葬儀社・警察からの要望増加。故人様の尊厳を守り、ご遺族のグリーフケアに役立つお仕事です。Fmedic 遺体修復保全機構

毎年死亡者数が増加する現状でご遺体の専門師はごくわずか。

生前の容姿に近づける「修復」

状態を安定させる「衛生保全」

ご遺族の前で行う「納棺式」

衛生保全と納棺式を出張して一体に行う「保全納棺」のサービスを中心に行っています。

《遺体保全管理士認定 取得費用含む》

ビジネスの形態


ビジネスの形態

◆ご依頼が入りましたら、施術道具をもって安置してるご自宅や葬儀場へ向かい、施術や納棺を行います。

◆病院などに伺う場合もあります。

◆海外等で修業した会長自らマンツーマンで指導します。

ビジネスの強み


ビジネスの強み

◆一人からはじめられます。自宅で開業も可能です。

◆今後のさらなる市場拡大が見込まれているビジネスです。

◆競合優位性の高い高度な技術を習得できます。

◆社会貢献度の高い生涯事業。いつの時代にも必要とされます。

◆人気や景気に左右されにくい積重ね型ビジネスです。

本部から見る市場分析


顧客、市場分析

◆警視庁から各都道府県警に対し、遺体修復業者の利用を促す通達が出ているにも関わらず依頼する業者が不足している状態が続いています。

◆出張型の「保全納棺」は多くの葬儀社に採用され今後、市場の伸びが見込まれます。

◆競合する業者が非常に少ないので優位性があります。

◆まだ始まったばかりのビジネス形態、市場拡大と新たな方向性も秘めています。

編集部からひとこと


大切なご遺体を、美しく

修美有限会社が運営するFmedic 遺体修復保全機構は、
大切な御遺体を専門に扱っている数少ない業種です。
さまざまな形で、人間は誰しもいつか「死」を迎えます。
テレビドラマなどでも紹介された「衛生保全師」・「エンバーマー」の仕事となります。
病気・事故・事件など、御遺体に何かしらの傷が残ってしまうことがあります。
少しでも綺麗な状態で送りたいというご遺族の意向にそっと寄り添う仕事となります。
仕事内容はとてもデリケートで、連絡が入り次第仕事となります。
1人でも開業でき、年齢や性別も問わない仕事です。
大切な人の最後を見送る仕事ですが、
社会貢献度も高く、ビジネスとして成り立つ業務内容です。

収益モデルと必要な資金


例1:募集概要・開業に必要な資金
応募種別
個人、法人
応募エリア
全国
必要な開業資金
63万円~
開業資金(内訳)
【加盟金】300,000円~
【保証金】0円
【研修費】200,000円~
【開業資材】130,000円~

Fmedic 遺体修復保全機構(修美有限会社)と同じタイプから、別の仕事を探す

予算
1円〜100万円
業種
代理店業 葬祭業
キーワード
女性が活躍 無店舗で開業 副業からスタート 業種未経験からスタート

一覧に戻る