フランチャイズの窓口(FC募集で独立開業)

独立開業人気ベスト10ランキング公開中メルマガ登録はこちら

フランチャイズとは?独立開業前に知っておくべきポイントを解説!

最終更新日:2019年11月20日

フランチャイズとは?独立開業前に知っておくべきポイントを解説!

フランチャイズとは、多くの企業で採用されている運営方法で、個人経営とは異なる仕組みをもち、加盟するメリットもあればデメリットもあります。

フランチャイズに加盟して独立開業を検討する場合には、特徴や経営のポイントなど、契約前に抑えておくべきポイントがいくつもあります。理解不足のまま開業してしまうと、事業に失敗してしまうおそれがあるので、本部と契約する前にしっかり把握しておきましょう。

1.フランチャイズとは?

フランチャイズの加盟店は、日本全国に約26万3000店舗以上が展開しているといわれています。近年は、国内のみならず海外進出している企業も数多く、世界規模で拡大し続けているのです。ここでは、フランチャイズの基本と運営の特徴などについて解説しますので、フランチャイズ加盟する前に、基本的な知識を身につけておきましょう。

基本的な仕組み

フランチャイズとは、事業を運営する本部から経営ノウハウや商標の使用権利などを取得し、加盟店として運営していく方法です。フランチャイズシステムはFCと略されることがあり、本部をフランチャイザー、そして加盟店をフランチャイジーという呼びかたをすることもあります。

フランチャイズの本部は、加盟店を増やすことでブランド力の強化が可能です。いっぽうの加盟店は、ブランド力を利用することで集客数を高めながら利益を得ることができます。フランチャイズ経営は、本部と加盟店の相互に利益があることから、多くの企業が採用している運営方法で、『成功のパッケージ化』ともいわれているのです。

本部に支払うロイヤリティについて

ロイヤリティとは、本部から得られる商標の使用権利やサポートなどの対価として、加盟店が毎月支払うお金をいいます。本部に支払うロイヤリティは、加盟する業種や本部によって、支払う金額が大きく異なります。決まった金額を毎月支払う固定制もあれば、加盟店の売上から本部が設定した一定比率を支払うこともあるのです。

ロイヤリティは、本部に毎月支払いが発生するため、事業計画はしっかり立てておかないと、経営を圧迫するおそれがあるので注意しましょう。また、本部によっては、ロイヤリティが不要であっても、システム使用料など別名義で毎月徴収される場合もあります。

フランチャイズ加盟する前には、毎月どれくらいの費用がかかるか、あらかじめ予測を立てておくことが安定した運営をするためのポイントです。

直営店との違い

フランチャイズには、直営店と加盟店がありますが、運営の仕方に大きな違いがあります。一般的に、直営店を運営するのは本部のため、ロイヤリティが発生することもなければ、人材確保に困ることもほとんどありません。

しかし、物件取得費などを始めとした出店時の初期費用から運営費用まで、すべて本部が出資しなくてはいけません。このため直営店は、人手や費用がかかることから、スピード感のある事業展開には不向きといえます。

フランチャイズ経営の場合、本部は加盟者から加盟金やロイヤリティなどを得られます。さらに、運営も加盟者に任せることができるため、人材手配の手間や費用負担などを軽減して、手早く規模を拡大することができます。このため、フランチャイズ展開は、本部にとって有効な経営戦略になるのです。

個人経営との違い

フランチャイズ経営は、個人経営とも運営の仕組みが異なります。個人経営は、開業までの準備はもちろんのこと、開業後の運営もすべて自分でおこなっていかなくてはなりません。ほかにも、店舗を長く運営していくために、自店の認知度や売上をあげるための販促や集客の方法も考えて経営していくことも必要になります。

ただし、店舗の営業時間や休日の設定のほか、サービス方法などもオーナー自身で自由に設定することができます。しかし、成功と失敗の経験を積み重ねながらノウハウを取得していくのには、時間がかかることになり、運営が安定せず廃業してしまうケースが数多くあるのです。

フランチャイズ加盟店は、本部と契約を結ぶことで、経営ノウハウを得ることができます。また、本部からさまざまなサポートが受けられ、開業して短期間で運営を安定させやすくなるのが、フランチャイズ経営の特徴です。つづいて、フランチャイズ契約することで、加盟店が得られるサポートやメリットなどについて具体的に見ていきましょう。

    フランチャイズとは?独立開業前に知っておくべきポイントを解説!

