるかもしれません。

①資料請求や説明会の予約
詳しい資料を見ることで、開業について詳しく知ることできます。また、あらかじめ疑問がある場合はしっかりとメモしておくとよいかもしれません。

②個別説明会
授業を実際にみることができます。コペルプラスをフランチャイズで開業したときのイメージがわきやすいかもしれません。また、ここでしっかりと費用や疑問点を質問することができます。

③成約
最終的に契約事項などを説明してもらいます。そのなかで、納得できたら契約しフランチャイズに加盟します。

④研修
本部のかたが指導してくれます。未経験でもゆっくり丁寧に指導してくれるため、安心して開業に進むことができるのではないでしょうか。

⑤開業
開業前にもサポートがありますが、開業後にも経営アドバイスや業務をサポートしてもらえます。

もっと詳しくみる

児童発達支援事業は国からも支援がある

少子化の問題もあり、児童福祉サービスは今後少なくなると思っているかたも多いのではないでしょうか。しかし、少子化のなかでも発達障害をもっているお子様は10年以上増え続けているのが現状です。以前より理解も深まり、研究も進んでいますが、早めの支援を必要としているのが発達障害をもっているお子様なのです。

平成21年に「障がい者自立支援法」が改正されました。そこであらたにできた事業分野がこの児童発達支援事業なのです。通うために必要な費用は9割国が支援してれくれることもあり、親御さんは通わせたいと思っているかたが多いのです。

このような現状ですが、約10%しか支援を受けていないことがわかっています。施設や指導者不足の問題もあり、現状は施設が足りていないのです。

9割の子供たちが支援を受けられていない現状では、コペルプラスをフランチャイズで開業することが望まれているのかもしれません。

    開業したときの流れを知ろう

まとめ

子供のころの経験は、脳に大きく影響してくるといわれています。子供の将来にもつながる教育は、早期支援が必要となっているのです。

しかし、児童発達支援事業は数が足りてないのが現状です。そのため、早期創立が望まれています。

児童発達支援事業のなかでも、高い教育システムをほこっているコペルプラスは人気があります。本部のサポート体制がしっかりしているため、未経験でもコペルプラスをフランチャイズで開業することができるのです。

もっと詳しくみる

また、フランチャイズの窓口では、独立開業をサポートするメールマガジンを無料で配信しています。いまなら登録された方全員に無料で「フランチャイズ虎の巻」をプレゼント中です。必ずお役に立つ内容になっていますので、フランチャイズでの開業を検討中の方はぜひご登録ください。

メルマガ登録フォームはこちら(無料)

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...