2.加盟前にメリットとデメリットを把握しておこう

フランチャイズ加盟する前には、メリットとデメリットを把握しておかないと、加盟後に事業に失敗するおそれがあります。開業後に後悔しないように、フランチャイズのもつ特徴や加盟するリスクについても知っておきましょう。

フランチャイズ加盟でメリットはたくさんある

フランチャイズに加盟する大きなメリットは、本部のブランド力が利用できることです。本部にブランド力があれば既存の顧客がついているため、集客しやすいだけでなく、新規顧客を獲得するための営業を頻繁にしなくても認知度をあげることができます。

また、業種によっては、事業を運営していくうえで専門性の高い知識や技術などが必要になります。ほとんどのフランチャイズ本部では、開業前に研修制度を設けており、おこなっている事業の基礎から専門的な知識まで学ぶことができるのです。

研修制度があれば、たとえ業界が未経験であっても、一人前になれるスキルを短期間で習得することができます。さらに、集客や販促などの経営方法も学べるため、フランチャイズとは異なる個人経営よりも、経営ノウハウを早期に身につけられるのもメリットのひとつになります。

もし、開業後に自店の売上が思うように伸びないことがあっても、本部のSV(スーパーバイザー)などから、経営指導やアドバイスを受けることができます。安定した運営ができるように軌道修正もしてくれるでしょう。開業前だけでなく、開業後も本部からの継続的なサポートが受けられるのは、フランチャイズ経営の強みでもあります。

ほかにも、フランチャイズに加盟すると、本部がWEB広告やチラシ作成などを一括しておこなってくれることがあります。これにより、宣伝広告や人材採用に必要な手間や費用を軽減して営業に集中することができるのです。

フランチャイズに加盟することは、時間や手間だけでなく費用においても、自己負担を少なくして運営できるのが大きなメリットといえます。ただし、フランチャイズ経営は、メリットばかりあるわけではありません。安定した運営をすすめるためには、フランチャイズ経営のデメリットを知っておくことも大切です。

デメリットも知っておくべき

フランチャイズにおいて加盟店は、本部のブランドイメージを崩さないように運営していく必要があります。基本的には、サービスの仕方や人材教育などの運営方法がマニュアル化されていることがほとんどです。このため、個人経営のように自分が理想とする店づくりが自由にできないという点は、フランチャイズのデメリットといえるかもしれません。

また、本部が経営不振などにおちいると、本部からのサポートが受けにくくなることもあります。たとえ、自店の経営がうまくいっていたとしても、本部が経営できなくなってしまえば、加盟店も閉店しなくてはいけないということもあるのです。

さらに、本部や系列店で不祥事が起きた場合には、自店も風評被害を受けてしまうおそれがあるということを覚えておきましょう。集客の減少によって売上が落ち込めば、赤字経営になるだけでなく、最悪の場合は廃業しなくてはいけないというリスクもあります。

しかし、フランチャイズのデメリットには、とらえかたによってプラスになる場合もあるのです。

デメリットも活用次第ではメリットになる

フランチャイズにおいて、本部に毎月支払いが必要になるロイヤリティが、デメリットととらえられることがあります。たしかに、ロイヤリティの金額設定や自店の売上によっては、経営を圧迫することがあるかもしれません。

しかし、大切なのはロイヤリティに対して、本部が加盟店にどこまでサポートしてくれるかということです。たとえば、飲食業において新メニューをひとつ開発するのには、原材料費や時間をかけて試行錯誤していかなくてはなりません。しかし、本部が商品開発をおこなってくれれば、加盟店は時間や手間などの負担を減らしながら運営することができます。

もし、本部からのサポートによって加盟店が効率よく利益を出すことができるのであれば、ロイヤリティの金額が高かかったとしても、支払う価値は十分にあるのです。ロイヤリティは、加盟店が得られる商標の使用権利や本部支援などに対して支払うものなので、金額に見合っているサポートがあるかどうかを見定めることも加盟前のポイントです。

また、本部のブランドイメージを守ることや運営マニュアルなどを、ルールに縛られていると思うか、経営を成功に導くためのサポートととらえるかは、加盟したオーナー次第でもあります。フランチャイズ経営でデメリットといわれることも、加盟者の考え方によってはメリットにもなるのです。

3.開業資金は業種によって大きく異なる

フランチャイズ加盟して独立開業する場合に、開業資金がどれくらいかかるのかというのが気になるものです。しかし、フランチャイズ展開している業種はさまざまで、開業する規模や業態によっても必要になる初期費用は大きく異なります。ここでは、フランチャイズ展開しているおもな業種の特徴や開業資金の目安などについてふれていきます。

おもな業種と開業資金の目安

フランチャイズには、さまざまな業種があり、職種や業態によっても特徴がそれぞれ異なります。とくに開業資金は、店舗の規模や物件が、前テナントの居抜きか、内装や設備のないスケルトンかで、大きく費用が異なるのです。しかし、ある程度の目安を把握しておくことは、事業計画を立てるうえで大切なポイントになります。

小売業
フランチャイズ展開している小売業で代表されるのが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットです。コンビニやスーパーなどは、薄利多売のビジネスではありますが、ブランド力を強化しながら店舗を増やし規模を拡大しているフランチャイズチェーンが数多くあります。

ただし、小売業を運営していくうえで、在庫をかかえなくてはいけないリスクがあります。とくに、賞味期限などがある食品を扱う事業では、的確な売上予測と適正在庫の管理が運営の重要なポイントです。近年は、リユース志向の高まりから、ブランド品のネット販売や買取専門のリサイクルショップなども、フランチャイズ事業数が増えています。

小売業は、店舗の規模や在庫をどれだけ確保するかで、開業資金が変動します。一般的に、コンビニエンスストアでは約150~350万円前後、買取専門店は350~650万円前後の自己資金が必要です。

サービス業
サービス業は、物ではなく目に見えないサービスを提供する事業がほとんどです。専門的な知識や技術が求められることもあるため、職種によっては高いスキルが必要になる場合があります。フランチャイズに多いサービス業としては、ハウスクリーニング業や学習塾などがあげられます。

一般的に、人に何かを教えたり、紹介したりするサービス業は、在庫を必要とせず自宅開業ができる職種が多いため、初期費用を抑えて独立しやすい事業です。また、補修を専門的におこなうリペア業なども、原価としてかかるのが塗料くらいなので利益率が高いという点から注目されているビジネスのひとつです。

開業資金は、ハウスクリーニング業で約50~350万円前後、学習塾で約100~1,000万円前後が必要になります。また、日本の高齢化によって増加傾向にあるデイサービスなどでは、収容人数が多い介護施設になると3,000万円前後の多額の開業資金が必要になるケースもあります。

飲食業
飲食業は、フランチャイズ展開している事業が非常に多い業界です。競合の多い地域で開業してしまうと、経営ノウハウをもっているフランチャイズとはいえ、価格競争などに巻き込まれてしまえば経営が困難になることもあります。このため、競争に勝ち抜いて生き残るためには、差別化が図られたサービスの提供などが必要です。

飲食業の開業には、おもに物件取得と内装設備に多くの費用が必要となります。また、店舗の規模や業態によって、開業費用に大きな幅があります。たとえば、テイクアウト専門店などは調理スペースと厨房設備があれば開業できますが、イートインの業態では飲食スペースが別に必要となります。

場合によっては、厨房機器だけでも数百万円かかることもあるのです。このため、飲食業の開業には、1,000万円以上の初期投資費用がかかるということも、決して珍しいことではありません。

しかし、飲食業は居抜き物件で開業するケースが多く、厨房機器やテーブルやイスなどの備品をそのまま流用して営業を開始するということもできます。そうすることで、開業資金を大幅に抑えることができるメリットがあるのです。

フランチャイズ本部には、初期費用をすべて負担してくれる場合もあり、加盟者の自己負担なしで独立開業を実現できることもあります。本部に加盟する前には、自己資金と本部の支援内容などもふまえて、無理のない独立開業を目指しましょう。

    フランチャイズとは?独立開業前に知っておくべきポイントを解説!

場合によっては融資も必要

開業を検討する事業によっては、多額な開業資金が必要になるため、資金不足になってしまうこともあります。自己資金が不足している場合は、融資を受けることもひとつの方法です。身内や投資家などから資金調達することもできますが、新規事業の立ち上げには、一般的に銀行や信用金庫などの金融機関のほか、日本政策金融公庫などが利用されます。

ただし、金融機関などで融資を受ける場合には、開業する店舗の事業計画書などを作成して提出し、審査に通過しなければ融資を受けることができません。また、融資を受けられる金額や返済期間なども利用する金融機関で異なります。

ほかにも資金調達の方法として、地域活性化を目的とした補助金や助成金の制度を活用してみるのもよいでしょう。開業地域の自治体によって制度の内容が異なるので、公式サイトや窓口であらかじめ確認しておくことをおすすめします。

フランチャイズには資金面でのサポートもある

フランチャイズの本部によっては、運営面だけでなく資金面でもサポートが受けられ、開業時にかかる初期費用を負担してくれる場合があります。たとえば、加盟者が土地や建物を所有していない場合に、数百万円かかるような内外装工事や厨房設備を本部が負担して、店舗を用意してくれる本部もあるのです。

また、独自の加盟制度がある本部では、一定の条件で契約すれば加盟金が免除されるなど、加盟者は初期投資の費用を大幅に抑えて独立開業を実現することができます。ほかにも、自社ローン制度を設けている本部では、金融機関などよりも低い金利で借り入れをおこなうことができ、負担を軽減して運営することも可能です。

金融機関からの資金調達においても、フランチャイズ契約を結んでいることで、加盟者は信頼を得ることができるため、融資を受けやすいという点もあります。さらに、資金調達の際に提出が必要になる事業計画書の作成アドバイスなどを本部から受けることができます。

4.トラブルを避けるための契約時の注意

フランチャイズでは、本部と加盟店との間でトラブルになることもあり、その原因となるのがおもに契約にまつわるものです。契約時には注意すべきことも多く、理解しないまま契約書に署名してしまうと、場合によっては訴訟にまで発展するケースもあります。ここでは、フランチャイズ契約時に気をつけるべきポイントについて解説します。

契約書はすみずみまで目を通そう

フランチャイズ契約を結ぶ際には、契約書以外にも『法定開示書面』という事業内容や規定が記載された書面を本部から提示され、説明を受けることになります。ここで気をつけるべきポイントは、契約書と法定開示書面の内容に違いがないかということです。法律的には、法定開示書面よりも契約書の内容が優先されます。

加盟者が契約書に署名するということは、本部の契約内容をすべて承諾したということになります。よって、法定開示書面だけに目を通して契約書に署名してしまい、あとから違いに気づいたとしても文句はいえないのです。

また、本部から提示された情報が、根拠に基づいた正しいものなのかということにも注意すべきです。本部は加盟店を増やしたいという思いから、集客や売上予測などを多めに見積っていることもあります。このため、不安な点や疑問に思うことがあれば、契約書に署名する前に本部の担当社員などへ確認するようにしましょう。

トラブルが多いのは契約終了後と中途解約時

本部と加盟店でトラブルになりやすいのが、契約終了後と中途解約時です。それぞれの原因と注意点を知っておきましょう。

フランチャイズの契約書には、競業避止義務について盛り込まれていることがあります。競業避止義務とは、契約終了後の一定期間は、競合への転職や同業での開業を禁止するというものです。

これは、契約していた本部の経営ノウハウを競合他社に横流しするのを防止するための規定ですが、抑止力として定められているだけであって、法的な効力はありません。ただし、転職先の競合に情報を横流しすることで、以前契約していた本部に対して著しく損害を与えてしまうと、訴訟に発展するおそれもあるので注意しましょう。

また、中途解約時にトラブルが多いのは、おもに違約金が原因です。違約金は契約期間の途中で解約する場合に、本部へ支払い義務が発生するお金です。中には違約金が高すぎることで中途解約ができず、契約が満了するまで無理して運営を続けていかなくてはならないケースもあります。これは、契約書の確認不足によって起こってしまった例です。

フランチャイズの契約期間は業種などで異なります。2年ごとに更新されることもあれば、15年契約という本部もあるのです。契約期間が長くなるほど、中途解約のリスクが高まるということも覚えておきましょう。なにより、契約時には契約内容をしっかり把握しておくことが重要なポイントです。

こうした契約トラブルには、中小小売商業振興法や独占禁止法などの法律が深くかかわってくることがあります。このため、フランチャイズに加盟するときには、法律について知識をもっておくことも大切なポイントです。フランチャイズにまつわる法律のさらに詳しい情報については、以下の内容をご参考ください。

フランチャイズ契約は法律以外にも知っておくポイントがいくつもある!

契約以外に必要な手続きもある

新規事業を立ち上げる際には、開業地域の各自治体に営業許可申請をしなければ、営業を開始できない事業がほとんどです。申請する書類や申請先は業種によって異なり、保健所や警察署のほか陸運局などさまざまあります。

フランチャイズとはいっても、資格の取得などは加盟者が自らおこなわなければいけません。とくに、飲食業では、食品衛生責任者や防火管理者の資格だけでなく、営業を始める前には店舗の衛生検査も必要になるのです。

開業にまつわる申請や手続きを済ませるのには、時間がかかることも多いため、余裕をもったスケジュール管理が重要になります。開業を遅らせることがないように、事前に必要になるものを早めにそろえておくようにしましょう。

5.フランチャイズオーナーとしての心がまえ

フランチャイズ経営をするにあたって、加盟者はオーナーとしての責任が生まれます。ここでは、開業する前にオーナーとして身につけておくべきことや、事業を成功させるポイントなどについて解説します。

自分を分析することも大切

どんな事業においても、自分が好きな仕事で開業するのが望ましいことです。そして、長く経営を続けていくためには、自分に合った仕事をすることも大切になります。業種選びや資金の確保ももちろん大切ですが、一番重要なのは、まず自分を知ることかもしれません。

たとえば、フランチャイズのようにマニュアル化された事業では、すべて自分の思うような運営ができるわけではないので、ストレスに感じてしまうこともあります。その場合には、自分の理想を反映させやすい個人経営として開業することのほうが、経営を長く続けやすくなるのではないでしょうか。

また、苦手な仕事であっても、経験を積み重ねていくうちにやりがいが出て楽しくなるというケースもありますが、すべての経営者が必ずしもそうなるとは限りません。独立開業をするときには、自分がどのような性格で、どの仕事が向いているのか、しっかりと自己分析してから加盟する本部を選ぶことが重要なポイントといえるのです。

    フランチャイズとは?独立開業前に知っておくべきポイントを解説!

事業を成功させるためのポイント

フランチャイズとは、加盟店が本部に雇われているわけではありません。その意味では、本部と加盟店は対等の立場にあります。

加盟店のオーナーは、本部の経営方針に基づいてブランドイメージを守りつつも、ひとつの独立した店舗として運営をすすめていくことが必要です。しかし、すべて本部のいいなりになってしまうような経営者ではいけません。

他力本願での運営や困ったときだけ本部をあてにするような経営者では、運営も長続きしないことでしょう。加盟店と本部で意見交換しながら、よい関係性を築き、お互いが成長できる環境を作っていくことも大切といえるのではないでしょうか。

フランチャイズの加盟店として事業を成功させるためには、本部から得た経営ノウハウを無駄にせず、最大限に活用して運営することです。そして、常に主体性と向上心をもち、努力を続けることが、フランチャイズのオーナーとして必要な心がまえといえるでしょう。

6.加盟する前に必要なこと

自己資金の確保や加盟したい業種が決まったら、大切になるのが本部選びです。加盟する本部は、独立開業後の自分を大きく左右するため、慎重に選ぶ必要があります。ここでは、加盟する前に知っておくべきことやポイントについて解説します。

情報をできるだけ多く入手しよう

フランチャイズの本部に加盟する前には、できるだけ多くの情報を集めることをおすすめします。本部の公式サイトや資料請求のほか、企業の口コミなどでも情報を集めることはできますが、事業説明会に参加すれば、より多くの情報を得ることができます。

事業説明会は、無料でおこなっていることも多く、近年は、WEBを活用したオンラインによる説明会や面談も増えています。説明会では、事業内容の説明や経営状況のほか、先輩オーナーの生の声が聞けるのが大きなメリットです。本部のなかには、個別面談会をおこなっていることもあり、分からない点や不安なことを納得がいくまで聞くことができます。

事業説明会などで得た情報は、本部選びの判断材料になります。このため、気になった事業説明会には、積極的に参加することをおすすめします。同業の本部を比較検討することで、自部に合った本部を見つけやすくなるでしょう。

本部選びのポイントを抑えておこう

本部選びの際には、気をつけるべきポイントがいくつもあります。まず、本部がおこなっている事業に需要があるかということです。運営を安定させやすいフランチャイズとはいえ、いくら利益を得やすいというビジネスであっても、ニーズがなければ経営を長続きさせるのは困難になります。

資料や事業説明会などで入手した情報をもとに、実際に運営した場合に利益が得られるビジネスなのかを、シミュレーションしておくこともおすすめです。開業資金だけでなく、運営にかかるランニングコストなどを分析しながら、内訳まで把握しておきましょう。

そして、加盟を検討する業界の市場調査をして、競合他社や開業地域についてリサーチしておくことも必要になります。利益率の高い事業であっても、競合が多い地域での出店は経営に苦戦するリスクがあるためです。立地条件は開業後の運営を左右するもので、安定した収入を得るためにも重要なポイントなのです。

また、契約時においては、事業内容を明確に提示してくれる本部がよいでしょう。もし、本部に確認してもあいまいな表現ですべてを開示してくれないような場合は、加盟を避けたほうがよいかもしれません。初期費用の安さなど金額に惑わされず、事業全体を広い視野で見て、長く付き合える本部か慎重に見定めましょう。

比較検討するなら「フランチャイズの窓口」がおすすめ

フランチャイズ本部を比較検討するなら、「フランチャイズの窓口」がおすすめです。フランチャイズの窓口では、日本全国で加盟店を募集している事業本部を業種別や都道府県別などで検索することができます。また、それぞれの本部の開業資金目安や事業内容なども見られるため、同業のフランチャイズ事業を比較するのにも便利です。

さらに、それぞれの本部の資料をまとめて請求できるので、わざわざ各本部のサイトを探す手間もありません。たくさんの情報を一度に入手できるため、これから独立開業を検討しているかたは、ぜひ「フランチャイズの窓口」をご活用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...